※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「トップページ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

トップページ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **8ビットマイコン Japanino(ジャパニーノ)に関するまとめサイトです。
 (このページは管理人のみ編集可能です)
 
 2010年5月14日に発売された「学研 大人の科学マガジン Vol.27」の付録である8ビットマイコン Japanino(ジャパニーノ)についての情報をまとめています。
 情報をご存じの方は、ぜひ編集追加をお願いします。なお、無関係な情報については予告なく削除することがあります。ご了承ください。
 
 &link_rss(text=【RSS】) ← このwikiのRSSです。情報の更新チェックにお使いください。
-
-|CENTER:BGCOLOR(#FFFFFF):&br()&amazon(4056058180)&br()大人の科学マガジン Vol.27&br() (8ビットマイコン Japanino) (Gakken Mook)|
-
-|&amazon(4873113989,left)|BGCOLOR(#FFFFFF): |&amazon(427406784X,left)|BGCOLOR(#FFFFFF): |&amazon(B002XNUJ3U,left)|BGCOLOR(#FFFFFF): |&amazon(4789812553,left)|
 
 ----
 Japanino(ジャパニーノ)は、Arduino(アルディーノ)互換のマイコン基板です。
 オープンソースハードウェアとして登場したArduinoは開発環境も無料で利用可能なArduino IDEを使って比較的簡単にプログラムを作成することが可能です。
 CPU(プロセッサ)には、ATMEL社のAVRマイコンが使われています。
 
 主要リンク
 ・&blanklink(Arduino フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』){http://ja.wikipedia.org/wiki/Arduino}
 ・&blanklink(学研 大人の科学マガジン Vol.27 テクノ工作セット(8ビットマイコン+光残像キット)公式サイト){http://otonanokagaku.net/magazine/vol27/index.html}
 ・&blanklink(Japanino特設サイト ダウンロード/スケッチ/作品集/お知らせ/FAQ){http://otonanokagaku.net/japanino/}
 
 Japanino(ジャパニーノ) 仕様
 |CPU:|ATMEL MEGA 168V or 168P/V - AVRマイコン(8bit) |
 |クロック:|初期状態だと内蔵RC 8MHz|
 |電源:|5V(USBより供給)or 乾電池4.5V(1.5Vx3) |
 |電流:|最大500mA|
 |フラッシュROM:|16Kバイト(1万回書き換え可)|
 |EEPROM:|512バイト(10万回書き換え可)|
 |RAM:|1Kバイト|
 |I/O(デジタル):|14ピン(内2ピンはUSBで使用)|
 |A/D(アナログ):|8ピン|
 |USB(パソコンIO):|CP2104(シリアル変換IC)|
 
 **写真
 |BGCOLOR(#FFFFFF):基板&br()&ref(t_100515-174517.jpg)|BGCOLOR(#FFFFFF):基板 USBケーブルで接続(百均の延長ケーブルでも可)&br()&ref(t_100515-174625.jpg)|BGCOLOR(#FFFFFF):CPU ATMEL MEGA168V&br()&ref(t_P1000049.jpg)|
 |BGCOLOR(#FFFFFF):光残像キットP.O.V.&br()&ref(t_P1000045.jpg)|BGCOLOR(#FFFFFF):P.O.V.の裏側(ショボイ)と基板を接続したところ。圧電ブザーが見える。&br()このP.O.V.のショボさが科学の付録っぽい(笑)&br()&ref(t_P1000047.jpg)|
 
 
 ----
 **更新ページ
 #recent(10)
 **人気ページ
 #popular(10)
 
 ----
 訪問者総数 :&counter()
 本日の訪問者:&counter(today)
 昨日の訪問者:&counter(yesterday)
 ----
 
 良かったらコメントをお願いします。
 #comment_num
 
 
 
 ----
 **Japanino関連ブログサーチ
 #blogsearch(Japanino)
 ----
 **Twitter
 #javascript(){{
 <script src="http://widgets.twimg.com/j/2/widget.js"></script>
 <script>
 new TWTR.Widget({
   version: 2,
   type: 'profile',
   rpp: 4,
   interval: 6000,
   width: 250,
   height: 300,
   theme: {
     shell: {
       background: '#faf1a5',
       color: '#70333d'
     },
     tweets: {
       background: '#ffffff',
       color: '#000000',
       links: '#1a07eb'
     }
   },
   features: {
     scrollbar: true,
     loop: false,
     live: false,
     hashtags: true,
     timestamp: true,
     avatars: false,
     behavior: 'all'
   }
 }).render().setUser('softyasu').start();
 </script>
 }}
 
 
 &br()