Microsoft Access


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エラー番号を調べて特定のメッセージを表示させたり,適切な処理を実行できます。
独自の関数が作成できます。
変数を利用でき,これにより同じような処理を統合することができます。
フォームを介さずにデーター操作が可能になり,複雑なクエリーの作成が不要になります。
アプリケーションを運用しやすくなります。
レコードを1つずつ操作できます。(マクロはレコードセット全体を一度に処理)
オブジェクトの作成や制御を行うことができます。
OLEオートメーションやDDEを使ってExcelなどのアプリケーションとやり取りできます。
Windowsのダイナミックリンクライブラリ(DLL)に含まれる関数を呼び出すことができます。