※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】アーチャー
【作品名】Fate/stay night
【年齢】20代後半くらい
【性別】男
【外見】身長:187cm 体重:78kg。褐色の肌に白い髪。常に赤の外套を身に纏う。
【性能】
凡才ながらも愚直に鍛え上げた剣技は、時に剣の英霊にも届き得る領域にまで達している。
近接戦闘においては技術や経験で戦うタイプ。
視認できない速度の攻撃も、あえて隙を見せて攻撃を誘導するなどの手段で防ぎ切る。

【所有剣】不定。白黒一対の夫婦剣、干将・莫邪を主に使用する。
【特殊能力】
投影:過去に見た事がある剣を再現する魔術。
   使い手の技術まで再現でき、本来なら所有者自身にしか使えない機能も使いこなせる。
   機械的な剣の投影は不可(形だけなら可能)
   剣以外の武具も投影できないこともないが、消費魔力は数倍に跳ね上がる。
   投影した剣を矢に変えて放つことが多い。

壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム):
 投影した宝具の魔力を爆発させ、強力な爆弾とする技。
 通常のサーヴァントは宝具を1~3個しか持たないので使わないが、アーチャーは宝具を投影できるので問題なく使う。

無限の剣製(アンリミテッド・ブレイド・ワークス):
 現実を侵食し、心象風景を象徴する異世界を展開する魔術「固有結界」の一種。
 無数の刀剣が墓標のように突き刺さった荒野に対象を取り込む。
 結界内の刀剣はアーチャーの随意に動き、瞬時に手元に引き寄せたり、宙に浮かせて雨のように降り注がせることができる。
 少々長めの詠唱が必要で、消費する魔力も大きい。

千里眼:4km先の標的をも捉える視力。

その他の魔術:物質の構造を読み取る「解析」や、性能を高める「強化」などの魔術が使える(はず)
       自然干渉系の魔術はからっきしダメ。

【性格】
好きなもの:家事全般
苦手なもの:正義の味方

基本的にクールでシニカルな皮肉屋。
根っこにはお人よしな性格が潜んでいる。

【詳細】錬鉄の英霊とも称される能力と、揺るがぬ信念が魅力。身体は剣で出来ている。

生前は正義の味方を目指し、苦しむ人々を救おうとしていた。
その過程で「世界」と契約を交わして力を得た代償に、死後は人類を守る守護者となる。
しかし、守護者とは人類滅亡の危機を「その場にいる人間を善悪問わず皆殺しにして『なかったこと』にする」掃除屋であり、意に沿わぬ虐殺を永遠に続けることになってしまう。
理想に裏切られ、信念は磨耗し、ついにはかつての自分の抹殺を願うようになった。

「苦手なもの」が正義の味方なのはこのせい。