※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】……志葉 丈瑠(しば たける) / シンケンレッド
【作品名】……侍戦隊シンケンジャー
【年齢】……二十代(役者の年齢は当時21,2歳)
【性別】……男
【外見】……身長183cm、体重63kg。生真面目な若武者的風貌
【性能】……戦隊リーダーだが、一人で外道衆と戦い続けていた為、単独での戦闘にも長けている。
      その腕前は、はぐれ外道腑破十臓に執着され、敵に本物のシンケンレッドと欺かせるほど。

【所有剣】……シンケンマル。モヂカラを封じ込めた秘伝ディスクを回転させることによってそのディスクに秘められた力を使うことができる
       ただし、これはシンケンジャー全員が持っている支給品のようなもので
       シンケンレッドとしてはそれぞれの固有装備に変化させる事ができる共通ディスクを装備する事で変化する
       烈火大斬刀と呼ばれる巨大な剣の方が象徴として見られることが多い

【特殊能力】……ショドウフォンで「火」の字を空中に書く事によりシンケンレッドへと変身出来る。
        モヂカラは汎用性が高く、馬と書けば馬が出てきたりする。
        ただしモヂカラは漢字の書き順を間違えたり書く者の気持ちが弱いと効果が発揮できなく
        短期間での連続の使用、応用した文字の使用(「夢」のモヂカラで眠っている相手の夢に第三者を送り込むなど)は体力を消耗する。

【性格】……代々外道衆と戦い続けてきた志葉家十八代目当主として家臣たちを率いる殿。
      クールで無愛想だが、何よりも人の命を大切にし、目の前の命を守るためならどんな無茶でもする熱い心を持っている
      侍としての覚悟もできており集結した際に「戦いは家臣とか忠義で決めず覚悟で決めろ」と言い渡している。
      当初、高すぎる責任感から、殿の役割を全うしようとして無理をしているようにも見えたが……?
      実は影武者でありモヂカラの才能こそあったものの。火のモヂカラや剣士としての技能は後天的に身につけたもので本来は侍では無かった
      影武者として周囲を欺いていた負い目や「殿様でない自分には何もない」という考えからか、自分の存在と自分の命を軽く見ている(自分でも認めていない)節がある
      真の当主が表に出たために影武者としての役目が終わってしまい、「殿でない自分には(剣以外に)何もない」との虚無感から十臓との外道の如き戦いにのめりこんでしまうも、仲間たちの言葉を受けて考えを改めた。
      努力家であり、当初出来なかった事でも不屈の精神で成し遂げてしまう。

【詳細】……時代劇を意識した殺陣は必見。
      その大胆にして流麗な立ち回りは、見る者の目を惹き付けずにはいられないだろう。
      馬に乗っての切り合い、双刀での二刀流なども器用にこなす。
      終盤烈火大斬刀の二刀流をしており重量のある剣の二刀流という芸当も可能だろう
      基本的なかまえは剣を肩に乗せるという崩した型

(以上、wikipediaより一部引用、改変)