SEM サーチエンジンマーケティング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはSEM サーチエンジンマーケティングからの引用です

SEMとは?

SEM(サーチ・エンジン・マーケティング)という言葉をご存知でしょうか?

一言で言ってしまえば、検索エンジンを活用したWebマーケティングの手法全般ということになります。

検索エンジンの検索結果ページからサイトを訪れる人はその分野に関心を持っている可能性が非常に高いことはこれまでの経験則から解っています。 当然ですね、検索エンジンで検索をかけたキーワードに関心を持っているからこそ、そのキーワードで検索を行っているからです。

そして、この検索エンジンを広告媒体として積極的に活用し、自サイトを訪れた訪問者からより多くの売上・利益を上げるためのマーケティング活動全般がSEM(サーチ・エンジン・マーケティング)と呼ばれるものです。

SEMの進め方

SEM(サーチ・エンジン・マーケティング)は、大きく以下の2つの要素があります。

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)

サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービス。「サーチエンジン最適化」「検索エンジン最適化」ともいわれています。

検索エンジンをマーケティングのツールとして利用するためには、その検索順位が問題となります。検索エンジンユーザの約50%は、検索結果画面の1ページ目しか見ないというデータがあります。 つまり、検索順位が10位以内でなければ、いくらあなたのサイトが提供する商品・サービスに潜在的に興味があったとしても、半分の人は、あなたのサイトを目にすることすらないのです。 さらに、3ページ目以降の検索結果ページを見る人はわずか20%です。もしも、サイトの検索順位が21位以降であるならば、80%の見込み客を逃がしていることになるのです。

ようするに、SEM(サーチ・エンジン・マーケティング)のスタートラインに立つ為の対策が検索エンジン最適化対策であると言っていいでしょう。

こちらのページ(アクセスアップ対策)でより詳細な説明がなされていますので、参考にしてください。

LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)

Webページの中でもユーザーが最初に到達するページ(ランディングページ)を最適化することにより、ユーザーを誘導したいアクションへ向かわせることです。

誘導したいアクションとは、「資料請求」や「無料サンプルの申込」や「購入申込」など、そのサイトにより様々です。

つまりは、せっかく検索エンジンから自社のサイトに訪れてきた見込み客の「成約率」(コンバージョン)を高めるための各種対策のことになります。 いわば、SEM(サーチ・エンジン・マーケティング)のクロージング力の強化といってもいいでしょう。

ですから中心となる対策は、サイトのデザイン面となります。いかに分かりやすいページであるか、ユーザが目的とするものがすぐに解るページとなっているか、サイトのデザインといっても実は様々です。 しかし、どんな構成・デザインが実際に効果的であるかなどは、試してみるまではだれにもわからないのです。

しかし、これにも有効かつ唯一の対策方法があります。実際に試してみるのです。そして、どのサイトデザインが「成約率」が高いのかそれを測定して決定すればよいのです。

こちらのページ(LPO対策)でより詳細な説明がなされていますので、参考にしてください。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。