検索エンジンの謎に迫る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



以下は検索エンジンの謎に迫る から引用

質の良い被リンクとは?

検索エンジン最適化に被リンクが大事なことは言うまでもないことです。

しかし、それは数が多ければいいってものではありません。

質が大事なんですね。

どのようなサイトからどのようにリンクをされているのか?

では、何を持って質を良いとするのか?

まずは、どんなサイトからというお話。
一般的には、信頼性の高い、評価の高いサイトからのリンクが検索エンジンからは、最も高く評価されます。

例えば、有名なWebのフリー百科事典Wikipediaからあなたのサイトがリンクをされたらどうでしょう?
これはどんな単語で検索をしたって、上位に出てくるサイトです。
さぞ、評価は高いでしょう。

そうであれば、その評価の高いサイトからリンクをされるあなたのサイトの評価も上がるのか?

答えは否です。

評価が高いことは間違いがないのですが、Wikipediaは、検索エンジンにリンクで評価を与えませんよ、というリンクの仕方をしているのです。

まあ、これは、誰でも自由に編集できるというWikipediaの特性があるため、それをサイトの宣伝に使わせないという方針が故のことでしょう。
いわゆる、"nofollow" と呼ばれるリンクの貼り方になるのですね。

ここまでが、実は一般的に世の中に知られている話です。

実は、これにも裏がないとは言えないのです・・・。
もちろん、ここでストレートに書くわけにはいかないんですがね・・・





以下は検索エンジンの謎に迫る

Yahoo!対策の基本

Yahoo!の上位表示対策の基本についてです。

Yahoo!、Googleを問わず被リンクが大事なことは言うまでもありません。

しかし、Googleと比較してあえてのYahoo!の特徴はなにか。

これは、Htmlドキュメントの「内部対策」が重要だということです。
すなわち、ヤフーは、過剰なSEO対策に関して、「検索エンジンスパム」という判定が厳しいということです。

具体的に、気を付けるべき事は

 ・キーワードの詰め込みすぎ
 ・SEO敏感エリアの文言にバリエーションを持たす

といったところでしょうか。

キーワード比率は、私は、だいたい4%以内に抑えるようにしています。
また、あまりにも突出した出現頻度のキーワードが出ないようにすることも大事です。

アルファベットに関しては、大文字・小文字・全角・半角を区別していないと考えた方がいいので、その点にも注意して内部対策をする必要があります。
 



以下は検索エンジンの謎に迫る から引用

サイトの収益がまず第一

SEO対策とかをやっていると、とかく検索順位だけに目が行ってしまいがちです。
しかも、難関キーワードで、どれだけ善戦できたか? とかすごく何というか、ゲームでもしてる感覚でしょうか?

しかし、クライアントにとって最も重要なことは、実は違ったりします。

特定のキーワードで検索エンジンの検索結果画面で上位に表示される。
それはもちらん大事なことですが、それが目的ではないんです。

そのことによって得られるであろう『収益』、これが目的なんですね。

  そんなことは解ってるよ!

と皆さん言うのですが、ついつい忘れがちなことなんです。

クライアントとコミュニケーションをとる時は、常にその意識を忘れないようにしています。


以下はhttp://inetseo.webdeki-blog.com/entry_inetseo_2.htmlから引用

お店の集客方法

最近はネットショップだけじゃなくて、リアルショップもネットの世界にどんどん進出してきてますよね。

そんなリアルショップの集客術ってどんなもんなんでしょう。

よくある、お店の携帯メール会員になるとかいうやつ、あんなには結構コストがかかると思っているでしょ。
でも実はそんなこともないんです。
大手のお店がやってるのと同等のシステムサービスがとても安価で提供されています。

これなら小さなお店でも安心ですね。

携帯メール配信は


以下はhttp://inetseo.webdeki-blog.com/entry_inetseo_1.htmlから引用

検索エンジンの謎?

「検索エンジンの謎にせまる」という大それたテーマでブログを書いてみることにしました。

実際、サーチエンジンって謎だらけなんですよね。

それを仮説を立てて、実証していく、うまくいかないこともあるし、時間もかかるし、まあ、趣味が入ってないとやっていけない世界ですよね。

いろいろな仮説をもって日々勝つそうしていきますので、よろしくお願いします。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。