メニュー




更新履歴

取得中です。

Medal of Honor Allied Assault


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


moh_aa_01.jpg

パウエル中尉、この任務はたとえ君の命を犠牲にしてでも成功させねばならんのだ。よろしく頼んだぞ。

ジャンル リアル系FPS
発売元 Electronic Arts Inc.
発売日 2002/1/22
動作環境 CPU:PentiumⅡ450MHz以上
RAM:128MB以上
VRAM:16MB以上
DirectX8.0a以降
HDD:1.3GB以上
舞台年代 1942年前後
ライフシステム HP制
ホラー度 ☆☆☆☆☆(0)
ホームページ http://www.japan.ea.com/mohaa/index.html
Wiki http://www21.atwiki.jp/medalofhonor/

表の見方

ゲーム内容

2次大戦物のFPSはこのゲーム抜きでは語れないだろう。プレイヤーはマイク・パウエル中尉となり、OSS(戦略情報局)隊員として北アフリカ戦線から第2次世界大戦へと参戦していく。2002年発売と少々古いゲームではあるが、それを加味しても臨場感たっぷりの演出と迫力のある戦闘が楽しめる。なかでも中盤オマハビーチ上陸のシーンなどは、まるで映画を見ているよう。これほど完成度の高いゲームはそこらに転がっているものではない。FPSが初めての方にも安心して薦められる1本。


moh_aa_02.jpg moh_aa_03.jpg
連合軍特殊部隊としてドイツ軍に挑んでいく。仲間とともに行動するミッションもあり。 オマハビーチ上陸シーン。「隊長、これは狂気の沙汰です!」

moh_aa_04.jpg moh_aa_05.jpg
備え付けのMG42機関銃を使えば、爽快に敵をなぎ倒すことができる。 手振れがないのでスナイピングは簡単。

moh_aa_06.jpg moh_aa_07.jpg
連合軍のレジスタンスと協力して敵の情報を探る任務。 雪山での戦闘もあります。いかに相手に気づかれず遠くから倒せるかがカギ。

ゲーム内の任務は非常に多義にわたる。単独での潜入、破壊工作もあれば仲間との奇襲作戦、変装によるスパイ活動、敵戦車奪取任務などなど。どのミッションも、その雰囲気に酔いしれること間違いなし。個人的にはWWⅡ物が大好きなので高評価です。


Good!なところ

  • とにかく臨場感たっぷり。細部にいたるまで手を抜いてない。
  • 敵の配置が良い意味で意地悪。こちらの痛いところに配置してある。
  • したがってハードでの攻略はかなり大変でやりがいがある。しかし、どこでもセーブが可能なためそれを利用すればそれほど難しくはない。
  • ステージにボリュームがあり、しっかり遊べる。物足りなければ追加コンテンツ「リロード」「リロードセカンド」も発売されている。

Bad...なところ

  • 中盤以降理不尽な難しさのところがある(ハード時、オマハビーチ前後)。
  • AIがそこまで賢くはなく、手榴弾で自滅したりすることもしばしば・・・。
  • スナイパーライフル以外は照準を覗き込んで狙うことができない。(なので、走りながら撃ってもなかなか当たる)
  • スナイパーライフルでの手振れの概念がない上、ズーム動作がとても速いので、慣れてる人ならかなりのチート武器となる。

総評(お勧め度)


星4.5個!


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|