srcパッケージからソースファイルを生成する


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

srcパッケージからソースファイルを生成する@CentOS5


 ソースパッケージをインストールしても、実際にビルドできる状態にはなっていない為、ソースファイルを生成してやる必要がある。
 カーネルソースでの例を以下に示す(他のソースパッケージでも手順は一緒)。

ソースパッケージのインストール

# rpm -ivh kernel-2.6.18.src.rpm

ソースファイルの生成

# cd /usr/src/redhat/SPECS/
# rpmbuild -bp --target $(uname -m) kernel-2.6.spec

すると、以下にソースファイルが生成される。

# /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.18/linux-2.6.18.i686
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。