元祖!津軽衆ロック ホイドーズとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Vocal:鉄マン
Guitar:海田岳(がく)
Base:石鍋秀明(なべ)
Drums:わだみつひろ(わだ)

2000年 Vo.鉄マンとGu.海田岳の二人で結成(*1)
2003年 Dr.わだみつひろ 加入
2005年 Ba.石鍋秀明 加入

地元青森や東京、仙台、名古屋等で活動する。
「囃・癒・想・糧(so-yu-so-ryo)
-ロックは人を囃すもの、ロックは人を 癒すもの、ロックは誰かの想い出で、ロックは明日への糧なのです-」を
コンセプトに、篠笛・祭太鼓のリズム・三味線風ギター等、祭囃子の要素を 取り入れつつも、
いわゆる「和物ロック」ではない独自の「津軽衆(ツガルッシュ)ロック」を 構築している。 (*2)(*3)


1)鉄マンと海田は、バイト先の先輩後輩であった。出会った当時の様子は双方のブログで回想として書かれている。
鉄マン:「回想1」、がく:「10年目の夏!!

2)ホイドーズ公式HP「ホイドーズん家」のバンド紹介より抜粋

3)メンバーがライブ時に着るTシャツの右肩部分に「囃(石鍋)」「癒(わだ)」「想(鉄マン)」「糧(海田)」と書かれている。
また、2009年秋から津軽鉄満堂で販売されている「ホイドーズこけし」にも、メンバーそれぞれのこけしに、この漢字が書かれている。