ティーパーティー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティーパーティーとは、ツアーや合宿での一日の最後に紅茶とお菓子を囲みながら、

メンバー同士でその日の感想や一日の反省などを語り合う行事のことである。

このように書くとなんだか素敵だが、

合宿では上級生が下級生の走行や生活面での問題点を厳しく指摘するため、

殺伐とした雰囲気が漂うことがしばしばである。

コースリーダーやテールを担当した下級生は、その日の自分の走行を思い出し憂鬱な気分になり、

上級生は、悪く言えば下級生の粗探しをすることになるため、自己嫌悪に苛まれることも。

双方にとって気の重い行事だが、

広大サイクリング部が長い歴史の中で培ってきたツアー技術を、先輩から後輩へと伝えていくという意味で、

合宿においても非常に重要な行事である。

 

ちなみに、始める前には必ず、

「いっとう、にっとう(日東)紅茶! いただきます!」

という、独特な掛け声を掛け合う。

一日でもティーパーティーの時にしか行われない挨拶であるため、間違えるメンバーが頻出。

その場合、

「いっとう、にっとう、さん茶!? いただきます!」

という、意味不明の声が混ざるので、すぐわかる。

なお、紅茶の銘柄が「日東紅茶」でない場合でも、掛け声の言葉は変わりません。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。