糖尿病


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1型:β細胞が破壊されインスリンの分泌不足。
 1A型:自己免疫疾患
 1B型:原因不明(β細胞を破壊する免疫マーカーは陰性)
1型糖尿病はインスリンが欠乏する
一般には30歳以前に発症する。
自己免疫性のβ細胞の破壊はどの年代でも出現する(30歳以降に発症した糖尿病の打ち5~10%は1A型の糖尿病と推定されている)

2型:インスリン抵抗性、インスリン分泌障害、グルコース産生増加

耐糖能異常(糖尿病)
A.β細胞機能に関わる遺伝子障害による機能異常
B.インスリンの作用における遺伝子障害
C.膵外分泌異常
D.内分泌疾患(先端巨大症、Cushing症候群、グルカゴノーマ、褐色細胞腫、甲状腺機能亢進症、ソマトスタチノーマ、アルドステロン産生腫瘍)
E.薬物、化学物質
F.感染症
G.免疫機序による希な糖尿病
H.遺伝子疾患
I.妊娠糖尿病