WiFi - RFチップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

17Ch - W_RFSIODATA2 - RF チップ シリアル データ/転送 有効 (R/W)


 0-1   18bit データの中の 上位 2 ビット
 2-5   インデックス (00h ~ 0Bh)
 6-7   0にしなければならない (part of 24bit 転送)
 8-15  0にしなければならない (not used with 24bit 転送)

このレジスタに書き込むことで、転送を開始する。


17Eh - W_RFSIODATA1 - RF チップ シリアル データ (R/W)


 0-15  18bit データの、下位 16bit

W_RFSIODATA2 にデータをセットする前に、このレジスタにセットしなければならない。


180h - W_RFSIOBUSY - RF チップ シリアル ビジー フラグ (R)


 0     転送ビジー (0=Ready, 1=Busy)
 1-15  常に0

Used to sense transfer completion after writes to W_RFSIODATA2.

184h - W_RFSIOCNT - RF チップ シリアル 制御 (R/W)


 0-5   通信長 (init from firmware[041h].Bit0-5) (通常 18h=24bit)
 6-7   常に0
 8     未知 (init from firmware[041h].Bit7) (通常 0)
 9-13  常に0
 14    未知 (通常 0)
 15    常に0

このレジスタはファームウェアのブートコードによって初期化される。
変更してはならない。


RF チップ データ (ファームウェアによる初期設定例)


  Value    Index Data
  0x00C007 0 00  0C007
  0x129C03 4 10  29C03
  0x141728 5 14  01728 ;\these are also written when changing channels
  0x1AE8BA 6 18  2E8BA ;/
  0x1D456F 7 1C  1456F
  0x23FFFA 8 20  3FFFA
  0x241D30 9 24  01D30
  0x280001 A 28  00001
  0x2C0000 B 2C  00000
  0x069C03 1 04  29C03
  0x080022 2 08  00022
  0x0DFF6F 3 0C  1FF6F





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。