WiFi - メモリ制御レジスタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

058h - W_BUF_RD_ADDR - Wifi リングバッファ読み込みアドレス(CircBuf)(R/W)


 0     常に0
 1-12  W_BUF_RD_DATA を読み込むための RAM上の16ビットアドレス
 13-15 常に0

リングバッファは、読み込み FIFO の範囲と同じよう制限される。
ただしアドレスは、リングバッファと FIFO の範囲の最後が読み込める範囲内で外に配置できる。
The circular buffer limits are the same as the range specified for the receive FIFO, however the address can be set outside of that range and will only be affected by the FIFO boundary if it crosses the FIFO end location by reading from the circular buffer.

060h - W_BUF_RD_DATA - Wifi リングバッファ読み込みデータ (R)


 0-15  データ

W_BUF_RD_ADDR で指定したアドレスから16ビットの値を取得する。
読み込み後、W_BUF_RD_ADDR に 2 をインクリメントする。
W_BUF_RD_ADDR と、W_BUF_RD_END が同じ値になった場合、W_BUF_RD_ADDR は W_BUF_RD_BEGIN で指定した値にリセットされる。

1060h, 6060h, 7060h ポートは、0060hの受動的なミラーである。
これらから読み込む場合、0060h で以前ラッチした値が返される。
(新しい値を RAM に読み込んでいない場合、アドレスをインクリメントしていない場合に限る。)


068h - W_BUF_WR_ADDR - Wifi リングバッファ書き込みアドレス (R/W)


 0     常に0
 1-12  W_BUF_WR_DATA に書き込むための RAM上の16ビットアドレス
 13-15 常に0


070h - W_BUF_WR_DATA - Wifi リングバッファ書き込みデータ (W)


 0-15  W_BUF_WR_ADDR で指定したアドレスに書き込むためのデータ

このレジスタに書き込み後、W_BUF_WR_ADDR は自動的に 2 がインクリメントされる。
W_BUF_WR_ADDR が、W_BUF_WR_END と同じ値になった場合、W_BUF_WR_SKIP * 2 の値が追加でインクリメントされる。


074h - W_BUF_WR_END - Wifi リングバッファ書き込みトップ (R/W)


 0     常に0
 1-12  16ビットアドレス
 13-15 常に0


076h - W_BUF_WR_SKIP - Wifi リングバッファ書き込みオフセット (上限から下限)(R/W)


 0-11  16ビットオフセット (W_BUF_WR_ADDR に足す; W_BUF_WR_END と同じ)
 12-15 常に0

バッファサイズは 0 にする必要がある。

注:W_BUF_WR_END と、W_BUF_WR_SKIP は、たぶん W_TXLOCn と W_BEACONTRANS の送信に使用される。(まだテストしていない)



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。