~第三章~チャプター1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


――今宵は星が瞬く静かな夜。
天空には何度か見た事のある白く淡い月と、額縁の中に散りばめられた様な星空が…。
それを徒、見つめている一つの影…。
…天空に輝く蒼き星と、静かな風にその影は身を任せていた…。 

  • ここはとある遺跡- 
…今は丁度午後11時を回っている…。 
…遺跡の中で一人座り込み、星空を睨む様に見つめる大きな瞳…。 
何処か悲しい表情で、顔を下に埋める…。 
…私は、何故ここに閉じ込められている? 
…私は何かしてはいけない事をしたのか? 
…目覚めた時には既に此処に居た…。 
…出ようにも、強い結界で…阻まれて、出る事が出来ない…。 
埋めた顔を少し上げ、辺りを見回す…。 
…私は、また一人になってしまったのかな…? 
…ううん、違う…。ただ寝過ごしただけだ…。 
…それで、きっと皆が居ないんだ…。明日にはきっと来てくれる筈…。 
そう思い、立ち上がる小柄な影…。 
…だけど、誰も来なかった。 
…そう誰も来てはくれない。…何故なんだろう? 
朝が来ても、昼になっても、また夜が来ても…誰も来てくれない。…どうして? 
…少し影が薄くなる。 
…どうして、来てくれないの?…私は忘れられたの? 
…これじゃ、昔と同じ…。 
…遠い昔の、…忘れたい記憶と…同じ…。 
…また一人になっちゃったのかな? 
ゆっくり重い腰を上げ、天空を見つめる…。 
星が静かに瞬く、何も聴こえない…。近くには生き物すら鳴いてなかった…。 
…此処から、出たい。…出たいよ。 
結界の張られてる場所に手をそっと伸ばした…。 
バチッと弾かれてしまう…。 
…何で?…何で、私だけが!? 
何度も結界に挑む。…手が火傷しても、止めはしない。 
…でも、結界は相当強かった。…そう簡単には破れない。 
…どうして?…どうして、誰も来ないの?…何故私を閉じ込めるの? 
…少しずつ、その影が黒く染まり出す…。 
…もう嫌だ。 
…もう一人は嫌だ。…一人になんて、なりたくない。 
…一人になるくらいなら、私は…。 
…足元に黒い影が迫って来る。 
そう思い、結界に突っ込もうとしたその時、ふと声が聴こえた…!? 
…低く、穏やかな声が…? 
「…そんなに其処から出たいのかい?」 
…え?…誰か居るの!? 
誰かが私に問い掛けてきた。 
「…出たいのなら、出してあげても好いけど…?」 
…その声の主は私を出してくれると言う。 
「…でも、出すには条件があるけどね?」 
…出すには条件がある?…条件付きか…くっ。 
「…条件さえ、飲んでくれれば…直に出してあげるよ。」 
…条件を飲めば?…出れるのか!?…でも、条件とは一体何だろう? 
私は少し悩んでいた…。 
条件を飲めば出れる…。けど、その条件が何なのかに不安を覚える。 
「…好いの?…此処、出たいんでしょ?それとも、ずっと此処に一人で居るつもりかい?」 
…出たい。…今直ぐ出たい此処から。 
「…さぁ、出ようよ。此処から…ね?」 
その誘惑に…、私は…乗ってしまう…。 
そして…、私は条件を飲んで、外へ出た。 
「…どうだい?外の空気は??」 
「…とっても、澄んでいる。…解放された感じがする。」 
…外に出た事で…、その影の本来の姿が…、天空から射す光で映し出された。 
…紅き波打つ髪に逆立つアホ毛。 
…天空に輝く星を、移す鏡の様な切れ長で大きな瞳。 
…さっきまで暗くて見えなかった、…透き通る白い肌。 
「…外はやっぱり、気持ちが好い。」 
…私は、外の空気を沢山吸って、先程解放してくれた声の主に目をやる。 
「…では。約束通り、条件を飲んで貰うからね?」 
「…分かった。…その条件、飲みます。」 
…その条件とは? 
…私が『宇宙の審判官』になり、『星の王族戦争』を見守ると言う条件だった。 
…それとその事は誰にも言わない事、そして…。 
…此処へは二度と、帰れないと言う事である。 
「…よし。飲んでくれた様だから、一応おいらの名前を教えて置くよ♪」 
「…?名前?」 
声の主は名前を教えてくれた。 
「…おいらは『木星神ジュピター』って言うんだな。」 
「…え?…木星神ジュピター!?」 
…聞いた事がある名前だった。 
「…君は『ルビエル』だったよね?」 
「Σ…ど、どうして!?其れを!?」 
…彼は『木星神ジュピター』。…私の事を知ってる口振りだった。 
「…そりゃ、知ってるっすよ。…知り合いがよく話してたので。」 
「…知り合い?…誰ですか?」 
…彼は知り合いが私の事を話していたと言う。…一体誰が? 
「…まぁ、それは置いて置いて、そろそろ往こう。」 
「あ、はい…。」 
…私は彼に付いて往く。 
…歩きながら、少し溜息を吐く。 
「…ん?…どうしたの?溜息なんかして。」 
「…あ、いえ。…少し、悲しい事があって。」 
私は彼に少し、胸の内を話した。 
「…むむっ。…そうか。」 
「…誰も来てくれなかった。…誰一人。」 
…私は悲しかった。誰も来てくれない事もそうだが…何よりも恋しかったのに…。 
「…そっか。可哀想に…。きっと忘れられちゃったんだね。」 
…彼が言うのも一理ある気がした…。 
私がきっと何かしてしまって、嫌われたのかも…それで…。 
「…そんなの忘れちゃいなよ?…どうせ、もう会う事もないんだし…。」 
…私は、少し悩んだ。…でも、来てくれないと言う事はきっとそうなのかも知れない…と。 
…そして、私は木星神と其の遺跡を後にした。 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。