蒼玉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〔あいだま〕
image plugin error : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。
称号:『独眼の青き死神』、『』、『』

名前『蒼玉(あいだま)【AiDama】』性別:男性 種族:死神 種類:敵

通称(愛称) 名前の由来『【『サファイア』の和名】』特殊能力:


主な武器:銃刀(じゅうとう・拳銃の先に短刀が2本付いた武器)




色設定:肌:【肌色】普通 
    髪色:【青】ブルー
    瞳色:【青】ブルー 


一人称:『俺』 相手『多種多様』 年齢:1500歳(人間換算・15歳) 

職業1:死神 
職業2:冥界の手下

階級: コードネーム『【】』

性格:大人しい方だが、荒々しい一面もある 


特徴:右目の赤い眼帯、青と黒を基調にした戦闘服


身長:158㎝ 体重:52㎏      

髪型:短髪() 

好きなモノ: 

嫌いなモノ:

属性:無        

技: 


基本台詞:「…この蒼玉を…忘れたとは言わせないぞ…」 
     「姉上の仇……ここで果たしてやる!」 
     「………姉上と見た満月……今も覚えてるよ…」 
     「」  

目的:姉・紅玉(べにだま)の仇打ち、冥界と共に、人間界支配 

大切なモノ:紅玉の形見である赤い眼帯、紅玉との思い出、満月



関連人物:『紅玉(べにだま)【BeniDama】』、『闇影〔やみかげ〕【Yamikage】』、『冥界〔めいかい〕【Meikai】』、『音華〔おんか〕【Onka】』


外伝要素:  

登場作品: 

創作者名:神在月様 

≪藍影の関連情報≫〔説明文〕   
とある事件で右目を失い、同時に姉・紅玉も失った。現在は、姉の形見である赤い眼帯を自分の右目に着けている。
満月に特別な思い入れがあり、満月が出ていると、必ず見てしまう。
冥界の部下である「音の神」音華を、紅玉と重ねて見る事がある。



色設定:〔使用ネオピコマーカー色〕※E-かY-です。 
[肌色:番号:-] 
[髪色:番号:-] 
[瞳色:番号:-] 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。