k > 200909 貸付拒否


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009年9月


警備員は、帰省してきた長男に何も言わず、不機嫌にしていた。

明朝、警備員は長男の元にやってきて金を貸してくれとだけ言いました。
長男がそれを拒否すると、父である警備員は何も言わずにさっていきました。

さらに明朝、警備員は長男が寝ている間に、長男の事をボロクソに言いました。
要約すると
  • 新幹線を使って帰ってくる金があるならそれを貸せ
との事。

自分が勝手に買ってきた食料品の金を妻に請求して、(おそらく不愉快だから)仕事を辞めると言って仕事にいきました。
今年末で仕事を辞めるとのこと。


哀しき警備員