現実世界との改変点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.周辺市町村

1.1 宮野浦市(さいたま市)

一番大きな改変点は大宮、浦和、与野の合併の結果誕生したのがさいたま市ではなく宮野浦市で、またその時期も現実世界の2001年5月1日ではなく1980年4月であり、合併によるシナジー効果がより早期、かつ大宮・浦和間の確執も比較的うまく解決し、効率的な市政運営が行われた結果大宮区、浦和区、中央区(旧与野市域)が全体的に大きく発展している。またさいたま新都心も埼玉新都心として街びらきが行われており、合併事業にかこつけてより大規模な計画となっている。

 

観光案内風の宮野浦市の説明(大宮線復活開業から約25年後の2010年頃)

大宮、与野、浦和の3市が合併した結果誕生したのが「宮野浦」市です。北から順に旧市から1文字取り入れた命名になっています。人口は約145万人で日本で第8位の多さです。市役所所在地は埼玉新都心 の8-1A街区で、県庁も同じ建物に移転しています。県庁移転後の浦和区では跡地の再開発事業によって中層マンションを中心にゆったりとした高級住宅街が整備されています。県庁跡地や武蔵浦和を中心に高所得の住民が増加したため県庁移転前よりも浦和駅周辺の商業活動は活発化し、大宮と競うように大規模商業施設が整備されています。中央区は埼玉新都心の開発によって県庁、市役所、県警本部、地裁、スーパーアリーナ、ホテル、中央官庁等の設備が集中し、特に県庁と市役所の移転によって宿泊施設、歓楽街が周辺に広がり国道17号と氷川参道の間で大宮駅周辺と一体的な市街地を形成してり、今までの県都大宮とともに発展を続けています。周辺ではLRTも開業し、都心は徒歩圏以上の広がりを見せています。その他にも副都心に位置づけられた武蔵浦和周辺はその交通利便性の高さから超高層マンションが集中し、浦和駅周辺のマンション群と一体化しつつあり、南浦和でも大規模な再開発計画が持ち上がり、浦和-武蔵浦和-南浦和の3駅を結んだ地区は川口周辺を抜いて埼玉県で最も人口が集中しています。埼玉新都心の設計は当初、氷川参道や大宮氷川神社を無視した計画が進められましたが、途中から氷川参道を歴史軸として氷川神社からけやき広場まで一本の道 で結び、回遊性を生み出した設計となり、氷川参道に沿ってLRTも開通したため、けやき広場は非常に賑やかな場所になっています。近年では宮野浦市の人口急増によって大宮-東京都間の鉄道利用が逼迫し、またJR独占で運賃水準も高めであったため、まず埼玉高速鉄道が浦和美園から当初の予定の岩槻ではなく大宮駅へ延伸が行われ、都営三田線の埼玉県延伸も計画とあわせて具体化され、1984年に京宮急行電鉄大宮線の復活という形で実現しています。また2011年を目処に上尾市や岩槻市、伊奈町を吸収合併する準備も進められています。この合併が実現すれば人口は一気に180万人ほどになり札幌市につぐ日本で第5位の市となります。

人口 1,455,432人

主な鉄道路線  :JR、東北新幹線、長野新幹線、京浜東北線、宇都宮線、高崎線、埼京線、川越線 :東武鉄道、野田線 :京宮電鉄、大宮線、宇都宮線、熊谷線 :埼玉高速鉄道、埼玉高速鉄道線 :埼玉新都市交通、ニューシャトル線

 

1.2 東京都北区赤羽

赤羽駅は国鉄の路線が集中しているがさらに京宮の大宮線(宇都宮線、熊谷線)と八王子線(平塚線)、土浦線の終着駅であり京宮城下町と言って良い状態である。6路線あわせて60万人/日に近い乗降人員を誇っている。駅周辺は東京都の副都心として整備され東側は高層オフィス街と京宮デパートを筆頭に各種大型商業施設が立ち並び、西側は狭隘な地形のため雑多な商業地域と歓楽街になっている。また赤羽台周辺の軍用地が敗戦に伴い空き地となったので京宮が主導して大規模な商業オフィスと地形を利用した公園として開発された。

 

 1.3東松山市(むさしニュータウン)

むさし緑園都市の先駆けとして熊谷市南方にある比企丘陵を中心に大規模な森林公園とニュータウン、むさしニュータウンを造成することが1965年に都市計画決定された。アクセス路線の検討が行われた結果近隣の東松山まで開業していた京宮東松山線を延伸してアクセス路線とすることが適当とされ、京宮側も熊谷まで延伸する構想があったことから急速に話がまとまり都市計画決定から5年後の1970円には熊谷まで延伸した熊谷線が開業した。同時期の多摩ニュータウンに比べればかなり小ぶりの計画であったが、むさし緑園都市のモデルタウンとして大々的に宣言され当初は順調に人口が増加したが、他の大規模ニュータウンに比べた東京からの遠さなどが原因で人口が伸び悩み、計画人口18万人に対して、2010年現在9万5千人となっている。また計画人口に対する鉄道駅の不足も当初から指摘されており、中心部に位置するむさし中央駅以外には、ニュータウン北部に位置する東武東上線の森林公園駅しか存在せず、ニュータウン中央部を貫いている京宮熊谷線において複数の新駅の設置が予定されている。しかしながら人口増加の遅れから未利用地や緑地が豊富に残っており、結果的にゆるやかな人口増加が続いたことから同時期に都市計画決定された多摩ニュータウンに比べて世代別の人口構成が健全で、広い土地を活用した優美な景観が評価されており、今後も継続して人口が増加する見込みである。状況としては千葉ニュータウンに近いかもしれないが京宮線全体の利便性向上に伴って人口が増加する見込みであるところが大きく異る。滑川町は東松山市と合併しており、ニュータウンの影響で東松山市の人口は22万人となっている。

 

1.4 綾瀬川市(厚木飛行場)

首都圏第3空港として厚木飛行場が軍民共用化され2010年より厚木飛行場として運用されている。

 

1.5 4環状9放射

関東地方には4環状9放射が計画され9放射である

1.東京湾岸道路-横浜横須賀道路

2.首都高速2号目黒線-第三京浜道路-横浜新道

3.首都高速3号渋谷線-東名高速道路

4.首都高速4号新宿線-中央自動車道

5.首都高速10号線-関越自動車道

6.首都高速1号上野線-首都高速川口線-東北自動車道

7.首都高速6号三郷線-常磐自動車道

8.首都高速湾岸線-東関東自動車道

9.首都高速7号小松川線-京葉道路

 はすべて開通済みで4環状である

1.首都高速中央環状線

2.東京外環自動車道

3.核都市広域幹線道路

4.首都圏中央連絡自動車道

は開通率80%程度であり、今後5年で事業完了の予定である。現実の歴史との大きな違いは1967年の都知事選挙で美濃部亮吉が当選しなかったことで、中央環状線、外環道ともに大きな反対運動が繰り広げられたが強権的に工事が進み、現実に発生した各環状線が存在しないことによる渋滞による損失や大気汚染に対する対策などの費用を他に振り向けることによる経済効果で数十兆円のGDPが結果的に上積みされて各種インフラ整備も順調に進んだことである。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。