にゅーとりの同盟 official web

騎手について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

競伝の騎手パラは、戦法・距離・コース適性の3種類から構成されています。
これは私の騎手なんですが、パラはこれで完成型。「戦法」は4つのうち2つだけがSSにまで伸び、「距離」は6つのうち2つ(おまけ的に1つCまで伸びます)。「馬場」はひとつがSSにまで伸び、もうひとつがCまで伸びます。たまに芝とダートを兼用させている方もいますが、その場合は芝SSにダートC、重Eって感じになります。もちろん、それ専門に作った騎手に較べるとタイムが劣ります。
ってことなので、騎手を育成するためには最初から馬場・戦法・距離を決めてかからないといけません。騎手によってどれくらいの差が出るかと言うと、「戦法SS・距離SS・コースSS」と「戦法E・距離E・コースE」とで同じ馬に乗せて測ってみると、0.5秒~0.7秒ほど。パラE騎手では、ラッキーで重賞勝ちくらいあるかもしれませんが、GⅠはまず無理でしょうねー。
騎手パラの内訳ですが、戦法と距離が各0.3秒、コース適正は0.1秒というのが定説です。ただ、このゲームは仕様がころころ変わるので、あくまで目安として考えておいてください。

で、ここに出した表のパラメータ以外に「裏パラ」と呼ばれるブラックボックスがあり、一説にはこれが0.3秒もの差を生むらしいです。裏パラってのは騎手の勝ち鞍によってタイムが伸びるというものですが、諸説紛々でよくわからないってのが正直なところです。プレイヤーの体験談からは、「重賞勝ったらコンマ1伸びた」とか「GⅠ勝ったら速くなった」、それから「100勝したらタイムが伸びた」とかも聞きます。これも仕様変更がありそうなのでなんとも言えないんですが、私が思うに、騎手の獲得賞金額によって決まるんじゃないかなー、と。現に、シマフクロウとかのペットがない状態で、しかも3勝程度しかしていないのに表パラがひとまず全部埋まったことがあります。5着以内に入りさえすれば賞金が加算されますので、最初はとにかく5着以内に入れそうなレースを選択してこつこつパラを上げてゆくのが良いでしょう。

具体的には、馬場はもちろん距離と戦法をひとつに絞ります(例:芝で先行中距離専門)。で、プレイヤー馬が少ない(できれば4頭以内ですが、現実には難しいよね)レースを選択。こつこつ入着を繰り返して、目的のパラをSSまで上げておきます。次の段階で戦法または距離を変更し(例:先行ばっか使ってたのを差しばっか使うようにする、または中距離専門やめて短中で使う)、同じように着拾いをしてパラを上げます。このようにひとつずつパラを埋めてゆければ、効率的に騎手が成長できると思います。表パラがすべて埋まったら、強気で重賞挑戦です。もちろん、目標レースの馬場と距離がSSで、出走馬の戦法がSSまで上がってるならやはり強気で。もちろん、最初は全然勝てません。ですが、騎手をしっかり育成しないと大レース二頭出しなど困りますし、なにより騎手育成もこのゲームの楽しみですから。

こつこつ勝ち星を拾っていけば、いずれ重賞やGⅠのチャンスは巡ってきます。何より、少しでも勝ち鞍を積み上げられるようにレースを選んで騎手を育てていくことが大切ですね。