最近読んだ論文についての日本語でのまとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

regulation of clostridium perfringens alpha-toxin-activated phospholipase C in rabbit erythrocyte membranes. (2004)

桜井先生の論文

alpha-toxinがそれの活性だけでなく、細胞内のPLC活性をあげるということを証明した論文。

alpha-toxinは細胞の溶血、血管の収縮、gas gangrene(ガス壊疽)などを誘導する。

しかし、それが本当にそれが持つPLC活性によるものなのかは定かでなかった。

alpha-toxinの特徴はなんといっても足があることで、これが膜にinsertionしていろいろな細胞膜ダメージを引き起こす。

alpha-toxinは、SMを分解することによって、SM recyclingを活性化して、溶血に導く。

また、PAの量を調べてみると、増えており、2つのphaseからなる。

一つは、endogenousなPI-PLCを活性化する。

 

 

01/Dec/2011

統合失調症について。Brain lunch seminerにて。

統合失調症患者は1%。遺伝性は60-80%

incidence(発生率)は、どの国でも一緒。

いろいろな説があるが、

一つは、ドーパミン仮説。もう一つは、グルタミン酸受容体仮説。あと、カルシニューリン仮説。

ドーパミン、グルタミン酸受容体仮説は、カルシニューリン仮説につながると考えられている。

あと、ニューレキシン、ニューロライギン仮説もある。これは、PI3Kシグナリングにつながると考えられている。

これらは、GABA, KCNJ3につながると考えられている節がある。

 

02/Dec/2011

リポプロテインにDAGがあるか?もしくは、DAGを生み出す作用があるか?

こんな論文があった。

THE JOURNAL OP BIOLOGICAL CHEMISTRY
Vol. 250, No. 9, Issue of May 10, pp. 341~3418.1976

Hydrolysis of Diacylglycerols by Lipoprotein Lipase

 

04Dec2011

Dev Cell. 2011 Nov 15;21(5):813-24.

A Highly Dynamic ER-Derived Phosphatidylinositol-Synthesizing Organelle Supplies Phosphoinositides to Cellular Membranes.

Source

Section on Molecular Signal Transduction, Program for Developmental Neuroscience, NICHD, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.

バクテリアの PI-PLCを細胞内に発現させた。

PI-PLCは、DAGを作るから、これがどこにあるかを、PKDのDAGbinding domainで観察したところ、

今まで、しられなかったところに局在していることがわかった。