※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1197

ベネチアの城壁修繕がようやく一息ついたけど、馬の特産地を神聖ローマのジェノバ領にもっていかれてしまったから、こちらの支配範囲に馬がいない。
イコール、ベネチアでは騎士団を編成できない。
たいへん、困るw

しかも本国イギリスと領地が繋がっていないから、十字軍や長弓兵も編成できない。。。びっくりしたw
ここ軽歩兵と短弓兵しか補充できんw


幸いハンガリー領が同盟になったから、ケルンとハンガリーをつなぐ街道を完成させれば、重歩兵や十字軍、長弓兵は街道を通じてイギリス本国の文化で編成できるようにはなる。

まずは街道工事を最優先で指示しながら、リチャードは再軍備に取り掛かった。


近々遠征の必要があろう。

もちろん標的はジェノバで、陥落はできないまでも、支配範囲をすこしでも削れれば、いま奪われている国境地帯の馬の特産地を取り戻せる。
そしてリチャードに騎士団さえ持たせれば、野戦では負けない。
そこから決戦の準備をしよう。まずは馬の確保だ。


イギリス・ハンガリーの街道が整い、夏には歩兵のみだけど、現地の新規兵を加えて、11000人を集めた。
ところが、いざ盛夏には出陣しようかというとき、神聖ローマのフリードリヒ皇帝のほうが一手早く動いた。

1197年盛夏、皇族ハインリヒとフィリップ、ダンドロの3軍がパリへ侵攻を開始。その数11000人。
そう、我が国の領土パリが、ついにローマの侵攻を受けたのだった!

うはぁw

これジェノバにまだ3万以上の兵がいるから、後発部隊も出てくるよねw

まあ1年半も見逃してくれたほうが奇跡的なんだけど・・・。
渋い声で「来るときが来たか」とつぶやくリチャード。
パリにはロビンフッドがいるとはいえ、さすがに4000少々の兵ではきつそう。


ひとまずコーンウォール伯爵もケルンからパリへ全軍を引き連れて急行。なんか今は伯爵でも頼もしく見えるなw

ベネチアのリチャードの動きとしては、後背攻撃でパリを援護するしかない、かな?
防衛があまりに薄そうなら逆にジェノバを急襲する手があるけど、赤ヒゲのおっさんが居座ってる間は、兵力2万を切らないとどう考えても危険。
ロードで巻き戻ししていいなら勝てるだろうけど、NGだからなーw

せっかくジェノバ攻撃のために整えた戦力が、パリ防衛で消えそうだw


リチャード敗れる

秋には交戦に入った。
ベネチアからの援軍のリチャード軍をフィリップ軍に、コンラド軍をダンドロ軍に、それぞれ側面からぶつける。
パリにたどり着く敵軍勢を、とにかく減らさないと・・・。

コンラドはダンドロ相手によく戦った。地上なら五分五分でいける感じだ。互いに知略が高いため混乱計略も火計も決まらず、歩兵同士の伏兵のしあいという華のない戦闘になったものの、両軍共に決定打を欠き引き分けに終わる。
奇襲を受けた歩兵1部隊が矢の雨を浴びて壊滅したけど、姿を現した弓隊2つを総攻撃して潰せたのは大きい。
うんうん、さすが名将コンラド。ダンドロ相手の戦果としては十分かな。

そしてリチャード。ライバルのフィリップと激突だ。こんな形で出会うとはw
ただフィリップはいまや一介の将軍。保有兵力に差がある。リチャードとしては、プライドに賭けて、ここは絶対に負けられない。

ところが・・・

正面からの殴り合いの中、フィリップの火矢でリチャードの第一部隊が燃え出した。
ちょ・・・なんだって?ww
1ターン、2ターン・・・火が消えないw 第二第三部隊の歩兵部隊もフィリップの計略にかかり混乱を始めた。
あわわわわw

そして、第一部隊が残り兵力38というまさにギリギリで何とか火を消し止めたものの、ZOCでロクに後退できない・・・敵いしゆみの射程から出られないwww
え?ww
まずくねww

しばし海のような敵の囲みを見渡し、リチャードは焼け野原のような戦場に仁王立ちするものの・・・
味方の焼死体が無残にも転がって、リチャード自身も剣とかガタガタなんだろうな。
映画なら、確実にBGMが消えてるシーンw
ほんの数人の生き残りが、敵を防ぎながらリチャードに「王、さがってください!」とか叫んでるけど、まったくの無音で聞こえないあの感じ?w

※ この状態で、プレステの電源をつけたまま、リアルに2日ほどが経過した。(爆


これ弓飛んできたら第一部隊全滅してアウト。
リチャード捕まって処刑されたら、イギリスってどうなんの?


どんなに考えても、他に方法はない、よな・・・
ゲームオーバーを賭けて、リチャード渾身の「計略」をしかける。
チャンスは2回。でも、これしかない。
本隊を射程におさめているローマのいしゆみ隊を混乱させることができれば、歩兵を前面に押し出してリチャードをかばい、まだ囲みを突破できる。

戦場のど真ん中、リチャードは目をとじた。

混乱計略・・・失敗、あとがない。
祈るような気持ちで混乱・・・きたあああああああ! 成功!!! おおおお!ww
すごいwww運wwwwwwリチャードwww

戦場の音が一斉にリチャードの耳に届く。
リチャード「後退だ! 生き残っているものは後退せよ!」

とはいえ・・・
なんとか一命を取りとめ、あとは逃げ回って結果的に引き分けに終わったものの、その損害たるや目も当てられない。

くやしいが、多数の兵力を持って少数を破れなかった時点で、実質的には敗北と言える結果。
初めて経験する、リチャード獅子心王痛恨の敗戦だった。
相手が尊厳王フィリップだからまだ許せるけど・・・というかフィリップじゃなかったらこんな結果にはさせないか。






ロビンフッド&コーンウォール伯爵はパリを必死に守る。