7 ロシア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロシア

Russia


1 基本情報


1.1 地理・経済情勢

  • 人口 1億4,190万人(2010年4月)(参考:ソ連:2億8,862万4千人/1990年1月1日)
  • 首都 モスクワ(1047万人、2008)
  • GDP 39兆ルーブル(2009)
(その他、基本情報は後日一覧表から一括で転記)

1.2 年表

年代 出来事 備考
1950年台    
(当該国の歴史的経緯と水に関連する主要なイベントの発生時期を記述)

2 水資源と水利用


2.1 水資源

 広大な大地に豊富な水源を有する。

2.2 水利用

 主力は表流水。

2.3 家庭用水需要

 節水という概念がない。一人あたり使用量は670Lと多い都市がある。

3 水に関する住民意識


3.1 徴収率

(水道料金の徴収率、あるいは水供給に対してお金を払う気持ちや文化があるかどうか、等)

3.2 料金体系

 料金水準が低すぎて施設改修の財源がない。

3.3 水に対する不満・クレーム

 節水という概念がない。

4 水関連の政策・法規制・基準


4.1 政策と計画(policy and plan)

(国の開発計画、水セクターのマスタープラン、等)

4.2 法規制

(上水下水などの水関連の個別法、基準のうち環境基準や水質基準)

4.3 水行政機関

 都市水道はヴォドカナルという公共事業体が運営しているが、財政的な問題から老朽化しており経営も非効率といわれる。

5 上下水道事業の実施状況


5.1 上下水道の普及状況

(上下事業の数、当該国における分布状況、普及率、安全な水アクセス率、等)

5.2 その他パフォーマンス

(漏水率、24時間給水の実現度、その他水供給事業の水準を定量的に把握できる数字)

6 上下水道への援助・民営化


6.1 国内援助

(中央政府から地方事業への援助等)

6.2 その他の援助

(外国からの援助等)

6.3 民営化

(民営化、公民連携の進行状況)

7 水技術


(どんな技術が使われているか、現場の技術レベルはどうか、技術基準は、その国発祥の技術は、その他おもしろネタ等)

出典


※1)
※2)
※3)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。