※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界設定について

原作からの変更点


原作で発生した事件、ミッション、世界情勢について、一切の変更を加えておりません。
このゲーム中で発生した、いかなる戦闘行動もシミュレータ上でのことであり、現実(原作の世界情勢)に影響を与えるものではありません。

このゲームの位置づけ


このゲームは、MDM社が開発した12式装甲歩行戦闘車パイロットのための、シミュレータです。
シミュレータは当該機の操作だけでなく、他機種のシミュレータとも連携し、戦場全体をシミュレートすることが可能です。
日本外人部隊では、このシミュレータを利用して、世界情勢から想定される様々な戦闘状況についてパイロットに経験させ、訓練を行っています。
年表上では開戦の前年、2014年を想定しています。

このゲームにおけるHIGH-MACSの運用考察


本ゲームにおいては、オリジナルからの変更点として“HIGH-MASEがレーダを搭載している”という点があります。
これは、ゲーム性についてオリジナル作品を継承しつつも、遊び方の幅を拡げるために“味方との共同作戦”という
コンセプトを入れるために必要であったことですが、この変更に際して設定的な考察も以下にまとめています。
基本的には後付理論で、ご都合主義的なものですが、興味があればご覧ください。







|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|