※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DG細胞:

必要MCP:80 前提:なし
  • ターン開始時に、自身と支配下に置く機体の全部位の耐久値が1点回復
  • ターン開始時に、周辺の撃墜された機体を1体支配下に置く
  • 全部位の装甲値+5
  • 熱系武器による装甲ペナルティ、電撃系武器によるシステムペナルティを無効化
  • パイロットはターン開始時に意思-5判定に失敗すると、精神点を4点消費
  • 上記の効果により精神点が0になると、パイロットが生体ユニット化されゲームより除外
 デビルガンダム細胞、略してDG細胞は悪化する地球環境の再生を目的とし
 「自己進化・自己再生・自己増殖」の三大理論に基づき開発されたナノマシン群の総称です。
 本来であればアルティメット細胞という呼称で、あるモビルファイターに搭載されて
 ガンダムファイトを通じて地球環境を再生するはずでしたが、事故により機体は暴走
 自己進化理論により自らに課せられていた地球環境の再生という命令を書き換え
 「環境再生の為に地球に巣食う人類そのものを抹殺する」という恐るべき使命を自らに課し
 悪魔の生体兵器として人類に牙を剥くようになってしまいました。
 自己再生理論の名に恥じない、ナノマシンよる驚異的な再生能力を持っているため
 宿主として寄生している機械は、たとえ破壊されたとしても元の状態に復元してしまいます。
 また、自己増殖理論により周辺の人工物、特に機械に自らのナノマシンを増殖して寄生させ
 その人工物を支配下に置くことが出来ます。

 この機能を持つ機体は、毎ターン開始時に全部位の耐久値が1つずつ回復する
 また、DG細胞に感染してない機体が周囲にいる場合、無差別に攻撃を仕掛け、感染させる
 DG細胞に感染した機体に撃墜されると、その機体もDG細胞に感染される
 また、搭乗パイロットは戦闘終了毎に意志判定を行い、これに失敗するとDG細胞に感染される
 感染されたパイロットは機体に生体ユニットとして取り込まれてしまう
 これを救出するには、ハイパーモード発動時の必殺技で機体を破壊する必要がある

 この装備はシナリオソース的に使われるもので、PC用の装備としては適していません。
 (使用の際は、GMと設定を見直した上で検討してください)

登場作品:「機動武闘伝Gガンダム」