※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオコンピューター:

必要MCP:40 前提:なし
  • 消費した精神点と同数、命中判定と能動防御へボーナス(最大3点)
  • 精神点消費の累計が10点以上で最大出力モード起動、5ターン継続
  • 最大出力モード中は命中判定、能動防御に常時+3
  • 最大出力モード中は攻撃ブロック+1
  • 最大出力モード中は「耐ビームコーティング」と同等の効果
  • 最大出力モード中は、敵の部位狙いおよび支援攻撃を無効化
 MSの中枢システムを、生体科学を応用した高性能コンピューターに置き換えたもので
 パイロットの操縦技量および精神の状態によって機体性能のリミッターが変化していくという
 非常に珍しい機体制御システムです。
 そしてパイロットの技量や精神の高揚が一定よりも高い数値を示した場合には
 機体各部に搭載されたバイオセンサーのリミッターが一斉に解除され、機体性能が著しく向上する
 「最大出力モード」と呼ばれる状態になります。
 最大出力モード中は機体性能の向上だけでなく、機体各部の廃熱のために
 剥離した金属片がビーム撹乱幕に近い効果を発揮し、耐ビーム能力が付加されます。
 また、放出された金属片が偶発的に質量を持った残像のように敵機のセンサーを欺瞞し
 これにより敵からの部位狙いや支援攻撃に対して強力な防御効果をもたらします。

 ターン開始時に、1~3点の範囲で消費する精神点を宣言します(使用しなくとも構いません)。
 精神点を消費した場合、そのターン中は命中判定と能動防御に
 消費した精神点の数値と同じだけのボーナスを得ることができます。
 また、その消費した精神点の合計が10以上となった場合は
 次のターンの開始時から「最大出力モード」に移行することができます。

 「最大出力モード」中は命中判定と能動防御に+3のボーナスがあり、攻撃ブロックも+1されます。
 また、ビームコート現象が発生し「ビーム(小)」「ビーム(拡散)」によるダメージを無効化し
 「ビーム(中)」によるダメージであれば2点軽減することができます。
 さらに金属剥離(MEPE)による残像現象により、最大出力モードを使用中の機体に対しては
 「部位狙い」および「攻撃支援」を行うことができなくなります。

 最大出力モードは発動したターンから5ターン継続します。

登場作品:「機動戦士ガンダムF91」