※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■MS作成手順
 「MCP(モビルカスタムポイント)」を使用して、オリジナル機体を作成するルール。
 ゲーム開始時には、150MCPを使って自分の専用MSを作成することが出来ます。

◆1 ジェネレーター総出力の決定

 ・MSのジェネレーター総出力を決定します。、
    この数値により機動力や、武器の出力が決定されます。
 ・初期値は10で、MCPを使用することで上昇させられます。

出力 10 11 12 13 14 15 以降+1毎
必要MCP 10 20 30 45 60 +20

◆2 機動力、武器出力の決定

 ・手順1で決定したMSのジェネレーター総出力を
  機動力と武器出力に自由に割り振ります。

 )例
 ジェネレーター出力12の機体があったとして
  「機動力5/武器出力7」
 といった具合

 ・機動力は、MS戦闘での能動防御や、ジャンプ移動時の維持に用いられます。
  この数値が大きいほど「高機動力で敵を翻弄するMS」になります。
 ・武器出力は、機体に搭載できる武器の出力合計値の限界となります。
  この数値を超えるだけの武器を搭載することはできません。
  この数値が大きいほど「大火力を備えた重MS」という機体になります。

◆3 攻撃ブロックの決定

・搭乗するMSが、1ターンにどれだけ多くの武器を使えるかを表す値です。
 1ターンに使用する武器の出力合計値は、これ以内でなければなりません。

)例
攻撃ブロックが3の機体は
「出力2の武器」と「出力1の武器」を1ターンに同時に使える

・全てのMSの攻撃ブロックの初期値は3
 パイロットの「電子機器/火器管制技能」が
 18レベルを超えると+1
されます。
  (以降3レベル上昇するごとに+1されます)
・MCPを消費してこの値を上昇させるには
 100MCPが必要になります
攻撃ブロックの上限は8です、これ以上には上昇できません。

◆4 オプション装備の決定

・MCPを消費して、MSに装着する各種オプション装備を取得します。
・取得に必要なMCP及び効果は、オプション装備リストを参照して下さい。
・1つのMSに装着できるオプション装備は、3つまでとなります。

◆5 武器の決定

・手順2で決定した武器出力と、手順3で決定した攻撃ブロックを参照に
 MSに装備する武器を武器リストから選び、決定します。
・装備に必要なMCPは、武器リストを参照して下さい。
一つの部位に装備できる武器は、一種類のみとなります
・武器によっては、装備可能な部位が決まっているものがあります
 オプション装備の「ハード・ポイント」を使用すれば、部位条件は無視できます。 

◆6 盾の設定

・MCPを消費して、MSに盾を所持させることができます。
 盾の種類は、以下の通りです。

名称

MCP 装甲値 部位 解説
ターゲットシールド 10 +5 腕・肩 小型の盾
取り回し易い
止めに+2
マウントシールド +8 大型の盾
低コストで強固
だが腕装備のみ
ビームシールド 15 +7
(+15)
腕・肩 Iフィールドビーム盾
ビームにはほぼ無敵
武器出力2消費
ビームシールドのカッコ内は対ビームの場合

◆7 耐久値の決定

 ・MSの各部位のおける耐久値を決定します。
 これが0になるとその部位は破壊されます。
 ・耐久値の初期値は部位ごとに異なり、以下のようになります。

部位 右肩
左肩
右腕
左腕
右足
左足
耐久
・耐久値の上昇に必要なMCPは以下の通りです。
 耐久値の上限は8ブロックまでとなります、これ以上には上昇できません。
耐久値
MCP 10 20 30 50
 ・耐久値は「3 ⇒ 5」のように、一気に上昇させることはできず
 1ブロックごとにMCPを消費して上昇させなければなりません。
 ・肩・腕・足は、MCPを消費すれば左右の部位の耐久値が同時に上昇します。

◆8 装甲値の決定

 ・敵からの攻撃を受けた際、どれだけのダメージに耐えられるかを表します。
 ・初期値は各部位ごとに3点で、MCPを使って各部位ごとに上昇させます。
 ・装甲値の上昇に必要なMCPは以下の通り

装甲値 10 11 12
MCP
 ・なお、装甲値も耐久値と同様に、肩、腕、足は左右同時に上昇します。
 1段階毎にMCPを消費する必要があるのも同じです。
 ・装甲値の上限は各部位ともに12です。
◆9 機体の完成

ここまでで機体のデータは完成です。
あとは自分の好みで、機体名や形式番号、開発経緯などを自由に想像し決定して構いません。
機体のフォルムなども、あまりに常識を逸脱しない範囲であれば自由です。
またMSではなく、自らの搭乗機をMA(モビルアーマー)ということにしても構いません。
ゲーム的なデータでは、MSもMAも同じ扱いになります。