※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■普通以下

  • 下の方
「わぁ……」
「あ、琉夏くん。」
「アタマ、悪かったっけ?」
(ううっ……勉強、もっとがんばらなくちゃ!)
  • 普通
「フツー。」
「あ、琉夏くん。」
「いいんじゃない?まあ、セーフってことで。」
(自慢するような成績でもないし……こんなものだよね?)
  • 上の方
「アタマいい……」
「あ、琉夏くん。」
「ご利益がありますように、握手して? ついでにアタマも触っとくか……」
(もぅ……、でも、がんばってよかった!)
  • 1位
「スゲェ、1位だ……」
「あ、琉夏くん!」
「なんか、ゴメンなさい。」
「え?どうして?」
「いや、なんかスゲェから、もう謝っとこうかと。」
(ふふっ、琉夏くんに褒められちゃった)


■友好

  • 下の方
  • 普通
「わっ、フツーだ。」
「あ、琉夏くん。」
「なんかこう、いじり辛いな……どうせならさ、もっと転落してみるとか、どう?」
(う~ん……もっとがんばらないと……)

  • 良い成績
  • 1位
「スゲェ、やったじゃん。」
「あっ、琉夏くん!」
「1位か・・・・・・やっぱオマエはスゴイ。アタマん中、どうなってんの?」
「どうもなってないよ!今回はがんばったから。」
「そっか、うん。1位か・・・・・・
これで俺の将来も安泰?」
「琉夏くんもがんばってみよう?」
「いいんだ、オマエの1位を見られて、俺は満足だから・・・」
「(もう・・・・・・でも、がんばってよかった!)」


■好き以上

  • 下の方
「○○。」
「あ、ルカ……」
「俺、足引っ張ってるかな?」
「……え?」
「勉強、しろよ。ホントはさ、アタマいいんだから。」
「…………」
「俺、邪魔しないようにする。手伝ってもいいから。 な?」
(勉強、もっとがんばらなくちゃ…… )

  • 普通
「そっか……」
「あ、琉夏くん。」
「オマエさ、子供の頃、もっとアタマ良かった気がする。」
「えぇと……そうだっけ。」
「うん。まあ、今のオマエは今のオマエだから。
 それでいいのかもしれない。」
(う~ん……琉夏くんの言う通りかも。
 よし、次はもっとがんばらないと!)

  • 良い成績
「○○。」
「あ、琉夏くん。」
「やるね?」
「うん、それなりにね?」
「そっか。じゃあ、俺も勉強しよっかな?」
「2人して、秀才カップルって感じになるの、どう?」
(琉夏くん……)

  • 1位
「○○。」
「あ、琉夏くん。」
「1位だな?」
「うん。地道にがんばってよかった。」
「そうだな。スゲェ、カッコいい。でも・・・・・・
 なんだか眩しくて、遠くに行っちゃった感じ」
「そんなことないけど、琉夏くんも、もっとがんばってみよう?」
「なるほど、そうかもな・・・・・・俺がそっちに行けばいい。」
「うん、そうだよ。」
「とりあえず、みんなに自慢して来よ!」
「(琉夏くん・・・)」






更新日時: 2013/03/11 18:12:09
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ