※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


文化祭会話

  • 1年目
「……」
「(どうしたんだろう。すごい勢いで行っちゃった……)」
女子A「あれっ?聖司様、こっちに来たと思ったんだけどなぁ。」
女子B「ホントにはば学だったんだ。なんかショック~」
女子A「ピアノやめたわけじゃないって!だって、あんなに才能あるのに……」
女子B「でもさぁ、最近全然見ないしぃ~。」
「(他の学校の人みたい。設楽先輩、有名人なんだな……)」

  • 2年目
「聖司先輩。」
「……でかい声で呼ぶな。誰に聞かれるかわからないだろ。」
「はぁ、すみません。」
「見つかると面倒なんだよ。中学の同級生とか後輩とか。」
「中学?」
「……音大付属中。さっきからあそこの制服よく見かけるから。」
「そういえば去年、聖司先輩を捜してる子、見たかも。聖司”様”って……」
「ああ、そっちは、シタラーズだ。」
「……シタラーズ?」
「昔通ってた音楽教室のヤツらが勝手に作ってたんだ。俺の行く先どこにでもついてきて……」
「(……ようするにファンクラブだよね。有名人も大変だ……)」

出展

クラス出展

【1年目・メイド喫茶】

■友好
「なんだ、ここ……」
「いらっしゃいませ!あっ……設楽先輩。」
「おまえ、なんだその格好。」
「クラスのみんなで揃えたんです。どうですか?」
「まぁ、メイドだな。普通の。」
「普通……
 あっ、1名様ご案内です!」

■好き以上
「紅茶とサンドイッチ、お待たせしました。
 (ふぅ……こんなにお客が来るなんて想像してなかった……)」
「おまえ、何やってんだ……その格好。」
「あっ、聖司先輩!いらっしゃいませ。」
「メイド……」
「ふふ、どうですか?」
「うちで働け。」
「えっ?」
「……なんでもない。客だぞ、さっさと案内しろ。」
「はい!こちらのお席へどうぞ。」

  • 成功
「おい、○○」
「はい。お味はどうでした?」
「茶葉は安物だけど、淹れ方がいい。やるじゃないか。」
「ありがとうございます!」
「それと……その服。」
「はい。なんですか?」
「……やっぱりなんでもない。じゃぁな、美味かった。」

  • 失敗
「○○。」
「はい!えっと……どうでした?」
「これ、出がらしじゃないだろうな。やけに薄いぞ。」
「えっ、蒸らし方が足りなかったのかな……」
「ま、こんなもんか。期待しないで正解だった。」
「(うう……大失敗……)」

【2年目・お化け屋敷】

■友好
「お化け屋敷でーす。怖いですよ~!
(ふぅ、客寄せって、大変……)」
――(設楽登場)
「あ、設楽先輩。」
「なんだよ。」
「お化け屋敷、入りませんか?」
「嫌だ。」
「はい!お客様一名、ご案内お願いしまーす!」
「おまえ……人の話を聞け!」

■好き以上
「お化け屋敷でーす。怖いですよ~!
(ふぅ、客寄せって、大変……)」
――(設楽登場)
「○○。」
「あ、設楽先輩。お化け屋敷、入りませんか?」
「なんで俺が……どうせ、くだらないんだろ?」
「それは見てのお楽しみです。」
「ふぅん……じゃあ入る。つまらなかったら、覚えてろよ?」
「う……お、お客様一名、ご案内お願いしまーす!」

  • 成功
「なんだ、つまらない。」
「あ、設楽先輩。」
「井戸で幽霊が、皿が一枚多いって言ってたぞ。めちゃくちゃだ。」
「あの……面白くありませんでした?」
「面白かったからつまらないんだよ。文句言ってやろうと思ったのに……」
「(成功ってことだよね?やった!)」
  • 失敗
「…………」
「あれ?設楽先輩、どうして入り口から?」
「これ以上は時間がもったいないから、帰る。」
「というと……」
「お化けが飛び出して来たから睨んでやったら、スゴスゴ引き返して行った。」
「(うぅ……大失敗みたい)」


吹奏楽部

【1年目・クラシック】

■好き以上
「○○。」
「聖司先輩!?どうしてここに?」
「いたら悪いのか?俺だって励ますくらいするよ。」
「き、緊張してきた……」
「バーカ、気楽に行け、気楽に。おまえ一人でやるわけじゃないだろ。」
「はい……」
「ここで聞いてる。まぁ、がんばれ。」
「(聖司先輩の前でクラシック……よし、がんばろう!)」

  • 成功
「あ、聖司先輩……わたしの演奏、どうでしたか?」
「よかったんじゃないか?」
「ホントですか?」
「なんだよ、俺がいいって言ったらいいんだ。何度も言わせるな。」
「(やった!聖司先輩にほめられた!)」

  • 失敗
「あ、聖司先輩……」
「…………」
「うぅ……」
「何も言わなくてもわかるよな?」
「(うう……もっと練習しておけばよかった……)」

【2年目・ゲームミュージック】

■好き以上
「○○。」
「聖司先輩、来てくれたんですね!」
「まぁ、ついでだ、ついで。」
「あ、もう出なきゃ……行ってきます!」
「ああ。あまり力入れすぎるなよ。楽しんで来い。」
「(よーし、がんばるぞ!)」

  • 成功
「(よかった!大成功!)
 あ、聖司先輩。どうでした?」
「まあまあだな。」
「まあまあ……どっちですか?」
「良かった。でもミスは多いし、アレンジだって和声の間違いがいくつかあったぞ。
 まあ客は喜んでたし、俺も楽しかった。要するに、いい演奏だった。」
「(やった!聖司先輩にほめられた!)」
  • 失敗
「(ハァ……大失敗……)
 あ、聖司先輩。その……どうでした?」
「背伸びしすぎだ。そもそも弾けないアレンジにしてどうする。」
「はい……」
「本番でアレじゃ意味ないな。」
「(うう……もっと練習しておけばよかった……)」

【3年目・サード・ストーリー】

■好き以上
「(今年の演目は”サード・ストーリー”。会場は満員みたい……)」
「〇〇。」
「あっ、聖司さん。聞いてくれるんですか?」
「ああ、一応おまえの最後の文化祭の演奏だからな。それよりこの楽譜……」
「あ、わたしたちの曲。」
「おまえたちの、って。どうせ数学教師が手伝ったんだろ?」
「いえ、氷室先生はタッチしてません。みんなで作りました。」
「ほんとか?……やるな。」
「あ、行かなきゃ。」
「落ち着いて、下級生の手本になれ。曲は悪くないぞ、あとはうまく演奏すればそれでいい。」
「(それが難しいのに……でも曲はほめてくれた!よし、がんばろう!)」

  • 成功
「(よかった!大成功!)」
「お疲れさま、よくやったな。」
「ありがとうございます。ふふ、聖司さんがそんなに素直にほめてくれたの、はじめてかも。」
「これで最後かもな。」
「もう!」
「そうなりたくなかったら、これからも努力しろ……これまでの3年間みたいにな。」
「(聖司さん……高校最後のステージ、上手くいってよかった……!)」

美術部

【1年目・デッサン展】

■友好
(今年はデッサン展。たくさんの人に見て欲しいな)
「美術部か……」
「あ、設楽先輩。」
「おまえも何か描いたのか?」
「はい。見ていってください!」
「しょうがないな……暇つぶしに見てやる。」
「ふふっ、ありがとうございます。」
■好き以上
「(今年はデッサン展。たくさんの人に見て欲しいな)」
「美術部はここか……」
「?」
「あ、聖司先輩。」
「見に来てやったぞ。」
「わぁ、ありがとうございます!」
「下手くそだったら指さして大笑いしてやる。」
「う……どうぞ、こちらへ……」

  • 成功
「…………」
「あの……どうですか?」
「意外にやるな。」
「やった!」
「線に迷いがなくていい。本格的に勉強してみたらどうだ?」
「(ふふ、聖司先輩にほめられた!)」

  • 失敗
「ひとつ忠告してやる。」
「えっ、なんでしょう……」
「文化祭とはいえ、展示に未完成品を出すな。あれは途中なんだろ?もちろんそうだよな?」
「(うう、もっと丁寧に描けばよかった……)」

【2年目・油絵展】

■友好
■好き以上
  • 成功
  • 失敗

【3年目・壁画展】

■友好
(今年はみんなで作った壁画展示。お客さんもたくさん来てくれてる!)
「○○。」
「あ、聖司先輩。」
「わざわざ来たついでだ。なんか話題になってるし、おまえのとこも見てやる。」
「はい、ありがとうございます。」
「ふぅん、壁画か……」
「ごゆっくりどうぞ。」
■好き以上
  • 成功
「……聖司先輩。どうですか?」
「いいな、あれ。」
「わぁ、ホントですか。」
「おまえだけを褒めたわけじゃないぞ。美術部全員をだ。」
「もちろん! みんなで描きましたから。ありがとうございます!」
「でも……そうだな、あの教会は特によかった。」
「あ、わたしが描いたところ……」
「ああ、そうだったか? へぇ……」
(もう……でもやった!聖司先輩にほめられた!)
  • 失敗
「……聖司先輩。どうですか?」
「誰かが足を引っ張ってるな。」
「えっ……」
「力作だとは思うけどところどころ確実に手を抜いてる。あの端のあたりは特に。」
「う……わたしの担当です。」
「知ってるよ。だから言ってるんだ。もったいない。」
(うう、もっとがんばって描けばよかった)

生徒会

【1年目・雑用】

■友好
「案内ポスターの掲示、終わりました!」
「(雑用って予想以上に大変かも……)」
「誰かいるか?」
「あっ、聖司先輩。」
「なんだ、おまえここの係だったのか。」
「氷室先生に差し入れ届けるよう頼まれた。受け取れ。」
「差し入れって……手ぶらに見えますけど。」
「量が多いから職員室に置いてあるんだよ。運ぶの手伝え。」
「あ、はい!」

■好き以上
「案内ポスターの掲示、終わりました!」
「(雑用って予想以上に大変かも……)」
「○○、いるか。」
「あっ、聖司先輩。」
「……助かった。」
「?」
「氷室先生から差し入れだ。ここに運ぶから手伝え。……手伝ってくれ。」
「ふふっ、はい!」

  • 成功
「ふぅ……これで全部ですか?」
「ああ、助かった。その……悪いな。力仕事までさせて。」
「いえ、これくらいならわたしでも運べますから。」
「おまえに頼むのが一番早いと思ったんだ。俺は正しかったな。」
「(やった!聖司先輩にほめられた!)」

  • 失敗
「ふぅ……これで全部ですか?」
「ああ、そうだ。おまえが廊下にぶちまけた、その箱で最後だ。」
「うっ……」
「一応言っとく。手伝ってくれてありがとう。余計時間かかったけど。」
「(ハァ……大失敗……)」

【2年目・資材担当】

■友好
■好き以上
「はい、飾付け用の花はそっちのダンボール箱です!」
「(ふぅ……資材担当って、こんなに大変なんだ……)」
「○○。」
「聖司さん?何かご用ですか?」
「差し入れだ、飲め。」
「ジュース?わぁ、ありがとうございます!」
「そのかわりっていうわけじゃないけど、休ませてくれ。騒がしくて疲れた。」
「はい、大丈夫です。……サボりじゃないですよね?」
「さあな?」
「あっ……」
「(男子生徒)すんませーん。角材の長いやつ、余ってないっすかー?」
「あ、はーい。今すぐ確認しまーす!」
「はぁ……大迫先生が追いかけて来たのかと思った……」

  • 成功
「これで大丈夫ですか?」
「(男子生徒)これこれ、助かった!サンキュー!」
「どういたしまして。」
「ずいぶん手際がいいな。」
「そうですか?」
「ああ、プロみたいだ。」
「(……プロ?でも聖司さんにほめられちゃった!)」

  • 失敗
「これで大丈夫ですか?」
「(男子生徒)ああ、うん。ようやく出てきた……もっと早くしてくれよ!」
「はあ……」
「……おい。」
「あっ聖司さん。すみません、手伝わせちゃって……」
「まったくだ。休みに来たってのに余計疲れた。」
「ハァ……大失敗……」


【3年目・フロア担当】

■友好

■好き以上
「このジュースとお菓子、迷子センターに運んでね。あ、それは廊下に並べて--」
「(ふぅ、フロア担当ってすることが多くて大変……)」
「〇〇。」
「聖司さん。どうかしましたか?」
「携帯電話、ここに届いてないか?」
「えっ、誰のですか?」
「俺のだよ。どこかで落としたらしい。」
「えっ、大変!すぐに調べてみます!」
「悪いな、忙しいのに。」
「ふふ、これも仕事ですから。」
「たまに持ち歩くとこれだ。だから携帯電話なんて嫌いなんだ……」

  • 成功
「聖司さん、見つかりました!」
「早いな。」
「わたしの携帯からかけたら、拾った人が出てくれたんです。」
「ああ、そうか……なるほど。」
「いい人が拾ってくれてよかったですね。」
「ああ。それとおまえの機転のおかげだな。頼んでよかった。」
「(やった!聖司さんにほめられた!)」

  • 失敗
「どこにも届けられていない。どうしよう……」
「……おい、おまえの電話から俺の電話にかければいいんじゃないか?誰か拾うかもしれないぞ。」
「……あっ!」
「それくらい思いつくだろ、普通……」
「(ううっ……大失敗……)」


手芸部

【1年目・カジュアル服】

■友好
「なんだこれ。ファッションショー?」
「設楽先輩?なんでここに・・・」
「○○。・・・迷ったんだよ、悪かったな。」
「あ、もう始まっちゃう。」
「ふぅん……せっかくだから見ていくか。」

■好き以上
「○○。」
「聖司先輩?なんでここに……」
「おまえを激励しに。」
「え、嘘!?」
「……なんだその態度。気が変わった。転べ。いーや、絶対に転ぶ!」
「(最初からこれを言いに来たんだな……もう!)」
「あ、もう始まる。」
「ほら、行って来い。その服、まあまあ似合ってるぞ。」
「(聖司先輩……よーし、がんばろう!)」

  • 成功
「あ……どうでしたか?」
「いつものおまえだったな。」
「えっと、それはどういう・・・」
「自然体で良かったってことだ。その服だって、そういうコンセプトなんだろ?」
「(やった!設楽先輩にほめられた!)」

  • 失敗
「(うう、転んじゃった……)」
「何かやらかしそうだと思ってたけど……」
「あ……聖司先輩……」
「ちゃんと段取り覚えてなかったんだろ。きょろきょろしてた。」
「う……」
「図星だな。あんな危なっかしい動きしてたら、転ぶに決まってる。」
「(ハァ……大失敗……)」

【2年目・パーティードレス】

■好き以上
「○○。」
「あっ、聖司先輩。」
「へぇ、パーティードレスか。」
「ふふ、どうですか?」
「そのままパーティーに出たら目立ちそうだな。その、いい意味で。」
「あっ、もう行かなきゃ……」
「ここで見てる。まぁ、リラックスしていけ。」
「(聖司先輩が応援……よし、がんばろう!)」

  • 成功
「へぇ……ちょっと見直した。」
「聖司先輩、どうでした?」
「堂々としてたな。もっとふんぞり返ってもよかったと思うけど。」
「ふんぞり……ですか?」
「自分が一番だと思っていいってことだよ。」
「(やった!聖司先輩にほめられた!)」

  • 失敗
「(うう・・・転んじゃった)」
「無様だな。」
「うっ……聖司先輩……。」
「勉強になっただろ。衣装を着てステージに立つと、ただ歩くのも難しいんだ。
 練習不足のおまえは、それを知らなかったんだな。」
「(ハァ……大失敗・・・)」

【3年目・ウェディングドレス】

■好き以上
「○○。」
「あっ、聖司先輩。」
「あ……」
「?」
「おまえ、そんな格好で舞台に出るのか?ていうかなんでそんな格好してるんだよ。」
「(そんな格好って……)」
「あっ、そろそろ……わたし、行きますね。」
「タキシード着てくれば一緒に出られたかな……」
「えっ?」
「……何でもない。とっとと行って戻って来い。もったいないから。」
「(変な聖司先輩……よし、最後のステージ、がんばろう!)」

  • 成功
「やったな。」
「はい!ありがとうございます。」
「じゃあ、さっさと着替えて来い。」
「えっ?」
「もったいないから、早くしまっとけ。」
「えーと、ウェディングドレスがもったいないんですか?」
「何言ってんだ、おまえがだよ。
 ・・・いいから早く着替えろ。その、風邪引きそうな格好だからな。」
「(聖司先輩、気に入ってくれたみたい?がんばってよかった!)」

  • 失敗
「(うう、転んじゃった……)」
「あーあ。」
「聖司先輩……」
「まぁ、怪我がなくてよかった。成功は本番までとっておくんだな。」
「(ハァ……大失敗……)」




学園演劇

【主役】

設楽「……さっきから挙動不審だぞ、おまえ。落ち着け。」
○○「だって、緊張して・・・」
設楽「そんなの気のせいだから心配するな。」
○○「そんなぁ……
   ……そっか。聖司先輩は舞台に慣れてるんですね。」
設楽「……まあな。」
○○「…………」
設楽「……あまり寄るな。緊張が伝染する。」
○○「(……緊張してるのかも。)」
放送「これより、はばたき学園 学園演劇を開演いたします。」
設楽「行くぞ。トチってもフォローしないからな。」
○○「プレッシャーかけないでください~」
――
設楽「あなたは自分の道を見つけて、ちゃんと行く先を知っているのですね。」
○○「あたしは女優の道を、あなたは作家の道を。あたしたちは才能という渦巻きの中へ巻き込まれたのよ!」
設楽「それなら愛はどうなります?あなたを愛するこの思いはどこへ行けば良いのでしょう?」
○○「恋愛はそれだけが目的になったらつまらないわ。でも、才能は違うの。一途でいなくちゃいけないの!」
設楽「…………」
○○「さよなら、あたしの愛した人。あたしにはもう、女優の道しか見えな……」
設楽「ちょっと待て。」
○○「……え?
   (あれ?ここは『行くな!』ってすがってくるはずじゃ・・・)」
設楽「あなたが、そして私が才能に一途に生きたとして・・・」
○○「(セ、セリフも違う!聖司先輩~・・・)」
設楽「行き着く先が行き止まりだったらどうするのです?」
○○「えっ・・・」
(タッチ)「いいから、黙って聞いてろ。」
設楽「才能に見放され、他に何も持たず、それ以上進むことも引き返すこともできない。
   才能に一途に、なんて……それがどれだけ危険な賭けか、あなたは本当に理解しているのですか?」
○○「それは……
   (どうしよう、振り切って逃げなきゃいけないのに、これじゃ・・・)」
(タッチ)○○「あの・・・聖司先輩?」 設楽「……・・・」
設楽「……いい、行けよ。」
○○「聖司先輩……じゃない、あなた……」
設楽「さようなら、私の愛した人。私たちの行く先は、いつからこんなに違ってしまったのでしょうか?」
――
設楽「……あー、やっと終わった。」
○○「はぁ、びっくりした。聖司先輩、途中でお芝居変えちゃうから……」
設楽「あの脚本、ご都合主義すぎて練習の時から気に食わなかったんだ。」
○○「だからって……変えるならせめて練習の時に変えてくれれば……」
設楽「一番気に食わないのは、おまえの台詞だ。
   才能を殺すなとか、才能が浮かばれないとか……いちいち痛いんだよ。」
○○「そんなこと言われても、脚本通りだし……」
設楽「いい演技だったって、誉めてやってんだろ。素直に喜んどけ。」
○○「……はぁ、ありがとうございます。」
設楽「ふん。」
○○「(……誉めてたかな?)」

【裏方】

設楽「○○。」
○○「あ、聖司先輩。お疲れ様です。」
設楽「……本当に疲れた。」
○○「でも、なんとか間に合ったじゃないですか。」
設楽「当たり前だ。これで間に合わなかったら、誰に文句言えばいいんだよ。」
○○「(文句は言わなくてもいいと思うけど……)」
放送「これより、はばたき学園 学園演劇を開演いたします。」
○○「あっ、始まりますよ。」
設楽「幕でも落ちれば面白いのに。」
○○「……面白くないです。」
――
作家「あなたは自分の道を見つけて、ちゃんと行く先を知っているのですね。」
女優「あたしは女優の道を、あなたは作家の道を。あたしたちは才能という渦巻きの中へ巻き込まれたのよ!」
作家「それなら愛はどうなります?あなたを愛するこの思いはどこへ行けば良いのでしょう?」
女優「恋愛はそれだけが目的になったらつまらないわ。でも、才能は違うの。一途でいなくちゃいけないの!」
――
設楽「……何度見ても嫌な劇だな。」
○○「そうですか?」
設楽「そうだよ。才能才能って軽々しく言いやがって。
   何が才能に一途に、だ。知らない奴ほど簡単に言う。」
○○「聖司先輩……
   あの、主役に推薦されてたって聞きましたけど……」
設楽「あんな名前も知らない女に好き放題言われる上に振られる役なんて、誰がやるか。」
○○「(才能とは関係ないような……)」
設楽「……まぁ、おまえが相手なら やってやっても良かったかな。」
○○「そうですか?ふふ、わたしもやりたかったな、聖司先輩を振る役。」
設楽「へぇ?
   じゃあ望み通りに相手をしてやる。さあやってみろ。今すぐ、ほら。」
○○「(うぅ、冗談なのに……)」




更新日時: 2017/02/01 04:01:53
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ