※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■花屋アンネリー

  • 普通以下
「よう。」
「あ、琥一くん!?」
「働いてんじゃねぇか。」
「まあね。琉夏くんなら、配達に行ってるよ?」
「あ?おぉ、そうかよ。」
ーーー
「じゃ、そろそろ行くわ。」
「あれ、琉夏くんに用じゃなかったの?」
「いや? じゃあよ。」
「(もしかして、応援に来てくれたのかな?)」
  • 友好
「よう。やってんな。」
「あ、いらっしゃい。琉夏くんなら奥でブーケ作ってるよ?」
「そうか。」
「呼んでこようか?」
「あ? いや、ほっとけ。」
「そう?」
「花ねぇ……そんなにおもしれぇのか?」
「うん、大変だけど、楽しいよ? 育ててみれば?」
「俺がか? やなこった、メンドクセー。」
「そっか。」
ーーー
「じゃ、行くわ。」
「(琥一くん、もしかして、お花に興味があるのかな?)」
  • 好き以上
「…………」
「あ、琥一くん、いらっしゃい! 琉夏くん呼ぶ?」
「馬鹿、呼ぶな。」
「……どうかした?」
「どうもしねぇ。俺が花屋に来ちゃいけねぇのかよ?」
「そんなことないけど……お花、買うの?」
「あ? いや俺は……」
「?」
「それ、よこせ。一番、安いやつ。」
ーーー
「ありがとうございました!」
「おい……ルカには、黙ってろ?」
「うん、いいけど。」
「じゃあよ。」
「(琥一くん、照れてるのかな?)」

■スタリオン石油

バイト開始

普通以下

「あ?なにやってんだオマエ。」
「あれ、コウくん!?コウくんもここでバイト?」
「”も”って、じゃ、新人てのは・・・・・・」
「うん、わたしだよ。よろしくね?」
「てっきり活きのいいヤローが来るもんかと――ハァ・・・・・・」
「・・・・・・なに?女だって力仕事もやるよ?」
「へぇへぇ・・・・・・せいぜい頼むわ。」
「はい!」

友好

「よう。店長がオマエの面倒みろってよ。」
「あ、コウくん!同じシフトだったんだね。よろしくね!」
「ま、そう力むな。テキトーに行こうぜ。」
「むっ・・・・・・一生懸命やります!」
「メンドクセーなオイ・・・・・・そんじゃ、まず給油ノズルの使い方だ。来い。」
「はい!」

好き以上

「あ、コウくん!今日からよろしくね。」
「よろしくってオマエ・・・・・・ マジでやんのか?キツイぞ、ここ。」
「・・・・・・やっぱり?」
「まあ、余所に比べりゃ、いろいろ危ねぇ。水仕事も力仕事も多いしよ。・・・・・・大丈夫か?」
「う、うん・・・・・・がんばる。」
「よし。じゃあ、がんばれ。」
「いろいろ教えてやる。とりあえず、上で着替えて来い。」
「はい!」
---
「・・・・・・・・・」
「お待たせ!制服着ると、やっぱり身が引き締まるね?」
「おぅ・・・・・・」
「・・・・・・似合わない?」
「いや、悪かねぇぞ・・・・・・」

バイト先会話一回目

失敗

  • 友好
「オーライ、オーライ! はぁい、ストップです!
 レギュラー満タンでよろしいですか?」
「お姉ちゃん、これディーゼルだよ?」
「あっ!」
「スンマセン! 軽油こっちです。オーライ!」
(失敗しちゃった……)
  • 好き以上
○○「ありがとうございました!」
○○(ハァ……今日は忙しいな……)
運転手「こっちまだ?」
○○「あっ、すいません!」
琥一「代わるぞ。疲れてんなら、上行ってろ。」
○○「ゴメン……」
琥一「はい、オーライ!」
○○(失敗しちゃった……)

成功

  • 友好
「はい、こちらお釣りになります。ありがとうございましたぁ!」
「おぅ、レジ打ちも慣れたみてぇだな。」
「うん、まだちょっとまごまごしちゃうけど。もっと慣れなきゃね?」
「よし。俺の番も譲ってやる。慣れろ。」
「…………」
(よし、この調子でがんばろう!)
  • 好き以上
「灯油20リットル・・・・・・よし、ピッタリ。」
「おっ!? 重いっ……」
「オイオイ危ねぇな。一旦そこ置け。」
「琥一くん。」
「オマエが働きモンなのはわかってるけどな? アブねぇもんはアブねぇ。貸せ。」
「ありがとう、琥一くん。」
「おう。」
(琥一くんに助けてもらっちゃった)

大成功

  • 友好
「会員カードとおつりのお返しです!ありがとうございました!」
「いつも笑顔でいいね!がんばって!」
(ほめられちゃった!)
「へぇ……」
「あ、琥一くん!」
「どんな笑顔だ、やってみろ。」
「こんな感じ!」
「なるほどな? 俺も見習うか。」
(えっ!? ……でも、よし! これからもがんばろう!)
  • 好き以上

バイト先会話二回目

失敗

  • 友好
「ありがとうございましたぁ!」
(ふう……なんとか無事に誘導できた。緊張したぁ……)
「おい!」
「行っちまった。」
「どうしたの、琥一くん?」
「オマエな……今の客、会員カード返し忘れてんだろ。」
「あっ!!やっちゃった……」
「慣れねぇことはいいからよ、奥、頼むぜ。」
(失敗しちゃった……次から気をつけないと)
  • 好き以上
「ありがとうございましたぁ!」
(ふう……なんとか無事に誘導できた。緊張したぁ……)
「待て、おい!」
「えっ、なに!?」
「行っちまったか。今の客、会員カード返してねぇだろ。」
「あっ!!どうしよう……」
「いいか?カードにIDがあるから、まずそれで電話調べろ。あとで連絡だ。」
「うん、わかった。」
「よし。凹むなコラ。」
(失敗しちゃった……次から気をつけないと)

成功

  • 友好
「洗車とワックス終わりました!チェックお願いします!」
「…………よし、オッケー。」
「本当に?よかった……」
「ドア裏の水もキッチリ切れてるし、窓もムラなく磨けてる。オッケーだ。」
「やった!」
「あとはスピードだ。まだまだ、俺には及ばねぇな?」
(よーし。次はもっと早く丁寧にやろうっと!)
  • 好き以上
客「別にいいだろ?細けぇこと言うなよ、ネェちゃんよぉ!」
○○「すみません、でも、法律で決まってますので――」」
???「どした?」
○○「あ、琥一くん。こちらのお客様がガソリンをポリタンクに入れてくれって……」
琥一「ワリィけどさ、ウチはそういうのやってねぇんだ。」
運転手「な、なんだよ……こっちは、客だぞ?」
琥一「だからこうやって下手に出てんだろうが、あ?」
運転手「サ、サービスがなってないなぁ!」
琥一「よし……よく断ったな。」
○○「ありがとう、どうなるかと思ったよ……」
琥一「女のバイト狙って、無茶言うバカがいんだよ。そういう時はすぐ呼べ?いいな?」
○○(琥一くんに助けてもらっちゃった。ちょっと嬉しいな)

大成功

  • 友好
○○「いらっしゃいませ!こちらのお車、ディーゼルですね?」
運転手「お、よく知ってるね。じゃ、満タンで。」
○○「かしこまりました!軽油満タン入ります!」

琥一「よく知ってたな。あの車種でディーゼル、逆輸入だけだろ?」
○○「うん、前に来店した時、軽油入れてたの憶えてたから。」
琥一「おぉ、なるほどな。たいしたんもんだ。」
○○(琥一くんにほめられちゃった。勉強した甲斐あった!)
  • 好き以上
「オイル交換、終わりました!」
「ボルト閉めたか?」
「オッケーです! ワッシャーも新品に交換しました!」
「すっかり一人前じゃねぇか。」
「そうかな? やった!」
「あとはやっとく。」
「大丈夫、最後までやるよ。」
「鼻のアタマ、オイルついてんぞ。顔洗って来い。一応、女なんだからよ。」
「!! じゃあ、ちょっと行って来る……」
「まあ、そういうのもオマエらしくて悪かねぇけどな。」
「(琥一くんにほめられちゃった……嬉しいな)」

バイト先会話三回目

失敗

  • 友好
運転手「そんなワケないって!ちゃんと調べてよ。」
○○「はい、でも……」
???「どした?」
○○「あ、琥一くん。お客さんが給油量がおかしいって……」
琥一「前の客に給油した時、ゼロリセット忘れてねぇか?」
○○「あ!?そうだったかも……」
琥一「伝票で前の給油量確認してくる。オマエは客に謝っとけ。」

琥一「スンマセンでした!」
○○「ゴメン……」
琥一「アタマ下げる相手が違うだろうが。しっかりしろ。」
○○(ハァ……失敗しちゃった……)
  • 好き以上
(ハァ……失敗しちゃった)
「コラ。なに、しおれてやがんだ。」
「琥一くん……10リッター分って言われたのに、満タンで給油しちゃって……」
「たまにミスんのはしかたねぇ。人間なんだからよ。」
「でも、お店の損になっちゃったし……」
「だったらよ、なおさらニコニコしてろ。」
「知らねぇのか?オマエの顔見たくて来る常連、多いんだぞ?」
(琥一くん、なぐさめてくれる……しっかりしないと!)

成功

  • 友好
「琥一くん、点検お疲れさま。蒸しタオルどう?」
「おう、悪ぃ。」
「そういや……蒸しタオルのサービス、オマエが提案したんだってな。」
「うん。お客様がほっとするサービス、できないかなって。」
「悪かねぇな。眠気覚ましにもなる。」
「ウチはガサツなヤローばっかだ。オマエじゃなきゃ、思いつかねぇな。」
(琥一くんにほめられちゃった。嬉しいな)
  • 好き以上
運転手「ありがとう!また来るよv」
○○「ありがとうございました!またのお越しをお待ちしております!!」
琥一「すっかりうちの店の看板だな。」
○○「そんなことないよ。」
琥一「ケンソンすんな。店長もオマエのことベタ褒めしてたぞ。」
琥一「オマエのシフトの日は売上も良いってな。」
琥一「俺も最近、オマエの声聞かねぇと仕事してる気しねぇしな。」
○○(琥一くんにほめられちゃった……これからもがんばろう!)

大成功

  • 友好
「いらっしゃいませ!窓お拭きします!」
「お客様、そろそろ車検が切れるようですが、ご予約はお済みですか?」

「よく見てたな。車検ステッカーまで。」
「今期、厳しいみたいだし。ノルマ達成に貢献しなきゃ!」
「社員みてぇだぞ?店長に聞かせたら、泣いちまうな。」
「さて、店が潰れねぇように、俺もちったぁ、オマエを見習わねぇとな?」
(これからもがんばっていこう!!)
  • 好き以上
「オーライ、オーライ! はい、結構です! レギュラー満タンですね?
 あっ、お客様! 念のため空気圧計らせていただいてよろしいでしょうか!?」
ーーー
「オツカレ。よく気付いたな、○○。」
「だいぶタイヤがへこんでたから……言ってみてよかった。」
「タイヤのコード切れも始まってた。あのまま走ってたらヤバかったかもな。」
「うん、事故にならなくて本当によかった……」
「オマエが防いだんだ。胸張っていいぜ。」
「普通に仕事しただけだよ。」
「おう。ホントにそうだな……キツイ仕事でも、キッチリやると、面白くなってくる。」
「うん、本当にそうだね……」
「俺は、オマエから教わったんだ。」
「(よーし! これからもがんばっていこう!!)」

■はばたきプール

  • 普通以下
「ん? あ、琥一くん!」
「おぉ、やっぱりオマエか。なになってんだ?」
「バイトの帰りだよ。ここのプールの監視員。琥一くんもバイト帰り?」
「まあな。こっちは汚れ仕事だ。水着でチャラチャラってワケにはいかねーけどな。」
「水着でチャラチャラ…あのね、監視員って、大変なんだよ?」
「そんなもんか? そんじゃよ。」
「(あの態度……)」
  • 友好
「(ハァ〜疲れた……今日もよく働いたな)あの音は……あ、琥一くん!」
「チンタラ歩いてやがんな、バイト帰りか?」
「そうだよ。琥一くんもバイト帰り?」
「まあ、そんなとこだ。」
「あれ? ヘルメットがもう1つ……琉夏くんのお迎え?」
「これか? いや、これはオマエ……たまたまだ。」
「……?」
「せっかくだからよ……乗ってけ。」
「(もしかして琥一くん、迎えに来てくれた?)」
  • 好き以上
「(笛の音)はい、そこのキミ!!走らないでください!!」
「やってんな。」
「あ、コウくん。泳ぎに来たの?」
「まあ、そんなとこだ・・・・・・」
「1人で?」
「・・・・・・なんだ、悪ぃのか?」
「ううん、そうじゃないけど・・・・・・」
「ところで、オマエよ。いつもその格好か。その、水着か?」
「うん。そうだよ?」
「そんなんでオマエ、妙なヤローにちょっかい出されたりしねぇか?」
「まあ・・・・・・ときどきはね。」
「なんだと? いや--
 ほら、あそこだ。あそこのベンチで寝てるからよ。いざって時は、呼べ。」
「ありがとう。でも、大丈夫だよ?」
「万が一ってことがあんだよ。監視員だってよ、万一のためだろうが。」
「それは、まあそうだけど・・・・・・」
「よし。なんかあったら、呼べ。」
「(コウくんって、すごく心配性?)」

■コンビニエンスハロゲン

  • 普通以下
「お待たせしました、次の方どうぞ……あ、琥一くん!」
「おう、バイトか。ご苦労。」
「いらっしゃいませ! コンビーフ、ビーフジャーキーに……わ、おつまみばっかり!」
「夕飯だ。」
「えぇ!? 栄養偏っちゃうよ?」
「いいんだ、これで。ほら、丁度だ。じゃあよ。」
「ありがとうございましたー!(どんな食生活だろ……)」
  • 友好
「ありがとうございましたー!次の方どうぞ……」
「おぅ、バイト。」
「あ、琥一くん!いらっしゃいませ!」
「働いてんな?」
「まあね。お買いもの?」
「ちょっと聞くけどよ、”ガッチリビシッと超ホールド力”ってヘアグロスねぇか?」
「あぁ、それは只今品切れ中です。」
「チッ、なんだよ。」
「”バッチリ長持ちスーパーセット力”じゃダメ?」
「ダメだ。”ガッチリビシッと”じゃねぇと。」
「”バッチリ長持ち”も人気だよ?」
「気合いの入り方が違うんだよ。しょうがねぇ、また来るか。」
「じゃあ、注文票に入れとくね?えぇと……」
「”ガッチリビシッと”だ。忘れんな?」
「はい!ありがとうございましたー!(ポリシーだね、きっと……)」
  • 好き以上
「(ハァ……ピンチヒッターで遅番引き受けちゃった……)お待たせしましたー! 次の方、あ、琥一くん!」
「○○。こんな時間までバイトか?」
「うん、今日はちょっとね?」
「そうか。あと、どれくらいだ?」
「もう1時間であがるよ。はい、丁度お預かりします。ありがとうございました!」
「おう、がんばれ。」
ーーー
「お疲れ様でした! お先にあがります!(すっかり遅くなっちゃった……)」
「○○。」
「あれ、琥一くん……」
「あぁ……バイクでたまたま、近く通ったからよ……乗れ、送ってく。」
「(琥一くん、ありがとう……)」

■洋菓子アナスタシア

  • 普通以下
「いらっしゃいませ! あ、琥一くん?」
「おう。……なんだ、俺が来ちゃ悪ぃか?」
「そんなことないけど……なにを差し上げましょう?」
「いらね。外からオマエ、見えたから、からかいに寄っただけだ。」
「もう! 冷やかしは帰った帰った!」
「ククッ、じゃあよ。」
「(なにしに来たんだろ?)」
  • 友好
「いらっしゃいませ・・・・・・あ、コウくん!?」
「おう、来たぞ。」
「めずらしいね?」
「近く通ったからよ。脳天気な服着て働いてんな?」
「大きなお世話です。何になさいますか?」
「あぁ・・・・・・じゃぁ、なるべく甘くなくて、安いの一個だ。」
「えぇと・・・じゃあ、こちらのコーヒーゼリーはいかがですか?」
「それだ。友達割引で。」
「そういうサービスはありません!」
――ー
「そろそろ行くわ。じゃぁよ。」
「はい、ありがとうございました!
 (コウくん、様子見に来てくれたんだ・・・)」
  • 好き以上
「あ、コウくん。いらっしゃいませ!今日は何をお求めですか?」
「あぁ・・・・・・いや、まあ、たまには何か買ってやろうと、よ。なんか、くれ。」
「ありがとうございます。どんなのにする?甘くない方がいい?」
「おう、あ、いや。オマエやルカが食って、こりゃウマいってのくれ。」
「そうだな・・・このイチジクのタルトは?コーヒーにも合うし、すっごく美味しいよ?」
「おぉ・・・・・・おう?また甘そうだなオイ・・・・・・」
「じゃあ、他のにしようか・・・」
「いや、それでいい。一個くれ。」
「かしこまりました。少々お待ち下さい。」
「はい、ちょうどいただきます。それにしてもコウくん、どういう風の吹きまわし?」
「まあ、俺もよ、ちったぁこういうモンが分かるようになっとこうかと。」
「そっか。ルカくんとも話が合うようになるね?」
「はぁ?いや、そうじゃねぇだろ・・・・・・」
「?」
「なんでもねぇ。帰るわ。」
「(・・・・・・コウくん?)」

■雑貨屋シモン

  • 普通以下
「いらっしゃいませ−!」
「おい、バイト。」
「あれ、琥一くん!? どうしたの?」
「……なに屋だ、ここ?」
「雑貨屋だよ?」
「なんだか、女モンばっかに見えるぞ。」
「女性用のファッション雑貨が中心だから。」
「ファッション雑貨? はぁ……そんなもんか。じゃあよ。」
「(なにしに来たんだろ……?)」
  • 友好
「いらっしゃいませー!」
「おう、働いてるか?」
「あ、琥一くん!? どうしたの?」
「近所に寄ったからよ、ちっと冷やかしだ。」
「いいけど、他のお客さんの邪魔にならないようにね?」
「わかってんだよ、そんなことは。」
ーーー
「帰るわ。」
「あれ、もういいの?」
「視線が痛ぇつーか、営業妨害になりそうだからよ……」
「(たしかに、ちょっと場違いかも……)」
  • 好き以上
「よう。」
「あ、琥一くん。いらっしゃい! なにかお買い物?」
「いや、近くに寄ったからよ。」
「そっか。ねぇ……なんでヒソヒソ話すの?」
「そりゃオマエ……こんなんがツレだと思われたらクビになるだろうが?」
「まさか、大丈夫だよ?」
「そう言うけどよ、さっきから女客の視線が冷てぇのなんの……」
「ふふっ……それで、今日はなにか探しもの?」
「あ? いや、べつに。」
「そう?」
「まあ……どうしてるかってよ。様子見に寄っただけだ。じゃあよ。」
「(琥一くん、わざわざ会いに来てくれたんだ……)」


更新日時: 2015/05/12 14:23:20
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ