挨拶

■普通以下
「よ。」
「あ、嵐くん。メリークリスマス!」
「うん。」

「今日は別人みたいだ、おまえ。」
「そ、そう?」
「うん。ちょっと大人っぽく見える。」
「ホント?」
「ホント。」

「いろんな食い物があるから、端から食っておかねーと。じゃあな。」
■友好
「よ。」
「あ、嵐くん。メリークリスマス!」
「それ、挨拶みたいに言わないといけないのか?」
「そんなことはないと思うけど……」
「ふーん……なんだかな。」

「あー……そっか、わかった。会場に入って、おまえがすぐ見つかった訳。」
「えっ、なに?」
「いつもよりかキラキラして、見えたからだ。
「わたし?」
「うん。すげぇ似合ってると思う。その服。」
「ありがとう!」

「あ、あっちで呼んでるっぽい。ちょっと行って来る。じゃあな。」
■好き以上
「○○、見つけた。」
「あ、嵐くん。メリークリスマス!」
「うん。楽しんでるか?」
「うん、もちろん!」
「そっか。」

「…………」
「嵐くん、どうかした?」
「おまえのそういうカッコ、見慣れねーせいか……」
「こういうのを見とれるっていうんだろうな。すげー似合ってる。」
「そんなふうに言われると、ちょっと恥ずかしいかも……」
「悪ぃ。ジロジロ見たら失礼だよな?」
「…………」
「(嵐くん……)」

「そろそろ他も回ってくるか……なあ、後でまた来ていいか?」
「あ、うん。」
「じゃ、ちょっと行って来る。また後で。」

■親友状態


プレゼント交換

■普通以下

■友好

■好き以上
「それ、おまえに行ったんだ。」
「嵐くん。と、言うことは……」
「うん、俺の。」
「ホントに?あっ、嵐くんが持ってるのは、わたしのだよ?」
「やっぱそっか。」
「えっ?」
「なんかそんな気がしてた。クリスマスも捨てたもんじゃねーな。」
「ふふ、そうだね!」



プレゼント反応


■大好きなもの
  • 普通以下

  • 友好以上
「どうもな。おまえのだし、うれしいのが倍だ。」
「(やった!バッチリ喜んでもらえたみたい)」

■好きなもの
  • 普通以下

  • 友好以上
「おまえのにセンス、嫌いじゃねーかも。どうもな。」
(よかった、わりと喜んでもらえたみたい?)

■普通
  • 普通以下

  • 友好以上
「えーと……ときどき使うようにはする。どうもな。」
(うーん、あんまり喜んでもらえなかったみたい)

■嫌いなもの
  • 普通以下

  • 友好以上
「おまえのが俺んとこに来たってだけでいいや、今日は。どうもな。」
(うぅ、変なものあげちゃったかな……)


3年目クリスマスイベント(好き以上・好感度一番高い)

○○「パーティーも終わったし、遅くならないうちに帰ろうっと。」
不二山「○○。」
○○「不二山くん。どうしたの?」
不二山「帰るだろ? 送ってく。」
○○「待っててくれた? ひょっとして。」
不二山「まあな。行こう。」
○○「うん。」
ーーー
○○「パーティー、どうだった?」
不二山「メシがうまかった。」
○○「ふふっ、それだけ?」
不二山「んー。興味ねえもん、クリスマスなんて。理事長に世話になったから顔に出したけど。」
○○「そっかぁ……」
不二山「おまえもクリスマスは特別って思ってんのか?」
○○「そう思ってる女の子は多いと思うよ?」
不二山「ふーん……なあ、ちょっと座んねー? 中のベンチ。」
○○「うん、いいよ。」
ーーー
○○「誰もいないね。」
不二山「特別な夜ってのを過ごしてんのかもな。」
○○「ふふ、そうかも。」
不二山「…………」
○○「…………」
○○(雪だ……)
○○(あ……)
不二山「重くねぇ?」
○○「大丈夫。」
不二山「そっか。…………」
不二山「寒くねぇ?」
○○「不二山くんは?」
不二山「あったけぇ。」
不二山「次はおまえが喜ぶこと、してぇな。」
○○「次?」
不二山「うん。俺ばっかじゃ不公平だ。」
不二山「今から考えとけよ。ゆっくりさ。」
○○(不二山くん……)



更新日時: 2013/01/27 21:52:12
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ