バレンタイン

普通以下

「コウくん!」
「あぁ?」
「はい、これ。バレンタインのチョコレート」
  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「おっ? ワリとうまそうじゃねぇか。こんなチョコもあんのかよ。」
「手作りだよ?」
「マジかよ!? 確かに、俺でも喰えそうだ。オマエこれ、店開けんじゃねぇか?」
「(琥一くんによろこんでもらえてよかった)」
  • 上手(属性のみ◎)
「おぉ?オマエ、これ・・・・・・」
「うん、手作りだよ?」
「スゲェな、おい・・・・・・なんだよ、俺でも喰えそうじゃねぇか。もらっとくわ。」
「(コウくん、よろこんでくれたみたい。よかった)」
  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「おっ? へぇ、手作りかよ。」
「ちょっとはりきっちゃった!」
「あ? オマエこれ……なに入れた?」
「どうかした?」
「どうもこうも……まあ、もらっとくわ。」
「(どうしたんだろう。あまりよろこんでなかったような……?)」
  • ミステリアスチョコ
「なんだこりゃ……」
「一応、手作りなんだけど……」
「まあ、そうだろうよ……」
「オマエらしいっちゃ、オマエらしいけどもだな。ハァ……」
「(もう少しちゃんとしたのあげればよかった……)」
  • 高級チョコ
「オマエこれ・・・・・・高ぇやつか?」
「まあね。」
「こんなもん、俺が喰ってもしょうがねーだろ。ルカにやれ。」
「(ちょっと張り切りすぎちゃったかな・・・・・・?)」
  • 義理チョコ
「いらね。ルカにやれ。」
「(ダメか・・・・・・)」

友好

「コウくん!」
「おぉ、なに浮かれてやがんだ?」
「はい、これ。バレンタインのチョコレート。」
  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「おぉ!?なんだこりゃ・・・・・・本格的だな。」
「一応、手作りだよ?」
「マジかよ?オマエ、アレか、ほらなんだ、ショコ・・・・・・ショコラッテか。」
「? ショコラティエ?」
「どーでもいいんだよ。ああ。悪かねぇ。俺でも喰えそうだ。」
「(コウくん、すごくよろこんでくれたみたい。やったね!!)」
  • 上手(属性のみ◎)
「へぇ・・・・・・手作りかよ?”いかにも”だな。」
「やっぱり、わかっちゃう?」
「悪かねぇぞ。それによ、ほら、俺でも喰えそうに出来てんじゃねぇか。
 面倒かけたな?」
「(コウくん、よろこんでくれたみたい。よかった・・・・・・)」
  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「手作りチョコかよ?へぇ、やるじゃねぇか。」
「まあね?はりきっちゃった。」
「・・・・・・ン?オマエこれ、はりきんのもいいけどよ・・・・・・」
「・・・・・・どうかした?」
「オマエが悪ぃワケじゃねぇからな・・・・・・
 気にすんな。もらっとくわ。」
「(もしかして、なにか苦手の入れちゃったかな?悪いことしちゃったかも)」
  • ミステリアスチョコ
「またスゲェことになってんな、おい・・・・・・」
「一応、手作りなんだけど・・・・・・」
「まあ、そうだろうけどよ・・・・・・」
「あの・・・・・・」
「ガキの頃から腹は丈夫なんだよ。心配すんな。」
「(コウくん、顔が引きつってたような・・・・・・?)」
  • 高級チョコ
「オマエ・・・・・・カネ余ってんのか?こんな高ぇチョコよ・・・・・・」
「ちょっと奮発しちゃった。」
「つってもなぁ、甘いもんはどうにもよ・・・・・・ルカにやるか。」
「えっ?」
「まあ、俺も一口もらうか。」
「(コウくん、ちょっとはよろこんでくれた?)」
  • 義理チョコ
「チョコだぁ?甘いもんなら、ルカにやれ。」
「(やっぱりダメか・・・・・・)」

好き以上

「コウくん!」
「○○。
 あ、いや・・・・・・なんだ?」
「はい、これ。バレンタインのチョコレート」
「メンドクセーな、おい・・・」
  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「おぉっ!?おいおい・・・・・・高そうだな。」
「手作りだよ?」
「ウソつけ。」
「本当だってば!」
「そういや、俺でも喰えそうに出来てんな・・・・・・おい、上手く出来たな?」
「食べられそう?」
「喰う。喰わなきゃバチが当たる。ほら、オマエも半分喰え。」
「(コウくん、気に入ってくれたみたい。がんばった甲斐があったな)」
  • 上手(属性のみ◎)
「おぉっ!?オマエこれ・・・・・・作ったのか?」
「うん、あんまり上手じゃないけど。」
「バカ、このくらいの方がアジがあんだよ。
 それに、ちゃんと俺でも喰えそうなチョコになってんじゃねぇか。な?」
「まあね。」
「よし、喰うか。オマエも、喰え。」
「やったね!!大変だったけどがんばって作った甲斐があったよ!!)」
  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「おぉ、手作りかよ。やるじゃねぇか!」
「ン?オマエ、これ・・・」
「もしかして・・・・・・嫌いなもの入ってる?」
「あぁ・・・・・・いや、まあ、あれだ。有り体に言えばな。」
「・・・・・・ゴメン。」
「そんな顔すんな。年に一度だ。喰うから。な?」
「(もう少し違う感じにすればよかったな・・・)」
  • ミステリアスチョコ
「おぉっ!?スゲェなこりゃ・・・・・・」
「ごめん、上手にできなくて・・・」
「こういうのはオマエ、気持ちの問題だ。気持ちはこもってんだろうが?」
「うん・・・・・・」
「じゃ、そんな顔すんな。胸はってりゃいいんだ。どっちみち俺は、味なんてわかんねぇんだ、な?」
「(やっぱり、ちゃんとしたの渡したかったな・・・)」
  • 高級チョコ
「おい、オマエこれ・・・・・・いくらしたよ?」
「ないしょ。」
「バカ、オマエ・・・・・・わかんねぇぞ、俺は。チョコの味なんてよ?」
「でも・・・・・・」
「年に一度くれぇ、喰うか。な?」
「(コウくん、喜んでくれたみたい。やったね!!)」
  • 義理チョコ
「・・・・・・これか?」
「うん。」
「まあ、甘いもんは喰わねぇからよ。小せぇほどいい。」
「(あんまり喜んでないみたい・・・・・・)」

親友状態

※上手・普通・ミステリアスは同じ台詞
「コウくん!」
「おぉ、なに浮かれてやがんだ?」
「はい、これ。バレンタインのチョコレート」
  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「なぁ、こういうのはよ、本命に渡すもんだろうが。あんまりいい加減なこと、すんじゃねぇぞ。」
  • 上手(属性のみ◎)
「へぇ、手作りかよ。気合入れやがったな?ま、おこぼれに預かるか。」
  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「へぇ、手作りかよ。気合入れやがったな?ま、おこぼれに預かるか。」
  • ミステリアスチョコ
「へぇ、手作りかよ。気合入れやがったな?ま、おこぼれに預かるか。」
  • 高級チョコ
「おぉ?なんか高そうだな、おい……俺が食っても意味ねぇだろ。いいのか?」
  • 義理チョコ
「シケたチョコだな、おい。もうちっと友達に感謝しても、バチは当たんねぇぞ?」

ホワイトデー

普通以下

「おい。」
「あ、琥一くん。」
「これ喰え。」
「……飴?」
「返したからな。」
「あ、ホワイトデーか……(うーん……これ、義理だよね)」

友好以上

「おい。」
「あ、琥一くん。」
「ツラ貸せ、校舎裏だ。」
「?」
「…………」
「なんか、怒ってる?」
「あぁ? バカ、そうじゃねぇだろ。」
「じゃあ……」
「あれだ。ほら……なんだ、ホワイトデーか?」
「お返し? ありがとう!」
「おう……じゃあ、よ。」


更新日時: 2015/05/08 21:20:31
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ