※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


親友分岐イベント

■当て馬とデートの帰り、自宅前
琥一「○○」
○○「あ、琥一くん!」
琥一「おぉ……悪ぃ。いや、いいか、そのまま、な?」

■電話
○○(電話……もしかして!)
琥一「もしもし……今、いいか?」
○○「琥一くん、わたしも、話したいことが……

  • 『誤解を解く』
琥一「で? 話は終わりか?」
○○「うん……わかってくれる?」
琥一「メンドクセー。俺には難しすぎて、わかんねぇな」
○○「…………」
琥一「まあ、オマエのことだ。悪気はねぇんだろうけどな」
○○「うん、気をつける」
琥一「俺より、アイツにあんまり誤解させんな。じゃあよ」
○○(よかった。誤解は解けたみたい)

  • 『友達でいてほしい』
琥一「今から教会、来れるか?」
○○「……教会って、学校の?」
琥一「あぁ。そう時間はかかんねぇから。……そんじゃ」

■親友ルートへ
  • (当て馬が△相手の時)
琥一「おう、来たか」
○○「うん」
琥一「…………」
○○「琥一くん、あの、わたし……」
琥一「好きなんだろ? ルカがよ?」
○○「琥一くん……」
琥一「馬鹿。そんくらいのことはな、俺だってわかってんだよ。……とっくの昔からな」
○○「……昔から?」
琥一「ガキの頃よ、ときどきここで遊んだろ?」
○○「うん」
琥一「かくれんぼでも何でも、オマエはいつもルカの後、追っかけ回してた」
○○「そうだったね……」
琥一「あの頃みてぇに、素直になりゃいい……そうだろ?」
○○「うん」
琥一「まあ、俺にしてみりゃ、ルカもオマエも、メンドクセー弟と妹だ。なにも変わらねぇ」
○○「ありがとう……そっか、お兄ちゃんだね」
琥一「おに――やめろ、気味悪ぃ」
○○「お兄ちゃん!」
琥一「ウルセー。ほら、行くぞ」

  • (当て馬が△相手以外の時)
琥一「おう、来たか」
○○「あの、わたし……」
琥一「アイツが……好きなんだな?」
○○「うん……」
琥一「アイツで、いいんだな?」
○○「うん」
琥一「よし……わかった。この話は終わりだ」
○○「琥一くん……」
琥一「馬鹿。いいじゃねぇか、好きになったんだ。堂々としてろ」
○○「でも、まだ向こうの気持ちはわからないから」
琥一「じゃあ、いつかキッチリ伝えろ」
琥一「そんでよ、もし、ふざけたこと抜かすようなら、桜井兄弟が黙ってねぇって、言っとけ」
○○「えっ!?」
琥一「冗談だ。俺にとってもルカにとっても、オマエは妹みてぇなもんだ。応援してやる」
○○「うん」

親友友情状態 追加デート

  • 男の人って
「男の人って、わかんないな・・・」
「なんだ、穏やかじゃねぇな。」
「時どき、わからなくなるよ・・・・・・」
「ンなもん、わかんねーでいいんだよ。」
「でも、知りたいな・・・」
「無茶言うな。男なら、女にそんなもん、教えられるわけねぇだろーが。」
「・・・・・・そんなもんって?」
「そんなもんってのはな・・・・・・まあ、そんなもんだ。」
「(なんか照れてる?)」

  • 異性の好み
「男の子に好かれる女の子って、どんな子だと思う?」
「なもん、女らしい女だろ。」
「女らしいって?」
「そりゃ、こう・・・クネっとしてんだよ」
「クネっと・・・・・・じゃあ、髪なんかは?」
「長えんだろうな」
「ロングか・・・・・・なるほど。他には?」
「あとは・・・・・・あぁ、言葉づかいだ。男みてぇな奴はダメだ。」
「言葉づかいか・・・・・・気をつけよう。まだある?」
「メンドクセーな・・・・・・女なんだから、自分で考えろ」
「(それじゃ意味ないんだけど・・・・・・)」

  • ドキドキする時って
「男の人が女の子にドキドキするのって、どんな時?」
「はぁ?しねぇよ」
「ホントに?」
「しねえ、つってんだろ、メンドクセーな・・・・・・」
「そっか・・・・・・じゃあ、コウくんはおいといて、クラスの男子なら?」
「アイツらか?あぁ・・・よく雑誌見て騒いでるな」
「水着のグラビアとか?」
「おぅ、まあ、そんなとこだ」
「コウくんも見るの?」
「・・・・・・見ねぇよ。」
「(見るんだ・・・・・・)」

  • 女の子らしさって
「コウくんは、女の子らしさって何だと思う?」
「あぁ?知らねーよ、女に聞きゃいいだろ?」
「でも、男女で感じ方って、違うと思うんだけどな。」
「ああ、そうかもな。」
「・・・・・・」
「あぁ・・・・・・そうだな。こう、クネっとして、髪が長いのが女らしいんじゃねぇか?」
「なんか、適当なこと言ってる感じ・・・・・・」
「なことねぇって。クネッ、としてよ。だわ、とか言やいいんだ。やってみろ、女らしくなる」
「(コウくん向けの質問じゃなかったかな・・・・・・)」

  • 片思いについて
「片思いって、つらいよね・・・・・・」
「・・・・・・あ?なんだ、どした?」
「ちょっと、ね。」
「泣くんなら、早く泣いちまえ。」
「ひどい・・・・・・」
「泣け泣け。よそ見ててやるから。泣きやんだら、なんか食って帰るぞ。」
「(コウくん・・・・・・)」

  • 恋してる?
「コウくんは、恋してる?」
「はぁ!?しねぇよ、なもん・・・」
「そうなんだ・・・・・・ぜんぜん?」
「ぜんぜんだ。」
「へぇ・・・・・・」
「なんだよ?悪ぃのかよ?」
「悪くはないけど、珍しいなって。」
「テメェら女と違って、こっちは忙しいんだよ。そういう話はな、女同士でやれ。」
「(こういう話が苦手みたい・・・)」

  • キスについて
「コウくん、怒るかな・・・・・・」
「なんだよ・・・・・・気持ち悪ぃな言えよ。」
「あのね、コウくんは、キスってどういう風に考えてる?」
「キッ--・・・・・・キスだぁ?」
「う、うん・・・・・・」
「オマエな、しれっと物騒なこと言うんじゃねぇよ・・・・・・」
「ごめん。でも、どう考えてるかなって」
「どうって言われてもよ・・・・・・あ。」
「・・・・・・?」
「まさか・・・・・・やっちまったんじゃねぇだろうな?」
「そ、そうじゃなくて!」
「どいつだ。ふざけた野郎なら追っ払ってやる。」
「(怖いお父さんみたい・・・・・・)」

  • スキンシップについて
「コウくんは、スキンシップってどんな風に考えてる?」
「あぁ?なんだ、いきなり」
「どう考えてるのかなって」
「どってことねぇだろ。あんなもん、オマエ、アメリカじゃ、挨拶みてぇなもんだ。」
「へぇ、そうなんだ?」
「そうだ。覚えとけ?」
「うん。挨拶みたいなもんだね。」
「・・・・・・」
「?」
「言っとくけどな、ここは日本だ。わかってんだろうな?」
「う、うん。わかってるよ?」
「おう。」
「(なんなのよ・・・・・・)」

  • 男女の友情って
「コウくんは、男女の友情ってあり得ると思う?」
「そりゃ、あるだろうよ。」
「そっか。でも、同性同士と違って、意識しちゃったりしない?」
「意識ねぇ・・・・・・いや、ねぇな。」
「ぜんぜん?」
「まあな?」
「ふぅん・・・・・・」
「つまんねぇこと考えんな。妹みてぇなもんだ、オマエは。」
「ムッ・・・・・・同い年なんですけど。」
「じゃ、子分だ。それで手打て。」
「(子分って・・・・・・)」




更新日時: 2011/04/22 01:20:25
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ