※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■動物園

「フクロウの首は、縦にも横にもよく回るな……」
「(選択肢)わたしだって負けません!」
「今グキッて聞こえたよ、大丈夫? 見せてごらん」
「いたた……」
「んー、なんともなってないみたいだな」
「……なんか気持ちいいです。マッサージされてるみたい」
「……終わり」
「えー、どうしてですか?」
「どうしても!」
(照れてる……なんで?)

■動物園・わんにゃん

「君はよく懐かれるんだな。僕はさっぱりだ」
「(選択肢)全部オスだったらモテモテなのにな……」
「モテモテになりたいの?」」
「そういうわけじゃ……実際は一人いれば充分ですよ」
「その一人っていうのは……」
「え?」
「ごめん、なんでもない。……そろそろ行こうか」
(紺野先輩……)

■動物園・アルパカ

「アルパカって、妙に人間っぽいよな」
「(選択肢)あの子は紺野先輩っぽいです」
「そう……かも。あっちの子は君に似てるな」
「えー、そうですか?」
「似てるって。それにしても、あの僕は微動だにしないな」
「……なんだかずっと、わたしに似た子のことを見てませんか」
「……そうだな」
「……」
「……」
「あんまり見つめられると、恥ずかしいんですけど……」
「僕に言われても!」

■遊園地・ジェットコースター

「頂上に辿りつくまでの緊張感と一気に駆け下りる疾走感……最高だな!」
「(選択肢)ストレスたまりそう……」
「ごめん、無理させちゃったか。まだ辛い?」
「いえ……ううん、ごめんなさい。ちょっとだけ」
「じゃあ向こうのベンチで少し横になろう。肩を貸すから。歩ける?」
「はい。ごめんなさい、迷惑かけて……」
「迷惑なんかじゃないよ。そんなこと気にしないの。ほら、行くよ」
(紺野先輩、やっぱり頼りになるな……)

■遊園地・観覧車

「ん? カップルで乗ると幸せになれるラッキーゴンドラが1つだけあるんだってさ」
「(選択肢)乗りたくありません……」
「……そうか。それは……どうして?」
「えっと……」
「そうだよな。僕とカップルに間違われたら、イヤだよな」
「そういうわけじゃ。ただ、恥ずかしくて……」
「あっ……ああ、そうか。恥ずかしい、か」
「……」
「ま、まあ、こんなの遊園地の策略だし。気にしないでおこう、な?」
(紺野先輩……)

■遊園地・メリーゴーランド

「……恥ずかしさに少し慣れてきた気がする」
「(選択肢)ついに克服しましたね」
「君のおかげでね」
「ふふっ!」
「君と一緒にデー……その、出かけると、色んな体験ができるな」
「じゃあ、次は紺野先輩一人で乗ってみませんか? 写真撮りますよ?」
「こら、調子に乗るな!」
(ふふっ!)

■遊園地・ゴーカート

「慣れてくると、結構面白いもんだな」
「(選択肢)エンジン音を聞くと血がたぎりますね」
「君は楽しくなると、興奮しすぎちゃうな。目が離せないよ」
「う、ごめんなさい。紺野先輩が見てくれてると思うと、どうしても甘えちゃって」
「それは、信頼してくれてるってこと?」
「はい、もちろん!」
「そう面と向かって言われると、少し照れるな。期待に添えるように頑張るよ」
「ふふっ、お願いします!」

■遊園地・お化け屋敷

「何度も入ると、さすがにカラクリが見えてくるな」
「(選択肢)百回入ると本物の幽霊が出るといううわさが……」
「そんなに来れるかな……」
「さすがに、それはちょっと。本物が出る前に飽きちゃいますよ」
「そうだな。だったらもっと色んな場所に行きたいな」
「そうですね。百回もあれば、どこにでも行けちゃいますよ?」
「……それは、一緒に?」
「え? はい。紺野先輩がよければですけど」
「もちろん。こっちからもお願いするよ。もっと、その、デートしよう」
(そっか。これデート、なのかな?)

■遊園地・ナイトパレード

「この光景、きっと忘れられないだろうな……」
「(選択肢)わたしだって忘れませんから!」
「そんなに大きな声で主張しなくても大丈夫だよ」
「ごめんなさい、つい」
「いいよ。君が覚えててくれるんなら、これは二人の思い出になるんだな」
「これからも増えて行くといいですね。二人の思い出」
「……」
「紺野先輩?」
「うん、そうだな。増やしたいな」
(紺野先輩……)

■はばたき山・紅葉

「どんぐりが落ちてる。どこかに木があるのかな」
「(選択肢)どんぐりなんかよりマツタケを探しましょう!」
「……よし、探すか!」
「はい! よーし……」
「……」
「どの辺を探せばいいのかな……紺野先輩、探してます?」
「このあたりにマツタケは生えないと思うよ……」
「へえ、そうなんですか……え!?」
「ははは!」
「もう! 紺野先輩のイジワル!」
「ごめんごめん。君は可愛いな!」
(もう……ん? 可愛い?)

■はばたき山・スキー

「スノボが多いな。スキーとはゲレンデを分けて欲しいんだけど……」
「(選択肢)実はわたし、スノボのほうが好きなんです」
「そうだったのか。気づかなくてごめん」
「そんな、ごめんだなんて」
「自分がスキーが好きだからって周りに目がいかなかったんだ。君が好きなのをやろう」
「気にしないでください。わたしだって、紺野先輩が好きなのをやりたいです」
「そうか、ありがとう。じゃあ両方やればいいんだな。次はスノボだ」
「ふふっ、はい!」
「よし、行くぞ!」
(紺野先輩、優しいな)

■城・展示

「当時はこんなヨロイや武器で戦ってたのか……なんだか心もとないな」
「(選択肢)今ならボタンひとつで終わるのに」
「そうやって、戦争を軽々しく扱うのはよくないよ」
「……はい、軽率でした」
「うん、わかればよろしい。なんて、ちょっと偉そうだな。ひとつしか違わないのに」
「いえ……はあ、紺野先輩に比べたら、わたしって子供だな」
「子供っぽいっていうより、無邪気なところは君の魅力のひとつだよ」
「そうでしょうか……」
「うん。だから、できればそのままでいて欲しいな。君に足りない部分は、僕が支えるから」
(紺野先輩、優しいな……)

■城・天守閣

「一城の主、どんな気分なんだろう……」
「(選択肢)ストレスたまったかも」
「高校の生徒会長ですらストレスがたまるのに、城だもんな。スケールが違う」
「紺野先輩だったら、殿様になれるかもしれませんよ」
「無理だよ、僕じゃプレッシャーに潰されちゃう。君ぐらい気楽にやれないと」
「あ、ひどい! 人のこと何も考えてないみたいに!」
「はは、ごめん!」
「でもそうだな、君がこうやって隣にいてくれたらストレスなんて吹っ飛ぶな。よろしく、姫」
(もう! ……ん、姫?)

■牧場

「馬に乗れたら、気持ちいいだろうな……」
「(選択肢)白馬の王子様を待ってますv」
「白馬か……いるかな」
「え?」
「あ……冗談だった?」
「うーん……でも、かなえてくれるなら、本気にしてもいいです」
「そうか。今日一日でどれくらい上達するかわからないけど、試してみるかな」
「頑張ってくださいね、王子様!」
「からかうんだったら、やっぱりなし!」
(ふふっ!)


更新日時: 2014/05/02 21:46:37
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
  • 期待に添えるようにって言われてみたい (2014-05-02 21:46:37)
メモ