※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■PvsP発生

〇〇「……遠回りなのに送ってもらっちゃってすみません。」
設楽「今さらだろ。」
紺野「楽しい時間は長いほうがいいからね。」
〇〇「ふふ……」
〇〇「こうしてずーっと3人一緒にいられたらいいのに……」
設楽「………………」
紺野「……うん、そうだね。」
設楽「無理だろ。」
〇〇「えっ?」
設楽「ずっとなんて無理だ。」
〇〇「そ、そうかな……」
紺野「設楽、そんな言い方……」
設楽「本当のことだろ。」
設楽「それともおまえは、こんな状態がいつまでも続くって信じてるのか?」
紺野「……続かないとは思ってない。」
設楽「本気で言ってるのか、それ。」
紺野「やめろよ。……困ってるだろ。」
〇〇「………………」
設楽「……紺野のそういうところがずるい。」
紺野「え?」
設楽「自分は関係ない、みたいな顔して。」
紺野「………………」
〇〇「あの、2人とも……」
紺野「……そっちこそ、言いたいことがあるなら時と場所を考えろよ。」
紺野「こんな風にいきなり食ってかかられても、無駄に混乱するだけだ。」
設楽「無駄って……」
設楽「じゃあどうすりゃいいんだよ。おまえみたいに上辺だけでものを話せってのか?」
〇〇「紺野先輩、設楽先輩!」
設楽「………………」
紺野「………………」
〇〇「………………」
紺野「……ごめん。」
設楽「………………」
〇〇「(紺野先輩、設楽先輩……)」

※自宅
〇〇「(……びっくりした)」
〇〇「(二人とも、あのあと全然しゃべらなかったけど……)」
〇〇「(あっ、紺野先輩から!)」
○○「もしもし!?」
紺野「遅くにごめん。今、いいかな。」
○○「はい、大丈夫です。」
紺野「その、さっきはびっくりしたろ?」
〇〇「はい、ちょっと……」
紺野「ごめん。君にあんなところを見せるつもりはなかったんだ。」
紺野「でも、これからはそうも言ってられないと思うから……」
紺野「それだけ言っておきたかったんだ。それじゃ、おやすみ。」
〇〇「紺野先輩……」
○○「(わっ、今度は設楽先輩!)」
○○「もしもし!?」
設楽「俺だ。」
設楽「……さっきは悪い。」
〇〇「あっ、いえ……」
設楽「ついでに言っとくと、あれは序の口だから。」
○○「えっ!?」
設楽「悪いけど覚悟しとけ。じゃあな。」
〇〇「あ……」
〇〇「(……もう、2人とも言いたいことだけ言って切っちゃうんだから……)」
〇〇「(………………)」
〇〇「私はどうしたらいいんだろう……」

更新日時: 2017/01/27 18:42:40
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ