※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



PvsP期間開始前の前振りイベント

※繁華街地区デートで発生

紺野優勢・設楽デンジャー状態

紺野「……もうこんな時間か。」
○○「あ、ホントだ。そろそろ帰らなくちゃ……」
紺野「早いなぁ。さっき会ったばかりだと思ったのに。」
○○「玉緒先輩、前にもそんなこと言ってましたよ?」
紺野「あれ、そうだったかな。」
○○「ふふ……」
設楽「……じゃあな。」
紺野「え?」
設楽「紺野が送ってやるんだろ。」
○○「聖司先輩……?」
紺野「どうしたんだよ。いつもなら一緒に……」
設楽「いつもやってるからって今日もそうしなきゃいけない決まりはない。」
紺野「設楽……」
○○「あっ、えーと、わたしなら1人で……」
紺野「……いいよ、行こう。」
○○「えっ? でも……」
紺野「いいから。」
設楽「………………」
--
○○「……すみません、送ってもらっちゃって。」
紺野「いいよ、いつものことだろ。」
○○「でも……」
紺野「設楽のことなら、気にしなくていいよ。」
○○「そんなこと……」
紺野「僕は、今こうして君と2人でいられる時間を大切にしたい。
○○「えっ……?」
紺野「……ごめん、勝手なこと言って。 でも、これが僕の本音だから。」
○○「玉緒先輩……」
紺野「行こう。ぐずぐずしてると遅くなる。」
○○「………………」
(ずっと3人一緒にいられたらいいのに……)

設楽優勢・紺野デンジャー状態

○○「この後、どうします?」
設楽「夕飯食って帰るか。」
○○「・・・・・・ファミレス? ・・・・・・・・・・・・」
設楽「・・・・・・おい、今、思い出し笑いしたな。」
○○「だって、この前聖司先輩ってば、ドリンクバーの前であたふたして・・・・・・」
設楽「使い方知らなかったんだから仕方ないだろ。」
紺野「・・・・・・僕は先に帰るよ。」
○○「えっ?」
設楽「・・・・・・・・・・・・」
紺野「家で夕飯、用意してると思うし。」
設楽「いつものことだろ。携帯で連絡入れとけよ。」
紺野「わざわざ引き止めることないだろ。」
設楽「・・・・・・・・・・・・」
○○「紺野先輩・・・・・・?」
紺野「・・・・・・ごめん。それじゃ。」
設楽「・・・・・・なんだ、あいつ。」
○○「何か用事でもあったのかな・・・」
設楽「ないよ、そんなの。」
  「中途半端に引くくらいなら、来なきゃよかったんだ。」
○○「え?」
設楽「あいつのああいうとこ、見ててイライラする。」
○○「聖司先輩・・・・・・」
設楽「・・・・・・・・・・・・」
  「行くんだろ、ファミレス。腹が減った。」
○○「あ、はい・・・」
  「(ずっと3人一緒にいられたらいいのに・・・)」

PvsP発生イベント

○○「……遠回りなのに送ってもらっちゃってすみません。」
設楽「今さらだろ。」
紺野「楽しい時間は長いほうがいいからね。」
○○「ふふ……こうしてずーっと3人一緒にいられたらいいのに……」
設楽「………………」
紺野「……うん、そうだね。」
設楽「無理だろ。」
○○「えっ?」
設楽「ずっとなんて無理だ。」
○○「そ、そうかな……」
紺野「設楽、そんな言い方……」
設楽「本当のことだろ。それともおまえは、こんな状態がいつまでも続くって信じてるのか?」
紺野「……続かないとは思ってない。」
設楽「本気で言ってるのか、それ。」
紺野「やめろよ。……困ってるだろ。」
○○「………………」
設楽「……紺野のそういうところがずるい。」
紺野「え?」
設楽「自分は関係ない、みたいな顔して。」
紺野「………………」
○○「あの、2人とも……」
紺野「……そっちこそ、言いたいことがあるなら時と場所を考えろよ。こんな風にいきなり食てかかられても、無駄に混乱するだけだ。」
設楽「無駄って……じゃあどうすりゃいいんだよ。おまえみたいに上辺だけでものを話せってのか?」
○○「紺野先輩、設楽先輩!」
設楽「………………」
紺野「………………」
○○「………………」
紺野「……ごめん。」
設楽「………………」
○○「(紺野先輩、設楽先輩……)」
--
○○「(……びっくりした 二人とも、あのあと全然しゃべらなかったけど……あっ、紺野先輩から!) もしもし!?」
紺野「遅くにごめん。今、いいかな。」
○○「はい、大丈夫です。」
紺野「その、さっきはびっくりしたろ?」
○○「ちょっと……」
紺野「ごめん。君にあんなところを見せるつもりはなかったんだ。でも、これからはそうも言ってられないと思うから……」
○○「え?」
紺野「それだけ言っておきたかったんだ。それじゃ、おやすみ。」
○○「紺野先輩…… (わっ、今度は設楽先輩!) もしもし!?」
設楽「俺だ。……さっきは悪い。」
○○「あっ、いえ……」
設楽「ついでに言っとくと、あれは序の口だから。」
○○「えっ!?」
設楽「悪いけど覚悟しとけ。じゃあな。」
○○「あ…… (……もう、2人とも言いたいことだけ言って切っちゃうんだから…… ……………… わたしはどうしたらいいんだろう……)」


PvsP三択

追加デート(紺野)

紺野「……なんとなく、調子狂うんだよな。」
○○「聖司先輩のこと、ですよね?」
紺野「変な話だよな。一緒にいると、居心地悪いような時もあったのに……
  いないと、こう、色鉛筆を一本だけなくしたような気分になる。」

『いないと寂しい?』
紺野「……そうなのかな。いつもはうるさいって思うくらいなんだけど。」
○○「だから余計、そうなのかも。」
紺野「うーん、どうなんだろう。よくわからないな……」
○○「(早く仲直りできるといいのにな……)」
『こんなひと時も悪くないです』
紺野「そうだな。たまには2人でのんびりしようか。」
○○「ふふ、おじいちゃんとおばあちゃんみたい。」
紺野「そ、そうかな。え? それって……」
○○「(赤くなっちゃった)」
『今日は考えるの禁止!』
紺野「はは、そうだな。君がいるのに……」
○○「(でも、やっぱり気になるんだろうな……)」

紺野「……迷惑、かけちゃってるよな。」
○○「え?」
紺野「設楽とのこと。」
○○「迷惑だなんて……」
紺野「余計な気を遣わせて、ごめん。でも、こればっかりは……」
○○「………………」
紺野「意地の張り合いなんて、僕には無縁だと思ってたよ。
   やっぱりこういうことは計算通りにはいかないな。」

『そろそろ素直になっても……』
紺野「そういう気持ちがないとは言わないけど、そう簡単には、ね。」
○○「(早く仲直りできるといいけど……)」
『紺野先輩のやりたいように……』
紺野「ありがとう。話したら少し、スッキリした。」
○○「(早く仲直りできるといいけど……)」
『人間だもの』
紺野「それ、どこかで聞いたことあるような……」
○○「(だって……)」

紺野「○○さん。」
○○「はい?」
紺野「変なことを聞くかもしれないけど、いいかな。」
○○「は、はい。」
紺野「設楽のことなんだけど……」
○○「………………」
紺野「このままじゃいけないとは思ってるんだ。でも、いい解決方法が浮かばなくて……
  もし君に思うことがあるなら、何でも言ってほしい。」

『やっぱり3人一緒がいいです』
紺野「……そうだよな。複雑だけど……
 でも、素直に人の話を聞くような奴じゃないし……うーん……」
○○「(早く仲直りできるといいのにな……)」
『2人で考えていきましょう』
紺野「2人で……か。」
○○「はい。」
紺野「そうだな。1人で悶々としててもしょうがないし、一緒に話し合おう。」
○○「(玉緒先輩……)」
『あまり思い詰めないでください』
紺野「うん、わかってる。心配してくれてありがとう。」
○○「(でも、やっぱり気になるんだろうな……)」

追加デート(設楽)

○○「……設楽先輩?」
設楽「………………」
○○「設楽先輩!」
設楽「え。」
○○「もう……どうしちゃったんですか? ボーッとして。」
設楽「どうもしてない。」
○○「してます。」
設楽「してない。ただ、いつもは3人で来てたなって思ってただけだ。」

『素直になればいいのに……』
設楽「うるさい。俺が素直じゃないみたいじゃないか。」
○○「………………」
設楽「……なんだよその顔。」
○○「(紺野先輩と仲直りしたいんじゃないのかな……)」
『二人きりもいいですね』
設楽「……そうか?」
○○「はい。」
設楽「うん、まぁ、それならいいんだ。」
○○「(紺野先輩のこと、気になるんだろうな……)」
『気晴らしに歌いましょう』
設楽「……おまえってつくづくおかしな奴だよな。」
○○「(もう、気を遣ってるのに……)」

設楽「……それで、親戚の間で犬派と猫派が対立して、大変だった。」
○○「ふふ……どっちにもこだわりがありますもんね。」
設楽「あぁ。別にそこまで大きい問題じゃないと思うんだけどな。そういや、紺野は犬派だとか言って……………………」
○○「………………」
設楽「今のナシだ。なんでもない。」

『また3人で会いたいな』
設楽「なんで。」
○○「それは……」
設楽「……いや、おまえを巻き込んだのは悪いと思ってる。でも……」
○○「(……なかなか素直になれないみたい)」
『設楽先輩はどっち?』
設楽「犬派か猫派か? 前に言わなかったか?」
○○「何回言ってもいいじゃないですか。」
設楽「まぁ、いいけど。でも俺ばっかりじゃなくておまえのも聞かせろ。」
○○「(話題逸らしちゃったけど……紺野先輩のこと、気になるんだろうな)」
『ナシと言えばリンゴですね』
設楽「なんでだよ。おかしな奴。」
○○「(うぅ、さりげなく話題を逸らしたのに……)」

設楽「おまえさ……」
○○「はい?」
設楽「……やっぱりいい。なんでもない。」
○○「気になります。」
設楽「別にたいしたことじゃない。その、あいつ、どうしてるかと思って……」
○○「あいつって、紺野先輩ですか?」
設楽「他に誰がいるんだよ。」

『仲直りしたがってるんじゃないかな』
設楽「俺と?」
○○「他に誰がいるんですか?」
設楽「……マネするな。」
○○「(早く仲直りしたらいいのに……)」
『2人きりも悪くないですよ?』
設楽「そういうことを聞いてるんじゃなくて……まぁ、それはそれで悪くないというか……ああもう、調子狂うな。」
○○「(わたし、変なこと言っちゃったかな?)」
『どうしてるんでしょ?』
設楽「なんだ、おまえも知らないのか。」
○○「(紺野先輩のこと気にしてるみたい……)」


出歩きイベント(紺野)

(電話鳴る)○○「あれ?誰からだろう……」
--
紺野「こっちこっち。」
○○「玉緒先輩。」
紺野「急に呼び出してごめん。」
○○「帰る途中だったから、ちょうどよかったです。」
紺野「そうか、よかった。ボランティアサークルで使う子供用の絵本が必要なんだ。一緒に選んでもらおうと……」
(設楽登場)
設楽「あ。」
紺野「あ。」
○○「えっ、聖司先輩?」
設楽「………………」
(設楽去る)
紺野「………………」
○○「(ど、どうしよう……)」

『2人で追いかける』
紺野「僕はいいから、行ってあげてくれ。こっちは急ぎじゃないし、また今度手伝ってもらうよ。」
○○「でも……」
紺野「本当にいいんだ。設楽に恩でも売っとくよ。それじゃ。」
○○「(玉緒先輩……)」
『紺野を手伝う』
紺野「……いいの?」
○○「約束は玉緒先輩が先だから……」
紺野「そうか、ありがとう。」
○○「(聖司先輩にはあとで連絡してみよう)」
『設楽を追いかける』
○○「聖司先輩!」
設楽「おまえ……なんで来たんだよ。紺野は?」
○○「だって、聖司先輩が気になって……」
設楽「たまたま通りかかっただけだろ。いいから戻れ。
  その代わり、今度は俺にも付き合えよ。じゃあな。」
○○「(聖司先輩……)」

○○「(さてと、帰ろうっと)」
紺野「○○さん。」
○○「えっ?」
紺野「はは、やっぱり。 驚いた?」
○○「玉緒先輩!?どうしてこんなところに……」
紺野「大迫先生から声がかかってさ。 一流大学志望の生徒に話を聞かせて欲しいって。
  今日は打ち合わせだったんだ。電話でもよかったんだけど
  ここに来たら君に会えるかなって……」
???「……おまえもか。」
○○「聖司先輩!?」
紺野「えっ? どうして……」
設楽「同じ理由だ。一流音大受ける奴に話聞かせろって。
  終わったから行く。じゃあな。」
○○「あ……」

『2人で追いかける』
紺野「僕は別に……」
○○「せっかくの話すチャンスなんですよ?」
紺野「……うん。そうだな、話さないと始まらないか。」
○○「(早く仲直りできるといいけど……)」
『紺野と一緒に見送る』
紺野「……いいの?」
○○「あとでメールでもしてみます。」
紺野「そうか。よければこのあと、お茶でもどう?」
○○「はい。」
『設楽を追いかける』
紺野「うん、そうしてやってくれ。」
○○「玉緒先輩……」
紺野「また連絡するよ。それじゃ。」
○○「(玉緒先輩も聖司先輩のこと、気になるんだろうな……)」


※主人公1人で外出すると発生
○○「このあとどうしようかな……」
紺野「◯◯さん。」
○○「あ、玉緒先輩。」
紺野「偶然だな、買い物?」
○○「そんなところです。玉緒先輩は?」
紺野「僕もそんなところ。もう用事は終わったんだ。もしよければ、このあと……」
設楽「………………」
○○「あっ、聖司先輩!」
紺野「設楽……」
設楽「邪魔した。じゃあな。」
○○「(ど、どうしよう……)」

『紺野に追わせる』
紺野「えっ、僕?」
○○「………………」
紺野「……了解。このままじゃ君にも嫌な思いさせそうだからな。」
○○「(早く仲直りできるといいけど……)」
『紺野と一緒に見送る』
紺野「……取り付く島がないな。あんなに睨まれちゃ。」
○○「玉緒先輩もでしたよ?」
紺野「えっ、そうだった?そんなつもりはなかったんだけど……」
○○「(二人とも、早く仲直りできればいいのに……)」
『1人で設楽を追いかける』
紺野「……うん。ついでに伝えておいてくれるかな。そのうち話を……」
○○「え?」
紺野「……いや、やっぱりいい。また連絡するよ。」
○○「(聖司先輩のこと、気になるんだろうな……)」


出歩きイベント(設楽)

○○「(さてと、帰ろうっと  あ、紺野先輩からメールだ
 “今、用事を終えて駅前にいます。近くにいるならお茶でもしませんか?” 
  ここからならすぐだし、どうしようかな……)  わっ。」
設楽「やっぱりおまえだ。」
○○「設楽先輩! どうしたんですか?」
設楽「車から見えたから。帰るとこなら乗せてくぞ。」
○○「(ええっ、どうしよう……)」


『三人でお茶しませんか?』
設楽「は? 紺野が駅前にいるのか?」
○○「はい、さっきメールが……」
設楽「いい、おまえ1人で行けよ。……皮肉の一つも伝えといてくれ。」
○○「(設楽先輩……)」
『乗せてもらっちゃおうかな』
設楽「いいぞ。どうせ通り道だし。」
○○「(紺野先輩にはメールしておこう)」
『紺野先輩と約束があるので……』
設楽「……なんだ。」
○○「すみません……」
設楽「いい、別に。じゃあな。」
○○「(悪かったかな……)」

○○「(さてと、帰ろうっと  ……ん? あれは……)」
設楽「○○。」
○○「やっぱり、設楽先輩。」
設楽「いいところで会った。おまえ、お笑いって詳しいか?」
○○「えっ、お笑いですか? 一体どうして……」
設楽「なんとかグランプリとかいうDVD探してるんだけど、どれだかわからないんだよ。
  ……前に紺野がうちに置いてったんだ。うっかり踏んで割ったから一応買いなおそうと……」
○○「……なるほど。」
設楽「そうだ、ついでに返しといてくれ。おまえ、会うだろ?」

『紺野先輩に来てもらう』
設楽「は? ここに? やだよ。」
○○「でも、それが一番早いと思います。間違って買わずに済むし、ついでに返せるし……」
設楽「ああもう、わかったよ。ならおまえが呼べ。あと、おまえもいろ。」
○○「(仲直りのきっかけになればいいんだけど……)」
『設楽の頼みを引き受ける』
設楽「よし。頼む。」
○○「(早く仲直りできたらいいのに……)」
『DVDを探すのだけ手伝う』
○○「返すのは、自分じゃないと。」
設楽「なんでだよ。」
○○「だって……」
設楽「ああもう、わかったって。じゃあ買い物だけ付き合え。」
○○「はぁい。」


※主人公1人で外出すると発生
○○「(あれ? あそこにいるの……) 設楽先輩。」
設楽「うわっ!!」
○○「えっ!!」
設楽「お、脅かすな。なんだよ、急に……」
○○「そんなに驚くとは思わなくて……何やってるんですか?」
設楽「何もしてない。じゃあな。」
○○「あっ…… (……あれ? あそこにいるの……紺野先輩だ。わぁ、偶然……)」

『2人を会わせる』
-間-
設楽「………………」
紺野「設楽……」
設楽「おまえ、今度会ったら覚えてろよ。」
○○「だって…… (仲直りのきっかけになればいいけど……)」
『設楽を追いかける』
○○「設楽先輩!」
設楽「……なんだよ。」
○○「すぐに行っちゃうから……用事があるんですか?」
設楽「そういうわけじゃない。暇ならお茶ぐらい付き合ってもいいぞ。」
○○「(うーん、紺野先輩のことは聞けないよね……)」
『紺野に声をかける』
○○「紺野先輩!」
紺野「あれ、偶然だな。どうしたの?」
○○「あの、あっちに……」
紺野「……あ、設楽だ。」
○○「………………」
紺野「……やれやれ、声をかけろって言うんだろ? 挨拶くらいはしてみるよ。」
○○「(仲直りのきっかけになればいいけど……)」



敗北宣言

紺野敗北宣言

○○「(さて、帰ろうっと)」
女子A「ねぇ、あそこにいるの……」
女子B「わっ、ホントだ。誰か待ってるのかな?」
○○「(ん?)」
紺野「○○さん。」
○○「あっ、紺野先輩!」
紺野「よかったよ、会えて。……少し、いいかな。」
--
紺野「そろそろ潮時かな、と思って。」
○○「え?」
紺野「……いや、遅いくらいか。君の目が、ずっと設楽を追ってるって気付いたのは、かなり前だから。」
○○「紺野先輩……」
紺野「そのことで、君には余計な気を遣わせちゃったな。ごめん。」
○○「そんなこと……」
紺野「……設楽は君に会ってずいぶん変わったよ。もちろん、いいほうに。
 初めて会った頃の彼を見せてあげたいくらいだ。いくら話しかけても、全然相手にしてくれなくて。」
○○「ふふっ……ちょっとわかる気がします。」
 紺野「はは、そう?……うん、そうだな。そういうところも含めて君は設楽を……………………」
○○「……?」
紺野「うーん……潔く引き下がるつもりだったんだけど、やっぱり悔しいな。
 今日だけは、送らせてくれないか?次から、こういう役目は設楽に全部譲るから。」
○○「紺野先輩……」

設楽敗北宣言

○○「(さ、帰ろうっと) あ、設楽先輩から……」
--
設楽「悪いな、呼び出して。」
○○「大丈夫です。ちょうど帰るとこでしたから。」
設楽「別に今日じゃなくても良かったんだけどな……早く言っとかないといけないような気がしたから。おまえ、紺野のこと好きだろ。」
○○「えっ!!」
設楽「何びっくりしてるんだよ。俺が知らないとでも思ってたのか?」
○○「だって、急にそんな……」
設楽「で、紺野はおまえのことが好き、と。そういうわけだから、俺は一抜けすることにした。」
○○「………………」
設楽「そんな顔するな。合理的だろ?なんて、完全に割り切ったわけじゃないけど……未練がましいのもかっこ悪いしな。」
○○「でも、紺野先輩はどう思ってるか……」
設楽「わからない、とか言うなよ?あいつの頭ん中なんてだだ漏れもいいとこだったぞ。
 まぁ、おまえの前では取り繕ってたかもしれないな。おまえが心配することはないよ、多分。」
○○「設楽先輩……」
設楽「ああもう……なんで俺がフォローなんかしてるんだ。後はおまえらで勝手にしろ。もう知らないからな?」
○○「……はい。」
設楽「………………この俺が引いてやったんだ。ちゃんとまとまれよ?」

仲直り宣言

○○「(さてと、明日の用意をしなくっちゃ) あ、電話……紺野先輩からだ。」
-- 
○○「紺野先輩、設楽先輩!」
設楽「………………」
紺野「やぁ、こんばんは。」
○○「びっくりした……2人とも家の前にいるって言うから。」
設楽「ここに来たのはついでだ。紺野に呼び出されて、さっきまで話し合いしてた。」
○○「話し合い?」
紺野「設楽とはこのところ衝突してばかりだったから、一度冷静に話し合うべきだと思って。」
設楽「あまり冷静じゃなかったけどな。夕方から今までかかったし。」
紺野「君がいちいち話をまぜ返すからだろ。」
○○「ということは……2人とも仲直りしたんですね?」
設楽「元々ケンカらしいケンカもしてなかったけどな。こいつが勝手にいじけてただけで。」
紺野「君こそ、いつも機嫌が悪かったじゃないか。」
○○「ふふ……」
設楽「……なんだよ。」
○○「じゃあ、前みたいに3人で遊べるんだなって。」
紺野「はは……君さえよければ。」
○○「もちろん! (また3人でいられるんだ。よかった……)」





更新日時: 2015/05/16 05:28:45
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ