※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■動物園

  • 設楽
設楽「なぁ、ナマケモノのどこが怠けてたんだ?」
○○「ダラーンとしてましたよ?」
設楽「でも、木にぶら下がるのってすごく体力いるだろ。見てるだけで疲れる。」
紺野「……設楽の視点ってたまにすごく特殊だよな。」
設楽「なんだそれ。褒めてるんだろうな。」
○○(設楽先輩らしい……)

  • 紺野
紺野「キリンってさ、いつも物思いにふけってるように見えて、かわいいと思わないか?」
○○「ふふ、そうかも。」
設楽「ああ、ちょっと似てるしな。おまえと。」
紺野「僕とキリンが?そうかな。」
設楽「いつも口をもぐもぐさせてんのが年寄りっぽい。」
紺野「どういう意味だよ……」

■遊園地

  • 設楽
設楽「やっぱりお化け屋敷は1人で入らないと意味ないな。」
紺野「大人数だと怖さが半減するな。」
○○「えっ、1人でなんて無理ですよ!」
設楽「まぁ、人が怖がってるのを見るのも面白いけど。」
紺野「むしろ、そこが一番面白いかもしれないな。」
○○「それってわたしのことですよね……」

  • 紺野
紺野「あ~、よく遊んだ。遊園地は童心に帰るよ。」
○○「ふふ、そうですね。」
設楽「たまにはいいな、ああいうのも。」
紺野「設楽にしてははしゃいでたな。」
○○「えっ?」
設楽「紺野だってそうだろ。」
○○「そ、そうだったんだ。」
○○(いつも通りに見えたけど……)

■はばたき山・紅葉

  • 設楽
設楽「それにしても、きれいな紅葉だったな。」
○○「そうですね……一番いい時期だったかも。」
紺野「四季がはっきりしてるのが日本のいいところだよなあ。」
設楽「……夏と冬はいらない。春と秋だけで充分なのに。」
紺野「設楽は本当に暑いのと寒いのが苦手なんだな……」

  • 紺野
○○「紅葉を見るのにちょうどいい時期でしたね。」
設楽「紅葉なんてどこでも見られるだろ。わざわざ山まで行かなくても……」
紺野「森林公園の並木道とは迫力が違うよ。それに、いい運動になった。」
設楽「今夜は絶対筋肉痛だ……」
紺野「……僕は明日かな。」
○○「えっ?」

■はばたき山・スキー

  • 設楽
設楽「疲れた……」
○○「結構滑りましたもんね。」
紺野「結構転んでたしね。」
設楽「転んでない。疲れたから座っただけだ。」
紺野「顔から?」
○○「ぷっ……」
設楽「……顔からは1回だけだ。」
○○「ふふっ。」

  • 紺野
紺野「やっぱりスキーはいいな。久しぶりにいい汗かいた。」
○○「結構滑りましたね。」
設楽「疲れた……誰だよ、スキーなんて考えた奴……」
紺野「一説によると、今から4、5000年前にはもうあったらしいよ。伝統あるスポーツなんだ。」
○○「へぇ、そんな昔から……」
設楽「どうでもいい……」

■城

  • 設楽
設楽「城ホテルとかあればいいのに。」
○○「なんですか、それ……」
設楽「ヨーロッパだと城を利用したホテルやモールがたくさんあるからな。」
紺野「耐久性の違いじゃないかな。日本の城は木造で脆いけど、西洋の城は石造りが多いし。」
設楽「じゃあ、日本の城も石で作ればよかったんだ。」
紺野「日本は地震国だから無理なんだよ。石造りは揺れに弱いから。」
○○「なるほど……」

  • 紺野
○○「天守閣、街を一望できましたね。」
設楽「まぁ、天下取った奴には相応の眺めかもな。」
紺野「城主はどんな思いで自分の治める地を眺めていたのかな。僕なら胃が痛くなりそうだけど……」
○○「どうしてですか?」
設楽「器が小さいからだな。」
紺野「責任感が強いと言ってくれ……」

■牧場

  • 設楽
設楽「あれ、美味かったな。牛乳アイス。」
○○「ミルクたっぷりって感じでしたね。」
紺野「牛乳チーズラーメンも美味しかったよ。」
設楽「へぇ……すごい色してたよな……」
○○「においは美味しそう……だったかも?」
紺野「いや、実際に美味しかったんだって。」

  • 紺野
設楽「……次はとうもろこしソフトを食べてやる。」
紺野「設楽はソフトクリームを選ぶのに悩みすぎだ。店員が困ってたじゃないか。」
設楽「しょうがないだろ。種類が多いんだから。」
○○「ふふ、変わったソフトばかりでしたもんね。」
紺野「まあね。牧草ソフトってどんな味がするんだろうな……」


更新日時: 2015/05/10 02:36:37
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ