電話/約束

友好

デートに誘う(紺野)

  • OK
「うん、大丈夫。設楽には僕から連絡するよ。」
「じゃあ、○月○日に○○で待ってます!」
「楽しみにしてるよ。じゃあ、また。」
「はい。設楽先輩にもよろしくお願いします。」
(やったー!早く○月○日が来ないかなあ)
  • NG
「ごめん、その日は用事があるから行けないな。」
「そうですか……じゃあ仕方ないですね。」
「うん、ごめんな。」
(うーん、残念!)

デートに誘う(設楽)

  • OK
「ああ、いいぞ。紺野には俺から言っといてやる。」
「じゃあ、◯月◯日に◯◯で待ってます!」
「遅れるなよ?じゃあな。」
「はい。玉緒先輩にもよろしくお願いします。」
(やったー!早く◯月◯日が来ないかなあ)
  • NG

デートに誘われる(校内)

  • 紺野
紺野「○○さん。」
○○「玉緒先輩、聖司先輩どうしたんですか?」
紺野「よかったら今度の日曜に、この3人ででかけない?」

『はい、是非!』
紺野「よし、決まりだ。待ち合わせはどうしようか?」
○○「今度の日曜日、○○で待ち合わせでいいですか?」
紺野「うん、了解。設楽、覚えたか?」
設楽「人を物覚えが悪いみたいに言うな。」
○○(3人でお出かけか。楽しみだな)

『その日はちょっと……』
紺野「そうか、残念だけど仕方ないな。」
設楽「なんだ、無駄足か。」
紺野「そういう言い方するなって。それじゃあ、また今度な。」
(せっかく誘ってくれたのに、2人に悪いことしたかな?)


  • 設楽
設楽「○○。」
○○「聖司先輩、玉緒先輩どうしたんですか?」
設楽「今度の日曜、この3人ででかけるぞ。」

『はい、是非!』
設楽「決まりだ。待ち合わせは?」
○○「今度の日曜日、○○で待ち合わせでいいですか?」
設楽「ああ、それでいい。遅刻したらおまえだけ置いてくからな。」
紺野「僕一人だけになったらどうしよう。」
○○(3人でお出かけか。楽しみだな)

『その日はちょっと……』
設楽「なんだよ、俺がせっかく誘ったのに。」
紺野「設楽、仕方ないだろ。」
設楽「……じゃあな。」
○○(せっかく誘ってくれたのに、2人に悪いことしたかな?)


デートに誘われる(電話)

  • 紺野
(あれ?誰だろ?)
「もしもし。」
「もしもし、紺野です。」
「あ、紺野先輩。どうしたんですか?」
「よかったら今度の日曜に、設楽も入れて3人で遊びに行かない?」

『はい、是非!』
「本当?よかった。」
「今度の日曜日、○○で待ち合わせでいいですか?」
「ああ、設楽には僕が伝えるよ。じゃあ、また。」
(3人でお出かけか。楽しみだな)

『その日はちょっと……』
「そっか、しょうがないな。また今度誘うよ。」
(せっかく誘ってくれたのに、2人に悪いことしたかな?)

  • 設楽
「あれ? 誰だろ?」
「もしもし。」
「俺だ。」
「あ、聖司先輩。どうしたんですか?」
「今度の日曜、紺野と3人で出かけるぞ。」

『はい、是非!』
「よし。待ち合わせは?」
「今度の日曜日、○○で待ち合わせでいいですか?」
「それでいい。紺野には俺から伝えてやる。」
(3人でお出かけか。楽しみだな)

『その日はちょっと……』
「ああ、そう。じゃあな。」
(せっかく誘ってくれたのに、2人に悪いことしたかな?)


好き以上

デートに誘う(紺野)

  • OK
「わかった。設楽も一緒か……伝えておくよ。」
「お願いします。そのほうがきっと楽しいと思って。」
「うん、君がそう言うなら。」
「じゃあ、○月○日に○○で待ってます!」
「楽しくなるといいな。その……2人で行くよりも。じゃあ、また。」
(やったー!早く○月○日が来ないかなあ)

  • NG
「……ごめん、僕は遠慮するよ。」
「そうですか……残念です。」
「君からの誘い自体は歓迎だから、また誘って。3人でも、2人でも……」
「はい、そうします。」
「うん。じゃあ、また。」
(うーん、残念!)


デートに誘う(設楽)

  • OK
「わかった。……なんで3人なんだ?」
「そのほうかきっと楽しいと思って。」
「ふぅん……まあ、そうなるといいけどな。」
「じゃあ、○月○日に○○で待ってます!」
「ああ。紺野には俺が言っておく。」
(やったー!早く○月○日が来ないかなあ)

  • NG
「……行かない。」
「そうですか……残念です。」
「ちなみに、なんで3人なんだ?」
「そのほうが楽しいだろうと思って。」
「ふぅん、そうか。じゃあな。」
(うーん、残念!)

行き先指定


  • 紺野
「商店街でいい?」
「ボウリングでもしようか。どうかな?」
「ゲームセンターに行こうよ。」
「ちょうど花火大会があるんだ。」
「臨海公園でいい?」
「水族館はどう?」
「イベントホールに行こうよ。」
「プラネタリウムに行こうよ。」
「植物園でいいかな?」
「博物館に行きたいんだけど、いいかな?」
「フリーマーケットをやってるみたいだから、行ってみようよ。」
「遊園地に行こうか。」
「はばたき城でいいかな。」
「牧場でいいかな。」
「うちにおいでよ。」

  • 設楽
「花火大会やってるから、行こう。」
「ショッピングモールでいいよな?」
「プラネタリウムに行くか。」
「行き先は、植物園な。」
「森林公園だ、いいな。」
「博物館でいいな。」
「公園通りでいいな。」
「遊園地でいいか?」
「フリーマーケットに買い物に行くからな。」
「動物園でいいか?」
「はばたき城でいいか?」

待ち合わせ

通常

  • 遅れてくる(紺野が先に到着)

  • 遅れてくる(設楽が先に到着)
設楽「来たぞ。」
○○「あ、聖司先輩。」
設楽「なんだ、意外に早いんだな。」
紺野「あれ、僕の方が後か。」
○○「あ、玉緒先輩。」
紺野「お待たせ。」
設楽「じゃあ、行くぞ。」

  • 遅れていく

  • 2人とも早く来ている(友情)
○○(ちょっと早く着いちゃったかな……あれ、2人とももう来てる!
○○「2人とも早いですね。」
紺野「うん。こんなに早く3人揃うなんて、みんな真面目だな。」
設楽「おまえが言うな。」
紺野「それもそうか。少し早いけど、せっかくだからもう行こうか。」

  • 2人とも早く来ている(愛情)
○○(ちょっと早く着いちゃったかな……あれ、2人とももう来てる!)
○○「2人とも早いですね。」
紺野「うん、ちょっと早く着き過ぎてさ。」
設楽「おまえが“待たせちゃ悪いから早く集まろう”なんて言うからだ。」
紺野「だからって、まさか設楽が僕より早く着いてるとは思わなかったけど。」
設楽「……たまたま早く目が覚めたんだよ。」
○○「えっと……待たせてごめんなさい。」
設楽「遅れてないんだから、謝るな。ほら、行くぞ。」

  • 紺野が早く来ている
○○(ちょっと早かったかな……あれ、玉緒先輩、もう来てる!)

①紺野/友情
○○「早いですね、玉緒先輩。」
紺野「やあ。といっても、10分ぐらいだよ。」
○○「そんなに早く来なくても……」
紺野「人を待たせるのが嫌いなんだ。性分だから、気にしなくていいよ。」

②紺野/愛情
○○「早いですね、玉緒先輩。」
紺野「気にしないで。人を待たせるのが嫌いなだけだから。
 あと、どうせ設楽は最後だから、早く来れば君と2人で話せるし……」
○○「え?」
紺野「……なんて、半分冗談。でもせっかくだし、設楽が来るまで2人で話そう。」

①設楽/友情
設楽「来たぞ。」
○○「あ、聖司先輩。」
設楽「なんだ、意外に早いんだな。」
紺野「よし。じゃあ、行こうか。」

②設楽/愛情
設楽「あれ、遅れたか?」
○○「あ、聖司先輩。まだ時間前ですよ。」
設楽「おまえを待たせたことには変わりないだろ。なんか悔しいんだよ。」
紺野「よし。じゃあ、行こうか。」

  • 設楽が早く来ている
○○(ちょっと早かったかな……あれ、聖司先輩、もう来てる!)

①設楽/友情
○○「早いですね、聖司先輩。」
設楽「今来たところだ。」
○○「そうですか、よかった。」
設楽「紺野が最後か、珍しいな。来たら文句言ってやろう。」
○○「ふふっ。」

②設楽/愛情
○○「早いですね、聖司先輩。」
設楽「来たな。じゃあ、行くか。」
○○「えっ!ダ、ダメですよ、玉緒先輩がまだ……」
設楽「大丈夫だ。あいつは心が広い。」
○○「そういう問題じゃ……」

①紺野/友情
紺野「あれ、僕の方が後か。」
○○「あ、玉緒先輩。」
紺野「お待たせ。」
設楽「じゃあ、行くぞ。」

②紺野/愛情
紺野「ごめん、遅れたかな。」
○○「あ、玉緒先輩。まだ時間前ですよ。」
紺野「そうか。でも待たせちゃったな。次はもっと早く来るよ。」
設楽「じゃあ、行くぞ。」

鉢合わせ

紺野との約束に設楽鉢合わせ

○○(紺野先輩、遅いな……どうしたんだろ)
設楽「何キョロキョロしてるんだ。挙動不審だぞ。」
○○「あ、設楽先輩。待ち合わせをしてて……」
紺野「ごめん、遅れちゃって。……なんで設楽がここに?」

  • 紺野友好 設楽友好
『設楽先輩も一緒に行きますか?』
紺野「ああ、そうだな。暇なんだろ?来いよ。」
設楽「決めつけるなよ。暇じゃないけど、行ってやってもいい。」
紺野「はいはい。じゃあ、決まりだな。」
○○「3人で出発! ふふっ。」
紺野「よし、行こうか。」

『今から紺野先輩と出かけるんです』
設楽「ふぅん。失敗するなよ、紺野。」
紺野「何をだよ。もう行くぞ、じゃあな。」
○○「それじゃあ、設楽先輩。行ってきまーす。」

  • 紺野好き以上 設楽好き以上
『設楽先輩も一緒に行きますか?』
紺野「あ……」
設楽「……それは、やめといた方がいいだろ。」
○○「? どうしてですか、3人の方が楽しいですよ。」
紺野「そうだよ、設楽。3人で行こう。変な遠慮するなって。」
設楽「……わかった、行くよ。甲斐性なしめ。」

『今から紺野先輩と出かけるんです』
設楽「ああ、そう。馬に蹴られたくないから、早く行け。」
紺野「な、何言ってるんだよ。」
○○「?」
設楽「この鈍感相手じゃ大変そうだ。じゃあな。」
紺野「……ああ、じゃあな。」
○○「? 行ってきます。」

設楽との約束に紺野鉢合わせ

○○(設楽先輩、遅いな……どうしたんだろ)
紺野「やっぱり君か。どうしたの、1人で。待ち合わせ?」
○○「あ、紺野先輩。はい、待ち合わせしてて……」
設楽「遅くなった…… 紺野? 何してるんだ?」

  • 設楽友好 紺野友好
『紺野先輩も一緒に行きますか?』
設楽「そうだな。 ついでだから、来いよ。」
紺野「ついでか。 じゃあついでに行くよ 。ありがとう。」
設楽「よし、決まりだな。」
○○「じゃあ3人で行きましょう。」
設楽「ああ、行くぞ。」

『今から設楽先輩とお出かけなんです』
紺野「設楽、あまり文句言って困らせるなよ?」
設楽「さあな。 もう行くぞ。」
○○「それじゃあ、紺野先輩。 行ってきまーす。」

  • 設楽好き以上 
『紺野先輩も一緒に行きますか?』
設楽「なっ!」
紺野「それは……悪いだろ。急にさ。」
○○「そんなこと。3人の方が楽しいですよ。」
設楽「用事があるわけじゃないんだろ。
  断る理由がないなら来いよ。何か問題でもあるのか?」
紺野「わかった。2人がそう言うなら、付き合う。
  また強がって……」

『今から設楽先輩と出かけるんです』
紺野「そう、仲いいんだな。」
設楽「別に、普通だ。」
○○「紺野先輩はこれからどうするんですか?」
紺野「僕はちょっと用事があって。 邪魔者は消えるから、安心して。」
設楽「余計なこと言うな。 ほら、こっちも行くぞ。」
○○「? はい、 行ってきます。」


デート評価~デート終了

評価

※デート中の各会話ごとの評価に応じて最後に追加されるセリフ

  • 紺野○ 設楽○ パターン
紺野「今日は楽しかった。文句無しだ。」
設楽「ああ。悪くない一日だった。」
設楽「楽しかった。いつもこうだといいんだけどな。」
紺野「うん、そうだな。あっという間の一日だった。」

  • 紺野× 設楽○ パターン
紺野「今日は……どうしてだろう、あんまり楽しめなかったな。」
設楽「そうか?俺は結構楽しめたけどな。」
設楽「楽しかった。いつもこうだといいんだけどな。」
紺野「う~ん。正直言うと、僕はあまり……」

  • 紺野○ 設楽× パターン
紺野「今日は楽しかった。文句無しだ。」
設楽「……俺は文句ばかりだ。」
設楽「なんかこう……もうちょっとどうにかならなかったのか?今日。」
紺野「十分楽しんだけどな。僕は満足。」

  • 紺野× 設楽× パターン
紺野「今日は……どうしてだろう、あんまり楽しめなかったな。」
設楽「あんまりどころじゃない。全然ダメ、だ。」
設楽「なんかこう……もうちょっとどうにかならなかったのか?今日。」
紺野「タイミングが合わないというか、ね。まぁ、こんな日もあるよ。」


終了

紺野「 ○○さん、家まで送るよ。3人で話でもしながら帰ろう。
設楽「 じゃあ、帰るぞ。ぐずぐずするなよ、おまえら。

自宅前

○○「 家まで送ってくれてありがとうございます。

  • 紺野
◎「 はぁ、楽しかった……また連絡するよ。おやすみ。
◯「 やっぱりこの3人が一番だな。それじゃ、また。
△「 今日はお疲れさま。また遊びに行こう。
×「 お疲れさま。それじゃ。
  • 設楽
◎「 今日はちゃんと休めよ。おやすみ。
◯「 じゃあ、また3人でな。
△「 じゃあな。また連絡する。
×「 じゃあな。

メール

※W大接近や△の状態等に応じて選択される

  • 紺野
ちょっと恥ずかしい……でも、嬉しい「 今日は最高の一日だった!設楽には少し悪かったかな。僕ばかり君を独占していた気がするから
すごく喜んでるみたい「 君のおかげで充実した一日になったよ。2人きりだったらもっと良かったかもしれないけどね?
○○「 君は場を盛り上げるのが本当に上手いんだな。さすがの設楽も今日は文句ないみたいだったしね。
すごく近づけた気がする「 君は人を楽しませる才能があるんだな。今日は一日、笑ってばかりいた気がする。またみんなで遊びに行こう
少し近づけたかも「 今日は本当に楽しかった。こんなにはしゃいだのは久しぶりかもしれないな。また3人で遊びに行こう
  • 設楽
○○「 今日は最初から最後までおまえのペースだ。さっきからおまえのことばかり考えてる
すごく喜んでるみたい「 おまえが面白すぎて、途中から紺野の存在忘れてた。どうせなら今度は2人で行くか?
少し近づけたかも「 お疲れ。おまえといると、一日があっという間だな。次も期待してる


デートすっぽかし後の留守電

紺野「(設楽に向かって)やっぱり留守電だね・・・・・・
(電話に向かって)あっ、もしもし。紺野です。」
○○「えっ?紺野先輩?」
紺野「今、設楽と一緒に待ってるところです。何かあった?理由はどうあれ、遅れるならまず連絡を・・・・・・」
設楽「紺野、貸せ。」
  「俺だ。先輩2人との約束をすっぽかすなんていい度胸だな。俺たちは帰る。じゃあな。」

更新日時: 2015/05/28 15:32:35
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ