※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


喫茶店会話

【好きなテレビ番組について】

「テレビは、よく観る方? どんなの観てるの?」
「結構観るよ。ドラマも、バラエティもね、女子高生だし?」
「そういうの、家で禁止されてたりしないの?」
「何それ、ないない。ウチはみんなが思ってるより普通だって!
 ……たぶんね。それに今は一人暮らしだし。」
「あ、そうか。」
「実家にいた頃より、テレビがついてる時間は増えたけど。
 一人だと、静かじゃない? テレビの音でも、ないよりはね。」
「そっか。やっぱり寂しい?」
「少〜しだけね。でも心配なら、いつでも歓迎するぜ?」
(一人暮らしか、どんな感じなんだろう……)

【好きな食べ物について】

「食べ物の好き嫌いってあったりする?」
「ううん、なんでも食べる。バランス良くね。」
「あ、気を遣ってるんだ。」
「"おしゃれ道を究めるには美しい食事からだワ" これ、吾郎先生の受け売り。」
「うーん。吾郎先生の言葉だと、説得力あるなあ。」
「でもお肉とは脂っこいものも好きなんだよね〜。ガマンするけど!」
「モデルもやってるもんね。大変だ。」
「あと甘いものもね? だから好きなものは甘い物! 女の子だもん。
 あー、だめ。食べたくなってきちゃった。追加でケーキ頼んでもいい?」
「ふふっ、もちろん。」
「やった! でも全部はな……半分こしよ。ね?」
(普段から努力してるんだな……)

【好きなスポーツについて】

「やっぱり、バレー以外のスポーツも得意なの?」
「大抵なんでもやるよ?でも最近は、特に何もやってないな。」
「そうなんだ、忙しいもんね。」
「まあね。でもバンビのためなら、付き合っちゃう。」
「ふふっ。でもわたし、カレンについていけるかな?」
「じゃあさ、軽くボウリングとか。」
「あ、それもスポーツか。」
「あとはプールで泳いだり、ビリヤードもいいかもね。ベイビー?」
(なんだか、デートに誘われてるみたい)

【良く聴く音楽について】

「カレンは音楽はよく聴く?どんなのが好き?」
「あー、うん……笑わない?」
「? もちろん。」
「えっと、つまり……アイドル、ってやつ?歌って踊って〜みたいな。」
「そうなんだ。たしかに少し意外かも。」
「やっぱそうか……でもさ、可愛いんだもん。」
「可愛い系の人がいいんだ。」
「やっぱ可愛いのがいいよ。おっきなリボンに〜、フリフリのレースで〜!」
「ん?」
「アタシも夢だったんだけどな。憧れてるうちに背がどんどん伸びちゃって。
もういい、諦めた!似合わないもん。」
(あれ?アイドルって……女の子?)

【趣味について】

「ねぇ、カレンの趣味ってなに?たくさんありそうだけど。」
「そうだなあ。趣味も仕事も区別がなくなっちゃってるけど……
可愛いものを、かわいーかわいーすること!」
「可愛い物……ぬいぐるみとか?」
「そうそう。」
「服とか、小物とか。」
「そうそう。」
「あとは……」
「可愛い動物でしょ、可愛い花でしょ、でもなんといっても、可愛い女の子!」
「え?」
「だから今は趣味の時間。うふ♡」
(趣味の時間?)

【学校のことについて】

「ねぇ、カレンって中学生の頃、どんな感じだったの?」
「そうだな……今よりは、女の子っぽかった。」
「格好よくもあるけど……今だって女の子っぽいでしょ?」
「テヘ♡やっぱり?
自分で言うのもなんだけどさ、中学に入る前はもっと小さくて可愛かったんだ。」
「へえ~。」
「それが急に背が伸び始めてね。ほんとはもっと、可愛い服も着たいんだけどな〜。」
「カレン……」
「だからさ。アタシの代わりに可愛い服着て?」
「ええ!?」
「いいでしょ?お願いっ!ミヨは着てくれなかったんだもん。バンビが頼みの綱!」
(ど、どうしよう……)

【将来の夢について】

「カレンの将来の夢ってどんなの?やっぱりファッション関係?」
「うん、まあね。」
「世界の花椿だもんね。」
「"花椿だから"っていうのは、ちょっと……」
「?」
「ああ、ごめん。業界で仕事してると、色々あるんだ……それ以上にやりがいもあるけど!」
「そっか、そんな甘い世界じゃないよね。」
「でもね、あと5年もしたら、下の名前で世に出てみせるよ?ニューヨークに自分の店を出すのが目標。」
「素敵……カレンなら本当にできちゃうかも。」
「ふふ、ありがと。世界のカレン。どう?」
(カレン、色々考えてるんだな……)

【異性の好みについて】

「あのね、カレンってどんな人が好きなの?好みのタイプは?」
「アタシが男だったら、バンビみたいのがタイプ♡」
「もう!真面目に聞いてるのに。」
「もう!真面目に答えてるのに。なんてね。」
「もう……」
「ごめん。そうだな……アタシはこんなだし、無茶なことしてもついてきてくれるってのは最低条件かな。
あともっと理想を言えば、対等に戦える相手がいい。」
「戦う?」
「うん、お互いぶつかりあえて、アタシが負けちゃうくらいでもいい。そういう、尊敬できる相手がいいんだ。」
(なるほど、カレンらしいな……)

【恋愛について】

「あのね、カレンは恋愛って、どう考えてる?」
「まさかバンビ、好きな男でもできた!?」
「そ、そういうわけじゃなくて。なんとなく。」
「本当だろうね?うーん、わかんない。素敵な恋愛ができればなー、とは思うけどさ。」
「カレン、モテるのに。」
「はあ〜……女の子に、でしょ?」
「男の子にだって、モテると思うけど……」
「モテないよ。男子はちょっと遠巻きっていうかさ。」
「そうかな?」
「うん。なんだろ、怖がられてるような……ほら、でかいし。
アタシは気にしないけど、男子は気にするのかな。好きになったら、そんなの関係ないのにね!」
(本当にモテそうだけどなあ……)



更新日時: 2015/03/31 10:29:46
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ