■普通以下

  • 下の方
  • 普通
「よ。おまえ、どうだった?」
「あ、不二山くん。わたしは……」
「あ、あった。ふーん、まあまあだな。でも、普通が一番だと思う。」
(う~ん。もうちょっとがんばらないとね)
  • 上の方
  • 1位
「すげぇな、おまえ。」
「あっ、不二山くん。ふふっ、がんばったからね?」
「トップの余裕ってヤツか。なんかおまえ、カッコいいぞ?」
(へへっ、嬉しいな♪がんばってよかった!)

■友好

  • 下の方
「あれ?おまえの名前が近くにある。」
「あっ、不二山くん。」
「俺が言うのもなんだけど、もうちょい勉強しとけよ。俺は柔道優先してるっていう理由があるんだからさ。」
(それは……でも、もう少しがんばらないとダメだよね……)
  • 普通
「よ。どうだった?」
「あ、嵐くん。まあまあかな……」
「そっか。でもおまえ、もう少しでいいトコ行けそうだな。」
(そうだよね……もう少しがんばらなきゃ)
  • 良い成績
  • 1位
「○○。おまえ、1位だぞ?」
「あ、嵐くん。うん。」
「なんだ、余裕だなー……柔道なら負けねーんだけどな。」
「ふふっ。」
「なんでもトップってのはいいよな。すげぇよ、おまえ。」
(がんばってよかった!)


■好き以上

  • 下の方
  • 普通
「○○。」
「あ、嵐くん。」
「もうちょいで上位だな。惜しい。おまえならきっとトップクラスに行けると思う。がんばってみろよ。」
(そうだよね……うん、もう少しがんばろう!)
  • 良い成績
  • 1位






更新日時: 2016/10/19 13:47:11
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ