※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


普通以下

電話(誘う)

「はい、紺野です。」
「紺野先輩ですか? ○○ですけど。」
「ああ、あけましておめでとう。今年もよろしく。」
「あけましておめでとうございます。これから初詣に行きませんか?」
  • OK
「初詣か。そうだね、お正月だし……構わないよ。」
「よかった。待ち合わせは……」
「僕がそっちに行こう。 君のほうが用意に時間がかかりそうだしね。」
「はい。それじゃ、待ってます。」
  • NG
「ごめん、今ちょっと手が離せないんだ。……あ、すぐ手伝うから!」
「? えーと、お邪魔しました……」

お迎え

「あけましておめでとう。今年もよろしく。」
「あけましておめでとうございます。」

「晴れ着だ。着るの難しいんだろ?」
「こんなややこしい服、昔の人はよく考えたと思うよ。この帯なんてどうなってるのかな……」
(一応気に入ってくれた……のかな?)

「それじゃ、行こうか。」

参詣

「うわ……芋を洗うようとはまさにこの光景だな。」
「すごい人ごみ……」
「ここまで来たからにはゴールを目指さなきゃ。中途半端はよくない。」
「紺野先輩、気合入ってますね。」
「一度始めたらコンプリートしたくなる性格なんだ。さあ行こう。」
(コンプリート?)

おみくじ

「あ、おみくじがあるな。どうする?」
「そうですね……」

『引いてみましょう』
「そうか、それなら僕も付き合おうかな。」

『うーん、やめておきましょう』
「いいの? まぁ、君がいいなら……」
(……ひょっとして引きたかったのかな)

お参り終了

  • 1年目
「さてと、正月のイベントひとつクリアだ。あとは……」
「何かあるんですか?」
「紺野家ルールみたいなものがね。一年の抱負とか……」
「それじゃ、ここでお開きにしよう。おつかれさま。」
(今年も一年、良い年でありますように……)

  • 2年目
「はぁ……このところ特に運動不足だったから、ちょっとこたえた。」
「受験勉強が追い込みの時期ですもんね。」
「まあね。でも正月くらいはゆっくりするよ。」
「それじゃ、今日はお疲れさま。」
(今年もいい年でありますように……)

  • 3年目


友好

電話(誘う)

「はい、紺野です。」
「玉緒先輩ですか?◯◯ですけど。」
「ああ、あけましておめでとう。今年もよろしく。」
「あけましておめでとうございます。これから初詣に行きませんか?」
「いいね、行こうと思ってたんだ。おせちを食べ過ぎて、運動不足で……」
「ふふ、それじゃ待ち合わせは……」
「僕が迎えに行くよ。運動がてら、走って。」
「はい。それじゃ、待ってます。」

電話(誘われる)

「あっ、電話だ。」
「紺野です。あけましておめでとう。」
「あ、玉緒先輩。あけましておめでとうございます。」
「これから初詣に行くんだ。よければ君も一緒にどうかな。」

  • OK『はい、行きます!』
「そうか、よかった。自宅まで迎えに行くから、待ってて。」
「はい。それじゃ、またあとで。」
  • NG『すみません、今日はちょっと……』
「そうか、いきなりじゃ難しいかな。それじゃ。」
(断っちゃって、失礼だったかな……)

お迎え

「○○さん、あけましておめでとう。」
「あけましておめでとうございます、紺野先輩。」

「晴れ着だ。いいね。」
「ふふ、ありがとうございます。」
「晴れ着の子と一緒に初詣なんて、御利益が割増されるような気がするよ。」
(紺野先輩、気に入ってくれたみたい。よかった!)

「それじゃ、行こうか。」

参詣

「やっぱりというか、予想通りというか……」
「混んでますね……」
「やれやれ。無事帰ってこれたらレベルアップできそうな気がするよ。」
「え?」
「さあ行こう。人にぶつかるたび経験値が下がるから、気をつけて。」
(経験値?)

おみくじ

「ああ、おみくじ前も大混雑だ。引いてみる?」
「そうですねぇ……」

『よし、引きましょう!』
「よし、それなら僕は大凶を狙おう。」
「えっ、大凶ですか?」
「本当に引いたらかえって運がいい気がするし、他の結果なら大凶よりはマシだと思えるだろ?」
(そう……なのかな?)

『うーん、やめておきましょう』
「……そう?まぁ、混んでるしな。そっか……」
(なんだか残念そう。悪いことしちゃったかな……)

お参り終了

  • 1年目
「さてと……もう思い残すことはない?」
「大丈夫です。」
「それじゃ帰ろうか。人ごみから抜けると寒さが身にしみるよ。」
--
「すみません、送ってもらっちゃって。」
「うん、気にしないで。改めて今年もよろしく。」
「よろしくお願いします!」
「それじゃ、また。」
(今年も一年、よい年でありますように……)

  • 2年目
「さてと、学業成就のお守りは買ったし……」
「今年はいよいよ受験ですね。」
「神頼みは済ませた。あとは自分ががんばらなきゃ。最終的に頼れるのは自分だからな。」
「風邪なんかにも気をつけないと。」
「あ……」
「……玉緒先輩?」
「健康祈願のお守りも必要だったかな……」
--
「今日はありがとうございました。」
「こちらこそ。お互い元気に新学期を迎えよう。それじゃ。」
(今年もいい年でありますように……)

  • 3年目
「いよいよ卒業だな、君も。」
「はい。なんだかあっという間で……」
「わかるよ。僕にはもう高校生活が遠い昔のように思える。」
「卒業してまだ一年も経ってませんよ?」
「それでもそう思うんだ。
 あの頃は後悔も多かったけど、それ以上に毎日が輝いてた。まぶしいくらい。」
「紺野先輩……」
「君にとってもきっとかけがえのない日々になる。一日一日、卒業まで毎日を大切に過ごしてほしい。」
「……はい!」
--
「今日はありがとうございました。」
「うん、今度また高校の話聞かせてくれるかな。それじゃ。」
(もうすぐ卒業か……よし、精一杯がんばるぞ!)


好き以上

電話(誘う)

「はい、紺野です。」
「玉緒先輩ですか?あけましておめでとうございます。○○です。」
「あけましておめでとう。……もしかして初詣のお誘い?」
「はい、そうです。」
「ああ、よかった!嬉しいな、僕もちょうど君を誘おうと思ってたところだったんだ。」
「よかった、それじゃ待ち合わせは……」
「いいよ、君は家で待ってて。すぐ迎えに行くから。
 ……あっ、用意に時間かかるかな?そうだな、少し時間を置いてから行くよ。」
「はい。それじゃ、待ってます。」

電話(誘われる)

「あっ、電話だ。」
「紺野です。あけましておめでとう。」
「あ、紺野先輩。あけましておめでとうございます。」
「えーと……もしよければ、これから初詣に行かない?」

  • OK『はい、よろこんで!』
「よかった、ありがとう!」
「え?」
「あっ、いや……それじゃ、少ししたら迎えに行くよ。家で待ってて。」
「わかりました。それじゃ、またあとで。」

  • NG『その……すみません』
「えっ?……そうだな、急だったし」
「しょうがないよ、うん、それじゃ……」
(断っちゃって、失礼だったかな……)

お迎え

「︎○○さん、あけましておめでとう。」
「あけましておめでとうございます、紺野先輩。」

「へぇ、かわいいな……」
「えっ?」
「あっ、晴れ着がだよ!いや、晴れ着だけじゃなくて!
 えーとつまり……似合ってるよ、とても。」
(よかった、紺野先輩気に入ってくれたみたい!)

「用意はいい?それじゃ、行こうか。」

参詣

「……満員電車みたいだな。」
「混んでますね……」
「人と並んで歩くとき、君は右派?それとも左派?」
「え?」
「そういうの、ない?基本的に道の左側を歩くとか、荷物を右手で持つから人は左がいい、とか。」
「特には……」
「そうか。それなら、手を繋ぐなら右手がいいとか、左手がいいとか……
 ……もうどちらでもいいか。その、はぐれないように手をつないでも?」
「あっ、はい。よろしくお願いします。」

おみくじ

「あ、おみくじがありますね。」
「さすがに賑わってるなぁ。僕たちも引いてみようか?」

『よし、やってみましょう!』
「よしきた。………………」
「……紺野先輩?」
「手に念を送ってるんだ。いい結果が出ますように!」
「気合入ってますね……よーし、わたしも!」

『やめておきましょう』
「えっ?」
「?」
「あっ、いや……そうか、いいのか。なんだ……」
(すごく残念そう……楽しみにしてたなら、悪いことしちゃったな)


お参り終了

  • 1年目
紺野「はぁ、ひどい混雑だったな。はぐれずに済んでよかった」
○○「今日は一日中こんな感じなんでしょうね」
紺野「そうだな、僕たちもまだ気を抜けない。帰るまでが初詣だ」
○○「はい!」
--
紺野「学業成就のお守りも買ったし、君を無事送り届けた。今日の任務は完了かな」
○○「ありがとうございます。送ってもらっちゃって……」
紺野「僕が送りたかったんだ。一年の初めに君と長くいるほど、いいことがありそうな気がして……」
○○「……え?」
紺野「いや、こっちのこと。今年もまた、よろしく」
○○「こちらこそ、よろしくお願いします」
紺野「うん。それじゃ、また」
○○(今年は後輩ができるんだし、わたしもがんばらなきゃ……)

  • 2年目
「……君、何を願った?」
「ナイショです。紺野先輩は?」
「僕は……わかるだろ?」
「もちろん、合格祈願!」
「半分当たり。」
「半分……?」
「もう半分はナイショ。」
「さあ、帰ろう。送るよ。」
--
「……紺野先輩、歩いてる間ずっと考え事してましたね?」
「うん。受験を終えたら卒業だなって。 君ももうすぐ3年生だ。進路のこと考えてる?」
「一応は……」
「一流大学受けなよ。待ってるから。」
「えっ?」
「……なんて、まずは僕が受からなきゃ。先生が太鼓判を押してくれてはいるけど、気は抜けない。」
「紺野先輩……」
「今日くらいは休むさ。それじゃ。」
(進路か……今年も一年、がんばろう)

  • 3年目
「……去年はここで合格祈願したんだな。」
「今年は何を?」
「願いを口にしたら叶わないって聞くから、秘密。」
「え~。」
「はは、行こうか。風が強くなってきた。」
--
「もうゴールか。ゆっくり歩いたつもりだったんだけどな……」
「ありがとうございました。送ってもらっちゃって。」
「いいよ。君と少しでも長くいたかったんだ。」
「……去年の今頃、僕は新しい生活への不安と期待と、どうしようもない焦燥感の中にいた。」
「……焦燥感?」
「高校を卒業したら、君との接点がなくなってしまうような気がしたんだ。
 でも、僕は今もこうして君のそばにいる。去年、合格祈願と一緒にそれを願ったんだ。」
「えっ……?」
「来年もこうして一緒に初詣に行けるなら……そのとき、今年何を願ったか教えてあげるよ。 ……それじゃ。」
「紺野先輩……」

親友状態

誘う(電話)

 ※この部分以外は友好状態と同じのようです
「はい、紺野です。」
「紺野先輩ですか? ○○ですけど。」
「ああ、あけましておめでとう。今年もよろしく。」
「あけましておめでとうございます。これから初詣に行きませんか?」
「あれ、僕でいいの? 彼、忙しいって?」
「そういうわけじゃ……」
「ごめん、余計なこと言って。いいよ、行こう。君の家まで迎えに行く。」
「はい。それじゃ、待ってます。」


おみくじ結果

(紺野先輩はどうだったのかな?)
「……吉だったよ。」
「……なんだか浮かない顔ですね?」
「うーん、しっくりこないというか……
 吉って中くらいの運という意味なのかな。よくも悪くもなく、普通ってこと?」
「えーと……」
「帰って詳しく調べようと思いつつ、毎年忘れるんだ。だから毎年もやもやする。」
(……そんなに吉ばかり引いてるのかな……)

(玉緒先輩はどうだったんだろう?)
「……半吉だ。」
「……珍しいですね。」
「これ、吉よりいいのかな、悪いのかな。末吉なら聞いたことがあるんだけど……」
「吉だから、悪いわけじゃないと思いますけど……」
「そもそも全部で何種類あるんだろう?半吉があるってことは、半凶もあるのかな。
 毎年こんな結果ばかりだ。いっそ大凶を引いたほうがすっきりするかもしれない。」
(……毎年すっきりしない結果みたい……)




更新日時: 2015/06/14 23:58:21
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ