※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


電話/約束

普通以下

■デートに誘う
「はい、紺野です。」
「あ、紺野先輩ですか?◯◯です。」
「ああ、こんにちは。何か用?」
「えっと……」
  • OK
「大丈夫、その日は空いてる。」
「よかった。じゃあ、◯月◯日に◯◯で待ってます。」
「わかった。それじゃ。」
(やった!早く◯月◯日が来ないかな)
  • NG
「ああ、その日は駄目だな。」
「そうですか……」
「うん。それじゃ。」
(うーん、残念……)

友好

■デートに誘う
「はい、紺野です。」
「あ、紺野先輩ですか? ○○です。」
「君か。どうした?」
「えっと……」
  • OK
「いいよ。どこで待ち合わせる?」
「じゃあ、○月○日に××でどうですか?」
「うん、構わない。それじゃ。」
(よかった!早く○月○日が来ないかな)
  • NG
「ごめん、行きたいのはやまやまなんだけど……」
「ダメですか……」
「うん、先約が入ってる。また誘ってくれるかな。それじゃ。」
(うーん。残念……)

好き以上

■デートに誘う
「はい、紺野です。」
「あ、○○ですけど……」
「うわっ!?」
「?」
「あっ、その、ちょうど今君に電話しようかどうしようか迷ってたというか、悩んでたというか……
 ……何言ってるんだ、僕は。ごめん、用件をどうぞ。」
「えっと……」
  • OK
「もちろん、行くに決まってる。」
「やった!それじゃ、○月○日に××で待ってます。」
「了解、楽しみだな。電話ありがとう。それじゃ。」
(よかった!早く月日が来ないかな)
  • NG
「あー……」
「……ダメですか?」
「残念だけど、その日は行けそうにないな。本当に残念なんだけど……
 せっかく電話をくれたのに、ごめん。それじゃ……」
(うーん、ホントに残念……)

■デートに誘われる(校内)
「ああ、ここにいた。」
「紺野先輩。どうしたんですか?」
「君の予定を聞こうと思って。今度の日曜日なんだけど、どうかな。」

  • OK『はい、大丈夫です』『行きます!』
「やった!」
「あっ、えーと……それじゃ、当日どうしようか。」
「今度の日曜日に○○で待ち合わせでどうですか?」
「うん、そうしよう。それじゃ、楽しみにしてる。」
(紺野先輩からデートに誘われちゃった!)

  • 断る『その日はちょっと……』
「……そうか、それならしょうがないな。」
「あの……」
「いいんだ、気にしないで。はぁ……」
(紺野先輩、がっかりしてる?日曜日に何かあったのかな?)

  • 行き先を聞いてから断る『ええと、ごめんなさい……』
「あ、いいんだ。いや、よくないけど、急だったし……
 ……はぁ。それじゃ……」
(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな……)

■デートに誘われる(電話)
「あれ? 誰だろう。」
「もしもし、紺野です。」
「あ、紺野先輩。○○です。」
「突然なんだけど……今度の日曜日、空いてるかな。」

  • OK『はい、大丈夫です』『行きます!』
 ※校内と同じ

  • 断る『その日はちょっと……』
「駄目なのか……」
「すみません……」
「あっ、君のせいじゃないんだ。突然聞かれても困るよね、はは……」
「はぁ……それじゃ。」
(紺野先輩、がっかりしてる?日曜日に何かあったのかな)

  • 行き先を聞いてから断る『ええと、ごめんなさい……』
 ※校内と同じ

行き先指定

「今度、花火大会があるだろ?よければ一緒にどうかな。」
「夏だし……海にでも行ってみようか。」
「海に行かないか。少し寒いかもしれないけど、気分がスッキリするよ。」
「桜が見ごろらしいよ。一緒にお花見しない?」
「それじゃ、城に付き合ってくれないかな。たまに行きたくなるんだ。」
「牧場に行かない?緑がいっぱいで気持ちがいいよ?」
「スキーに行かないか?風を切って滑るのはきっと気分がいいよ。」
「よければだけど……うちにおいでよ。歓迎する。」

親友

■デートに誘う
  • OK
「彼を差し置いて僕でもいいのかな。」
「もう、紺野先輩……」
「はは、冗談。
 いいよ。どこで待ち合わせる?」
「じゃあ、……でどうですか?」
「うん、構わない。それじゃ。」
※NGセリフは友好と同じ

待ち合わせ

普通以下

  • 遅れてくる
(玉緒先輩、まだ来てないみたい。)
「ごめん。待ったよな。」
「大丈夫です。私も着いたばかりですから。」
「それでも、遅刻は遅刻だ。本当にごめん。」
  • 遅れていく
(あっ、玉緒先輩もう来てる!)
「ごめんなさい、遅れちゃって!」
「そんなに走らなくても大丈夫だよ。」
「すいません……」
「気にしないで。じゃあ、行こうか。」
  • 早く来ている

友好

  • 遅れてくる
(玉緒先輩、まだ来てないみたい)
「ごめん、待たせた!」
「大丈夫です。わたしも着いたばかりですから。」
「おまけに気まで遣わせちゃったか。」
「本当に着いたばっかりですよ?」
「うん……じゃあ、今回は甘えさせてもらうよ。行こう。」
  • 遅れていく
「ごめんなさい、遅れちゃって!」
「遅刻者には罰として……」
「罰として……?」
「やっぱり思いつかなかったから罰はなし。行こう。」
  • 早く来ている
(ちょっと早かったかな……あれ?)
「玉緒先輩、早いですね?」
「あれ、そういう君も早いな。」
「じゃあ、そのぶん長く遊べますね。」
「はは、確かにそうだな。じゃあ、もう行くか。」

好き以上

  • 遅れてくる
(紺野先輩、まだ来てないみたい)
「ハァ、ハァ……ごめん、遅れて!」
「紺野先輩。わたしも今来たところですよ?」
「それでも、ごめん。約束しておいて待たせるのは、ダメだ。」
「ふふっ、大丈夫ですよ。気にしないで下さいね。」
「はは、ありがとう。君には癒されるな。」
  • 遅れていく
(あっ、紺野先輩もう来てる!)
「ごめんなさい、遅れちゃって!」
「良かった……来なかったらどうしようかと思った。」
「ごめんなさい!」
「ううん、こっちこそ。縁起でもなかったな、ごめん。」
「そんなこと……悪いのはこっちです。」
「いいよ、君の顔を見て安心できたから。それじゃ、行こうか。」
  • 早く来ている
(ちょっと早かったかな……あれ?)
「紺野先輩、早いですね?」
「うん、早く来すぎたんだ。何だか格好悪いな。」
「どうしてですか?」
「ほら、小学生の頃、遠足前だけ早く来る奴っていただろ?」
「それって遠足が楽しみだからですよね?」
「……まあ、そういうこと。やっぱり恥ずかしいな。さあ、行こう。」

デート評価~デート終了

普通以下

◎「 今日は楽しかった。誘ってくれて、ありがとう。
○「 ああ、楽しかった。また一緒に来たいな。
△「
×「
××「

  • 終了(通常)
 「 さ、帰ろうか。

  • 終了(花火大会、ナイトパレード、スキー)
 「 もう暗いな。送ろうか。

友好

◎「 今日は本当に楽しかった。贅沢な一日になったよ。
○「 ずっと笑ってばかりだったよ。一日があっという間だった。
△「 君は今日、どうだった?楽しかったならいいんだけど。
×「 今日はちょっと、調子が悪かったのかな。疲れてるのかもしれない。
××「 君に落ち度があったわけじゃない。気にしないで。

  • 終了
 「 送っていくよ。一人じゃ危ないから。

  • 終了(××)
 「 またね。気をつけて。

好き以上

  • ◎評価
 「 ありがとう。今日は笑うたび、こうして君に感謝してた気がする。
 「 あんまり楽しくて怖いくらいだったよ。今日は来てくれてありがとう。
  • ○評価
 「 楽しい時は過ぎるのが早いな。君が一緒だと、なおさらそれを実感するよ。
 「 君といると、一日が本当にあっという間だ。またつき合ってもらえるかな。
  • △評価
 「 今日は誘ってもらえて、嬉しかった。また明日から頑張れそうだ。
 「 つき合ってもらったからには、気分転換くらいさせてあげたかったんだけど……
  • ×評価
 「 今日は君の顔ばかり見てたよ。本当に僕でよかったのかな、なんて考えちゃって……
 「 ……今日はごめん。誘っておいて謝るのもなんだけど……
  • ××評価
 「 散々な一日になったな。ごめん。もうちょっとどうにかしようがあったと思うんだけど。
 「 ごめん。これに懲りず、またつき合ってくれるかな。本当にごめん!


  • 終了(通常)
「時間があるなら、もう少し付き合ってもらってもいいかな。」

『はい、大丈夫です』
「よかった。ちょっと寄り道していこう。」
「はい。」

『すみません、今日はちょっと……』
「……そうか。しょうがないな……わかった、帰ろう。」
「はい。」
(断って、悪かったかな……)

  • 終了(花火大会、ナイトパレード、スキー、家)
「送らせてもらっていいかな。もう少しこのまま話していたいから……」

  • 終了(××)
「今日は本当にありがとう。それじゃ、気をつけて。」

親友

◎「 楽しかったな、よかったらまた来よう。はは、本命に悪いかな。
○「 今日の予行演習が本番に活かせるといいな。
△「 デートの予行演習ならまたいつでも付き合うから。そこは遠慮しないように。
×「 本番ではあまり無理しないように。本命相手に失敗はできないだろ?
××「 疲れたの?僕になら、いくらでもわがまま言ってくれていいから。そのための予行演習なんだし。

その他

前と同じ場所


「ここが嫌なわけじゃないけど、よければ次は違う場所に行かないか?」
(しまった!前のデート場所くらいちゃんと覚えておくんだった!)」

名前変化

「あー、その……
 ………………」
「えっ?」
「○○さん。」
「あ、はいっ。」
「君のこと、これから名前で呼んでもいいかな。……どうだろう?」
『もちろんいいですよ』
「じゃ、じゃあ次からはそれで。はは、やった……」
(なんだかちょっと照れるかも……)
『それはちょっと……』
「や、やっぱりそうか。そうだよな。はは……」
(悪いことしちゃったかな……

すっぽかし後の留守電

「あ、携帯に留守録入ってる……誰だろう……」
「紺野です。」
「……紺野先輩?」
「今日はどうした?
 事情があるのかもしれないけど約束は約束だ。次からはちゃんと連絡するように。」
「いけない!デートの約束してたんだ!」

選択肢××後のフォロー電話

(はぁ……わたし、何であんなこと言っちゃったんだろ……
「あれ?電話……紺野先輩から?もしもし。」
「紺野です。……良かった、出てもらえなかったら、どうしようかと思った。」
「あの、わたし。さっきは……」
「ううん、君は悪くないんだ。僕が無神経だった、ごめん。」
「そんなこと……」
「本当に気にしなくていいから。用件はこれだけなんだ、またね。」
(紺野先輩 気を遣って電話してくれたんだ……)


爆弾示唆イベント

■下校時に無言で立ち去る
「あっ、玉緒先輩。」
「………………(溜め息)」
(玉緒先輩怒ってるみたいだったな……)

■デート後に爆弾発生中の相手から電話
○○「送ってくれて、ありがとうございます。わざわざすいません。」
紺野「気にしなくていいよ。好きでしてるんだから。」

-電話鳴る-
紺野「どうぞ。」
○○「はい、失礼します。」

-電話出る~電話終了-

紺野「顔色が良くないよ。大丈夫?」
○○「ううん、全然。大丈夫です。」
紺野「そう?困ったことあったら、すぐに呼んで?」
○○「はい、ありがとうございます。」
紺野「……よろしい。それじゃ、またな。」
-部屋に戻る-
(はぁ、びっくりした……
 早めに紺野先輩に連絡しておこう) ←バグ ※正しくは爆弾発生相手の名前

■デート後に爆弾発生中の相手と鉢合わせ
※親友発生イベント時と同じ
○○「ありがとうございます。家まで送ってくれて。」
紺野「どういたしまして……あれ?」

-爆弾発生中の□□と鉢合わせ-

紺野「いいの?彼、思い詰めてたようにも見えたけど。」
○○「えっと……」
紺野「ごめん、お節介だな。でも困ったことがあったら、相談して? じゃあ。」
○○「はい、ありがとうございます。」
-部屋に戻る-
(どうしよう……ちょっと気まずかったかも
 とにかく!□□に連絡してみよう)


■爆弾発生中の場合
  • 他の男子とのデート後に電話
○○「もしもし?」
紺野「紺野です、少し聞きたいことが……あれ? 今、外?」
○○「……はい。」
紺野「タイミングが悪かったか。ごめん、またにするよ。」

  • 他の男子とのデート後に鉢合わせ
紺野「……やあ。」
(爆弾爆発音)
○○「玉緒先輩!?」
紺野「お邪魔だったみたいだな。……失礼するよ。」

  • 爆弾爆発後のフォロー電話
宇賀神「バンビ……。紺野先輩にバンビの話したら、話を逸らされた。避けてる。」
 ↓電話する
紺野「はい、紺野です。」
○○「あの、○○ですけど……」
紺野「………………」
(き、気まずい……でもここはきちんと話しとかなきゃ……)
--
紺野「……そうか。僕が誤解してただけだったんだな。」
○○「そんな、わたしが……」
紺野「いや、僕も大人げなかった。ごめん。」
○○「玉緒先輩……」
紺野「わざわざ、ありがとう。それじゃ。」
(よかった、なんとかわかってもらえたみたい……)


更新日時: 2015/06/15 00:02:08
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ