はば学の伝統

○○(あ、新名くんだ)
男子A「なあ、まだ続けんの?」
新名「もっちろーん。アレ、はば学の伝統だし?」
男子B「伝統ってほど続いてんのかよ。」
新名「まあ、少なくとも何代かは。ちなみに初代は女子の先輩なんだぜ。」
男子B「マジで!! 勇者だな……」
新名「歴代の戦士たちの夢、ヒムロッチにぎゃふんと言わせるのはこの――」
???「無駄だ。」
○○「!?」
氷室「あの程度の悪戯で私が”ぎゃふん”などと言うことは無い。」
新名「うわ出た! 逃げろ!」
男子A「あ、待てってズリィぞ!」

氷室「まったく…………君。」
○○「はいっ!!」
氷室「新名とは知り合いか?」
○○「あの……はい。」
氷室「では、伝えておきなさい。
 ”挑戦は何度でも受ける。しかし君の努力が報われることは未来永劫ないだろう”……
 以上だ。行ってよろしい。」
○○(新名くん、氷室先生に何をしようとしてるんだろう……)

○○(あ、新名くんだ)
新名「何が良くなかったんかなー。」
男子A「相手が大迫ちゃんだったこと。」
新名「あれヒデェよ。一番の不意打ちだよ。てか、すぐオレの名前叫んだよな、なんでだよ。」
男子B「普段の行動が物を言ったんだろ?」
新名「べつにオレなーんにもしてないのにーぃ。」
???「ほう~?そういうこと言うのはどの口だぁ?」
新名「うわ、出た!えーと……まあこの口?」
大迫「潔いところは、まあよしとする。」
新名「じゃあ……」
大迫「バカヤロー!それとこれとは話がべつだぁ!」
新名「だから、あれはヒムロッチに当てるはずだったんだって!つーか、もう……さいなら!」
大迫「こらぁ、待てぇ!」
男子A「あ、待てってズリィぞ!」
○○(何を当てようとしてるんだろう……)

○○(あ、新名くんだ)
新名「よっす。」
○○「どうしたの?」
新名「立たされてるの。ヒムロッチに。あちこちに仕掛けておいた黒板消し爆弾が誤爆しまくってさー……」
○○「黒板消し爆弾!!」
新名「うん。音楽室、職員室、進路指導室。あと車の上。」
○○「そ、それは……」
???「やりすぎだ。」
○○「氷室先生!」
氷室「次からは攻撃目標を確実に私だけに絞れ。他の先生方や生徒にまで被害が及ぶ事は認めない。」
新名「だって引っかかってくんないんスもん。あ、そうだ。明日までに書く反省文10枚の中に作戦プランも入れとくんで添削してもらっていいッスか?」
氷室「いいだろう。今までにない斬新な発想を期待している。教室に戻りなさい。……君。」
○○「はっ、はい!」
氷室「リボンが曲がっている。直したまえ。」
○○「……はい。」
氷室「よろしい。」
新名「叱られちゃったねぇ?」
○○「新名くん!」
新名「ハハッ、ゴメンて。さーて、許可ももらったし帰って戦略練らないと!テスト勉強より時間かかりそ。」
○○(氷室先生も大変だ……)

勉強法(&紺野)

○○(新名くんと紺野先輩だ)
新名「オレ、勉強しているとすぐ飽きるほうなんすけど、アレ使うと持つんすよ。
 プラシーボかもだけど実際、順位上がったんで案外、侮れねぇなと。」
紺野「そっか。じゃあ僕も暗示にかかろうかな。」
新名「ハハッ、かかんなくても玉緒さん常にトップ3に入ってんじゃん。
 てか、すげー……あの位置をキープできる勉強法、知りてぇ~。」
紺野「僕のほうこそ聞きたいよ。 前に、忘れたころに復習するって言ってたよね。」
新名「忘れかけのころ、が正解ッスね。記憶の強化に最適なのは。
 脳のメカニズム知ってから勉強すると、面白いッスよ。いろいろ。」
紺野「へぇ……じゃあ今度、お互いの勉強法を披露してみようか。」
新名「押忍!」
○○(二人が勉強の話で盛り上がってる……なんだか意外なような)

○○(新名くんと紺野先輩だ)
新名「え! 全部!?」
紺野「うん。かなりアレ、気に入ったみたいで……詳細を聞いてきてくれって頼まれたんだけど、いいかな。」
新名「全然いいっすよ。てか、玉緒さん姉ちゃんいたんだ。」
紺野「紹介はしないよ?」
新名「や、カンベンしてください。玉緒さんのお姉さまなんて、恐れ多いッス。」
紺野「…………言い出しておいてなんだけど、ごめん。僕もムリだ。」
新名「え。……怖いんすか?お姉さん。」
紺野「うん、まあ……怒ると、ちょっとね。」
新名「あ~……その。なんつーか、お疲れッス。」
紺野「ハハハ……ありがとう……」
○○(そういえば、前にもアレがどうのって……何のことだろう?)

○○(新名くんと紺野先輩だ)
新名「これ、約束してた例のヤツっす。使い方のメモも入れといたんで。」
紺野「ありがとう、助かるよ。」
新名「あ、お姉さんのとは別に玉緒さんのも入れといたんで使ってください。バレないように。」
紺野「ハハ、がんばるよ。っと、ごめん。次は移動教室だからこれで。」
新名「押忍、お疲れっす!」
○○「新名くん。」
新名「○○さん。ちょりーっす。」
○○「ちょりっす。紺野先輩、忙しそうだね。」
新名「いっつもあんな感じじゃね?常に悩んでるっつーか。で、アロマオイルを渡したわけ。」
○○「アロマオイル?」
新名「うん。オレ入浴剤集めんの割と好きでさ。いいのあったから。」
○○「そっか。でもどうして新名くんが?」
新名「あ~……そこは、ホラ。疲れさせてる原因の一つにオレが含まれてるような気がしないでもないかな?みたいな?苦労かけてんだからこれくらいは。なあ?」
○○(校則違反を正したほうが喜びそう……って言ったら元も子もないかな?)





更新日時: 2015/03/30 09:09:06
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ