※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※キャラによっては必要ない部分があります。適宜削ってお使いください。
※展示成功・失敗会話は友好・好き以上どちらも同じです


文化祭会話

  • 2年目
○○(あ、新名くんだ)
新名「おねーさん。オレと一緒に来てくんない?」
お姉さん「フフフ……楽しいものを見せてくれるの?」
新名「ああ。いい夢が見られると思うぜ。アンタも、オレも……」
お姉さん「フフッ、ステキね。エスコート、してくれる?」
新名「もちろん。……一名様、ご入店です!」
男子A「いらっしゃいませー!ご案内いたしまーす!」
男子B「こちらでーす!」
お姉さん「えっ……ちょ……なに、なんなの?ちょっとー!」
新名「……ふぅ。で、ノルマはあと何人?」
男子C「先生のポケットマネーで焼き肉食べ放題ご招待まで、えーと……あと8人!」
新名「うっし、気合い入れますか!焼き肉ドリームを実現させるぞ!」
○○(一瞬、空気が文化祭って感じじゃなくなってたような……さすが、新名くん……)

  • 3年目
「よっ。なーにしてんの?」
「あっ、新名くん。今年も客引き担当?」
「うん、まあ……
…………」
「ん?」
「……おねーさん。いい夢、見ちゃわない?オレと一緒に。」
「え……」
「これから起こることは、アンタとオレの秘め事……なあ、いいだろ……?」
「え、ちょっと待って、秘め事って……えっ?」
「アンタはちゃんと、エスコートするぜ?……駄菓子バーに。
さ、行こ!で、軽く見てからオレに時間ちょーだい。アンタのクラスも行きたい!」
(あの時のお姉さんもきっと動揺したんだろうな……)



出展

クラス出展

【2年目・お化け屋敷】

■友好
「お化け屋敷でーす。怖いですよ~!」
(ふぅ……客寄せって、大変……)
「ちょりっす!アンタんとこ何――」
「あ、新名くん!ね、お化け屋敷入っていかない?」
「え!?いやっ、ちょっと用事が……」
「お客様一名、ご案内お願いしまーす!」
「えぇっ!?ちょい待って――」

■好き以上
「お化け屋敷でーす。怖いですよ~!」
(ふぅ……客寄せって、大変……)
「いたいた!ちょりっす、○○さん。」
「ちょりっす、新名くん!お化け屋敷入っていかない?」
「…………」
「?」
「うん、高校の文化祭レベルのモンだしな……大丈夫。」
「???」
「うしっ、行ってくる!アンタ、出口で待っててよ?」
「う、うん、わかった。お客様一名、ご案内お願いしまーす!」

  • 成功
「ふー……」
「あ、新名くん、おかえり。どうだった?」
「ヤベェ……マジ怖ぇ。」
「顔色悪いね……大丈夫?」
「大丈夫じゃねー……でも、アンタが出口にいてくれたから、なんかホッとした。」
「ふふっ。」
「いてくれてあんがと。ま、客寄せがんばってよ。」
(やったー! 大成功!でも、新名くん、大丈夫かな……)

  • 失敗
「あれ?」
「あっ、新名くん。」
「ここ、出口?」
「うん。」
「ハハッ!!どの辺がホラーテイスト? マジウケた!」
(うぅ……ぜんぜんダメだったみたい)



吹奏楽部

【1年目・クラシック】

■友好
(今年の演目はクラシック。ちょっと緊張……)
「ちょりっす。あれ?緊張してんの?」
「新名くん。うん、ちょっとね……」
「いっぱい練習したんだろ?大丈夫だって。だいたい、人数いるんだし、一人失敗したってわかんないって。」
(それはないと思うけど……)
「あ、開演だ。じゃオレ、客席で見てるから。がんばってね!」
(よし、がんばろう!)

■好き以上
(今年の演目はクラシック。ちょっと緊張……)
「○○さん。調子、ど?」
「あ、新名くん。ちょっとドキドキしてきた……」
「ふーん……それはオレがここに来たから?」
「え……もう、新名くん!」
「なんてな?でも、ちょっとくらいドキドキしてくれよ。」
「えっ……」
《ブザー音》
「…………お約束で水、差されちゃった。大丈夫だよ、アンタなら。オレ、客席から見守ってる。」
(新名くん……よし、がんばろう!)

  • 成功
(よかった! 大成功!)
「スゲー!超プロっぽかった!」
「あ、新名くん。」
「クラシックって意外とカッコいいのな?帰りにCD買っちゃうかも。」
(やった!新名くんにほめられた!)

  • 失敗
(ハァ……大失敗……)
「やっちゃったねぇ?」
「新名くん……」
「あれ、アドリブ?それにしても、ちょっと浮きすぎみたいな?」
(うう……もっと練習しておけばよかった……)

【2年目・ゲームミュージック】

■友好
(今年の演目はゲームミュージック。ちょっと緊張してきた……)
「ちょりっす。」
「あ、新名くん。」
「ゲームの曲、やるんだって?ちょっと期待してていい?」
「うぅっ、プレッシャー……」
「ヤベッ、早く席に行かねーと。期待してるから、がんばって!」
(よし、がんばろう!)

■好き以上
(今年の演目はゲームミュージック。ちょっと緊張してきた……)
「○○さん。」
「あ、新名くん……」
「あー……緊張?顔色悪ッ。ほら、手。かして?」
「あ……」
「こうやって、あったかい手で手を包まれると、なんか安心しねぇ?」
「うん……」
「もうちょっと早く来ればよかった。緊張、少しはなくなったろ?ステージ、がんばって。」
(新名くん……うん、がんばろう!)

  • 成功
(よかった!大成功!)
「ヤベェ……超カッコよすぎ!!」
「あ、新名くん。」
「すっげ鳥肌立った。なんかさ、曲聴いてる間 ゲームのシーンがこう……
特にアンタがソロでやってたとこなんか、聴いててゾワゾワが止まんなかった!
おぉっ!?思い出したらまた鳥肌が……」
(新名くん、すごく喜んでくれたみたい!)

  • 失敗
(ハァ……大失敗……)
「ちょっとアンタ。アレはないでしょ……」
「新名くん……」
「オレ、マジで期待してたからかなりショック……ハァ……」
(うぅ……もっと練習しておけばよかった……)

【3年目・サードストーリー】

■友好
(今年の演目は“サード・ストーリー”。会場は満員みたい……)
「○○さん。」
「あっ、新名くん。」
「吹奏楽部最後の演奏会だね。」
「うん……失敗しないようにしなきゃ。」
「マイナス思考にならない。ほら、いつものアンタらしく前向きに。な?」
「うん、ありがとう……」
「ほら、表情がまだ硬い。笑ってよ?」
「……うん!」
「うん、アンタはそうでなきゃ。がんばって!」
(新名くん、ありがとう。よーし、がんばろう!)

■好き以上
(今年の演目は“サード・ストーリー”。会場は満員みたい……)
「○○さん。」
「あっ、新名くん。」
「そんな小動物みたいにブルブル震えちゃって……」
「うぅ……だって。」
「…………そんな目で見んなよ。我慢できなくなるじゃん……」
「我慢?」
「聞き返さない。もう……ほら、いつまでもブルブルしてると、演奏もブルブルになっちゃうぜ?」
「ふふっ、そうだよね。」
「終わったら、また来るから。演奏、がんばれよ!」
(新名くん……よーし、がんばろう!)

  • 成功
(よかった!大成功!)
「○○さん。」
「あっ、新名くん。どうだった?」
「すっげよかった!みんな感動してたぜ?」
「ホント?」
「うん。CD出ねーかって言ってた。オレもあったら欲しい。オレは、アンタのパートのところだけでもいいけどな?」
(新名くん……三年間がんばってきて本当によかった!)

  • 失敗
(うぅ……大失敗。高校最後の演奏なのに……)
「お疲れさん。」
「あっ、新名くん……」
「ちょっとアンタだけ目立ちすぎちゃったな。不協和音で。」
(うぅ……もっと練習しておけばよかった……)



美術部


【1年目・デッサン展】

■友好
(今年はデッサン展。たくさんの人に見て欲しいな)
「ちょりっす。遊びに来た、○○さん。」
「あっ、新名くん。いらっしゃい。」
「デッサン?ふ~ん……アンタの作品、どれ?」
「えっとね……」

■好き以上
(今年はデッサン展。たくさんの人に見て欲しいな)
「○○さん。」
「あ、新名くん。来てくれたんだ。」
「本当は一緒にいろいろ見て回りたいんだけど、アンタ美術部大変そうだし。だから、応援しにさ?」
「ふふ、ありがとう。」
「な、アンタの作品どれ?見てみたい。」
「えっとね……」

  • 成功
「これ?」
「うん。」
「すげぇ上手い!なんかさ、美術の教科書に載ってそう!」
(やった!新名くんにほめられた!)

  • 失敗
「え、これ?」
「うん。」
「うんと……コレ、なに?」
(うう、もっと丁寧に描けばよかった……)


【2年目・油彩展示】

■友好
(今年は油絵展示。お客さん、増えてきたな)
「ちょりーっす。」
「あ、新名くん。いらっしゃい。」
「油彩?ふーん。ゲイジュツってカンジ?」
「う、うん。」
「あれ、みんな同じ絵だ……ていうか、カレンさんじゃん!」
「うん、モデルになってもらったんだ。」
「へぇ……面白そう。ちょっと見て回ってくる!」

■好き以上
(今年は油絵展示。お客さん、増えてきたな)
「○○さん。」
「新名くん。来てくれたの?」
「アンタががんばってるのを応援しにね?」
「ありがとう。」
「それにしても……一面、カレンさんってハクリョク。よし、アンタの力作を探してきますか!当てるから言うなよ?」
「ふふっ、わかった。」

  • 成功
「うおっ、コレすっげ似てる!つか、スゲー上手い!」
「あっ、それ、わたしの……」
「マジ!?アンタ、天才芸術家じゃん!今度オレの絵、描いてくれよ♡」
(やった!新名くんにほめられた!)

  • 失敗
「コレ……カレンさん見たら怒りそう。ある意味ゲイジュツ的……」
「あっ、それ、わたしの……」
「アンタ……カレンさんと実は仲、悪い?」
(うぅ、もっと丁寧に描けばよかった……)

【3年目・壁画展示】

■友好
(今年はみんなで作った壁画展示。お客さんもたくさん来てくれてる!)
「ちょりーっす。ていうか、スゲー!?」
「あ、新名くん。」
「今年の美術部、ハンパねぇモン作ったって聞いたからさ……うん、確かに。」
「みんなでパーツを描いて、一枚にしたんだよ。」
「へぇ……すげぇ。アンタの描いたとこ、どこ?」
「えっとね……」

■好き以上
(今年はみんなで作った壁画展示。お客さんもたくさん来てくれてる!)
「○○さん。」
「あ、新名くん。来てくれたんだ。」
「うん。だってアンタ、美術部最後の作品だってがんばってたから。
 オレにとっても、アンタの美術部の作品を見られるの、これが最後だし……」
「新名くん……」
「なんてな?湿っぽいのはナシナシ!アンタの描いた力作、じっくり見てくる!」

  • 成功
「スゲー……なんか、圧倒……このサクラソウのとこ、特にあったかいカンジ。」
「あ、そこはわたしが描いたところだよ。」
「やっぱそう?なんかさ、アンタらしい色だなってカンジした。なんか感動しちゃった。美術部スゲーよ。」
(嬉しいな……がんばってよかった!)

  • 失敗
「スゲー……
 ……けど、この地面のとこだけ色使いがグロいな……なんだ、コレ?」
「あっ、それはサクラソウ……」
「サクラソウ!?まさか、アンタが描いたとこって……」
「う、うん。それ……」
「うーん……ここだけ妙に浮いてるし、ちょっと失敗ってカンジ?」
(うぅ……最後の最後で大失敗……)



生徒会

【1年目】

■友好
「パンフレットの追加コピー、了解です!」
(ふう……することたくさんで目が回りそう!)
「ちょりーっす。遊び来た。」
「あ、新名くん。ごめんね、遊べない……」
「あれ、マジ忙しそう。せっかく誘いに来たのに。」
「うん、でもこれからパンフレットの追加をしなくちゃ……」

■好き以上
「パンフレットの追加コピー、了解です!」
(ふう……することたくさんで目が回りそう!)
「○○さん。誘いに来た。」
「あ、新名くん。ごめん、行けない……」
「マジ?ていうか、忙しそうだな……」
「うん。これからパンフレットのコピーをしないと……」

  • 成功
「よしっ、コピー完了!これをホチキスで留めて……」
「すっげ……みるみるニューパンフが積み上がってく……見てるのもなんだし、手伝う、オレ。」
「ありがとう、新名くん!」
「どういたしまして。少しでもアンタの力になれれば♡」
(ふふ、嬉しいな)

  • 失敗
「あれ?原稿は……えっと……」

「ん?5ページ目が抜けてる……」

「原稿、これじゃね?あとさ、5ページ目は7ページ目の次にコピーしてたぜ、アンタ。大丈夫?」
(ううっ……大失敗……)

【2年目】

■友好
「暗幕を5枚、演劇部に貸し出し中……と。」
(ふぅ……資材担当も結構大変……)
「失礼しまーっす。」
「あ、新名くん。どうしたの?」
「工具の貸し出ししてる?ちょっとグラついてるとこがあってさ。」
「うん、ちょっと待ってて。」

■好き以上
「暗幕を5枚、演劇部に貸し出し中……と。」
(ふぅ……資材担当も結構大変……)
「失礼しまーっす。あ、○○さん。」
「あ、新名くん。どうしたの?」
「アンタに会いに……ってのは置いておいて。グラついてるところを修理したくてさ。工具って貸し出してる?」
「うん、あるよ。ちょっと待ってね。」

  • 成功
「はい、これでいいかな?」
「うん、これだけあればじゅうぶん。」
「それじゃ貸し出し帳にクラスと名前を書いてね。返却時はここに丸を……」
「おっけ、あんがと♡ じゃ、ちょっくら行ってきまーす!」
(よしっ、上手くいった♪)

  • 失敗
「確かここに……」

「あれ? こっち?」

「……あった! ドライバーだけ。」
「金槌が欲しかったんだよね。ホントは。工具ってさ、普通まとめて置いておかねぇ?」
(ううっ……大失敗……)

【3年目】

■友好
「音楽使ってるとこは他のクラスに迷惑がかからないようにしてください!」
(ふぅ、フロア担当ってすることが多くて大変……)
「ちょりーっす。迷子連れてきた。」
「あ、新名くん。」
「ほら、この子。親とはぐれたらしい。」
「わかった。」

■好き以上
「音楽使ってるとこは他のクラスに迷惑がかからないようにしてください!」
(ふぅ、フロア担当ってすることが多くて大変……)
「よかった、いた。」
「あ、新名くん。どうしたの?」
「迷子連れてきた。泣きながら廊下をうろうろしてたからさ。生徒会でいいんだよな? こういうの。」
「うん。連れてきてくれてありがとう。」

  • 成功
「よかった、お母さんが無事に見つかって!」
「そだね。あの泣きじゃくるチビッ子をよく泣き止ませたもんだ。
 アンタがお母さんになったらあんなカンジなんかな? すっげ優しそうな。
 ちょっといいモン見た。」
(新名くん……うん、お母さんが見つかってよかった!)

  • 失敗
「うーん、泣き止んでくれないなぁ……これじゃなにも聞けない……」
「あのさ、チビッ子と話すときは子供の目線に合わせないと。つっ立ってたらこわいだろ?」
「あ、なるほど……」
「つーか、入り口に立ってる女のヒト、たぶんこの子のお母さんじゃね?キョロキョロしてる。」
「あっ、そうかも!」
「ちゃんと周りも見ようぜ? センパイ。」
(うぅっ……大失敗……)



手芸部

【1年目・カジュアル服】

■友好
(今年はカジュアル服。ステージ、上手にこなさなきゃ……)
「オシャレさん発見!」
「あっ、新名くん。」
「なあ、それってアンタが作ったの?」
「うん、そうだよ。」
「へぇ……よく出来てるじゃん。すっげ似合ってる。」
「ありがとう!」
「あっ、もう始まるのか。じゃオレ、客席から声援送るから!」
(よーし、がんばらなきゃ!)

■好き以上
(今年はカジュアル服。ステージ、上手にこなさなきゃ……)
「○○さん。」
「あ、新名くん。」
「いいじゃん、その服。アンタらしくてすごくイイ。」
「ありがとう!」
「モデルがカワイイんだから当たり前か。」
「もう……」
「じゃ、客席行ってくる。あとで一緒に写真撮ろ?」
「うん!」
(よーし、がんばらなきゃ!)

  • 成功
(よかった、大成功!)
「お疲れ~。マジよかった、ステージ!」
「あ、新名くん。ありがとう!」
「本物のモデルのショー見てるみたいだったし。なんか得した気分♡」
(やった!新名くんにほめられた♪)

  • 失敗
(うう、転んじゃった……)
「やっちゃったなー……」
「新名くん……」
「ダイジョブ?思いっきりすっ転んだけど、怪我してねぇ?」
(ハァ……大失敗……)

【2年目・パーティードレス】

■友好
(今年はパーティードレス。優雅にみせなきゃね!)
「ちょりっす。おぉっ!」
「あ、新名くん。」
「ちょっとアンタ。マジでモデルさんじゃん!カッコいい!」
「あ、ありがとう!」
「へぇ……女の子って、ホント服とメイクで、こんなに変わっちゃうもんなんだ……あ、もう開演か。じゃ、客席から見とれてくるかな。がんばって!」
(よし、がんばろう!)

■好き以上
(今年はパーティードレス。優雅にみせなきゃね!)
「○○さん。」
「あ、新名くん。」
「すっげ、キレイ。」
「ありがとう!」
「うん……マジ可愛いし。ヤベェ……」
(ちょっと恥ずかしい……)
「な、終わったらまた来ていい?並んで写メ撮ろ?」
「うん。」
(よし、がんばろう!)

  • 成功
(よかった、大成功!)
「お疲れ~。すっげよかった!」
「あ、新名くん!」
「アンタ、キレイすぎてドキドキしっぱなしだったし、オレ。そのカッコで誘惑されたら、逃げられないこと間違いなし!」
(やった!新名くんにほめられた♪)

  • 失敗
(うぅ、転んじゃった……)
「お疲れ~。ダイジョブ?怪我してねぇ?」
「新名くん。転んじゃった……」
「うん、見てた。着慣れない服だったし、しょうがねーみたいな?」
(はぁ……大失敗……)

【3年目・ウェディングドレス】

■友好
(ショーも今年で最後。がんばって作った、ウエディングドレス……)
「○○さん。」
「あ、新名くん。」
「ヤベッ、超カワイイ!」
「あ、ありがとう!」
「それでオレと一緒にステージ出ちゃわない?」
「ええっ!?」
「チェ、そんなに驚かなくてもいいじゃん……出番か。ドレスの裾、踏んでつまづくなよ?」
「もう!」
(うん、転ばないように気をつけよう!)

■好き以上
(ショーも今年で最後。がんばって作った、ウエディングドレス……)
「…………」
「あ、新名くん。」
「ヤベェ……」
「新名くん?」
「その姿、すっげ見たいと思ってたのに、いざ見たらなんかモヤモヤする。……なんだよ、オレ。なにに妬いてんだよ……
な、そのカッコであんまり長くいないでよ?すっげ不安……ステージは応援してるけどさ。じゃ、また後で……」
(新名くん……よし、ステージがんばろう!)

  • 成功
(よかった、大成功!)
「○○さん。」
「あ、新名くん。」
「ステージ、最高だった。」
「ありがとう!」
「でも、本当に結婚するまで、もうそれは着てほしくねーな。」
「えっ?」
「オレがアンタのダンナサマになれるとしたらね?」
(新名くん……)

  • 失敗
(うう、転んじゃった……)
「ちょっとアンタ、大丈夫?すっげハデにコケてたけど……」
「新名くん。うう……」
「ウエディングドレスなんて学生にはまだ早いってコトだ。脱げ脱げ!」
「ええっ!?」
「……でもさ、一番キレイだったのはアンタだと思う。お疲れ。」
(新名くん……うう、心残りだな……)



学園演劇

【主役】

「……ふーん。緊張なんてカケラもねぇんだ。アンタ。」
「あ、新名くん。うん、意外と平気みたい。」
「つまんねぇ~……あ、じゃあさ、オレをなぐさめてよ。すっげ緊張してんの。」
「よしよし。おいでおいで、オオカミさん。」
「…………マジで緊張するんでやめてもらえます? 突然そういうの。」

放送「これより、はばたき学園、学園演劇を開演いたします。」
「あーもー……舞台出たら覚えてろよ?」

「おばあさん、おばあさんのお耳って大きいのね。」
「それはオマエの声を良く聞くためさ。」
「お目めも大きくて、ギラッとしてる……」
「それは、オマエの姿を良く見るためだ。」
「それに、腕も太いしお手てもすごく大きいわ。すごく強そう。」
「強くなきゃ、オマエを抱いてやれないだろ?」
「一番びっくりしたのが、そのお口。おばあさんのお口は、とっても大きいのね。」
「……そりゃな。これくらいなきゃ、オマエを……」
「わたしを?」
「食えないからな!」
「きゃーっ!」
(よし、ここでわたしはベッドの下に……!)

(つ、捕まっちゃった! どうしよう、動けない……!)

「新名くん……?」
「……逃がさねぇよ? いっただっきまーす。」
(えっ、ちょっ……練習の時と違うよ! ど、どうしよう! ……えーい!)

「そ、そう簡単には食べられてあげないんだから!」
「赤ずきん強ぇ……マジ、パネェ……」
「か……勝った! わたし、オオカミに勝ったわ、おばあさん!」

「ふぅ……びっくりしたよ。猟師さんの出番がなくなっちゃったじゃない。」
「……アンタが悪い。」
「うっ。だって突然でびっくりしちゃって、つい……」
「違う。」
「えっ? じゃあ……なに?」
「……てか、練習のときから思ってたんだけどさー。なんだよあのオオカミの台詞。目も耳も腕もアンタのためって……どんだけ赤ずきんラブだよ。
 ……なんっかオオカミとオレと思考が妙に被ってるし。誰だよあんな脚本書いたの。挙句の果てに食うとか……はー、ヤダヤダ。
 ヤダヤダ……」
(行っちゃった。どうしたんだろう、新名くん)

【裏方】

「ふう、疲れた……」
「お疲れーッス。」
「旬平くん。お疲れさま。」
「うん。なあ、このままここで観るだろ?芝居。」
「うん、そのつもり。」
「……ッシャ!」
「?」

放送「これより、はばたき学園、学園演劇を開演いたします。」

「あー、ハプニングが起こって芝居、長引けばいいのに……」
「そんなこと言わないの。ほら、しゃんとする!」
「はーい。」

「……アンタも気をつけたほうがいいぜ?」
「わたし?」
「フラフラしてっと悪いオオカミが――
……まあ、ああならないように気をつけるし、オレ以外の誰かにああさせないように気をつけるつもりではいるけど?
ま、オレはオオカミ寄りな猟師ってことで。」
「オオカミ寄り?」
「そっ。気をつけろよ?赤ずきんちゃん。」


文化祭準備

新名「よ。なにしてーんの。」
○○「あっ新名くん。文化祭の準備で、これから職員室に……新名くんのクラスは順調?」
新名「順調順調。あ、なあ、ちょっと見に来てよ。第三者の意見も聞いてみたい。」
○○「でも、わたしもまだやることが……」
新名「ヘーキヘーキ、すぐ終わるから。レッツゴー!」
○○「あっ、待って!」

新名「どう?」
○○「うわあ……本格的だね!」
新名「企画立案ぜんぶオレ。ほめて。」
○○「うん、すごいよ、新名くん。」
新名「じゃあハグでその感動を表現……」
○○「調子に乗らない。」
新名「はい、ゴメンなさい。
な、イケるってこれ絶対。オレ超本気出したし。」
男子A「だな!」
女子A「最初はどうなるかと思ったよね。さっさと決めちゃうんだもん。」
男子B「こいつってちゃらんぽらんな割にそういうとこはガッチリなんだよなー。」
男子A「そうそう、妥協しねーの。ヘラッとしてるくせに頭いいし。ばーか。」
新名「おーい、どさくさに紛れてなに言っちゃってんのー?ホントはさ。もうちょい手、加えたほうがいいかなとか思ってたんだよなー。」
○○「そうなの?」
新名「うん。でもアンタがスゴイって言ってくれたから自信ついた。あんがと。」
男子A「なあ、新名。ところで、その人だれ?」
新名「オレのカノジョ。だから手ぇ出しちゃダメ。」
女子A「えー!」
女子B「カノジョいたの!?」
女子C「ホントに!?」
○○「ちょ、ちょっと新名くん!」
男子B「え、3年の人だよな?」
男子A「やる~。」
新名「へっへー。」
(スチルタッチ)新名「ん? なーに?」
○○「あの、その……新名くん、みんな誤解しちゃうよ!」
新名「いいじゃん、させとけば。」
○○「いいじゃんって……」
新名「ウソウソ。ちゃんとあとで言っとくよ、ご安心くださーい。」
○○(ほ、ホントかな?)


更新日時: 2015/04/04 16:22:05
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ