PSP版で新台詞を確認した状況をリストにしています。
検証&情報募集してますので、補足・訂正・追加情報などありましたら↓のコメント欄にお寄せ下さい。


■天使悪魔限定イベント


【LV1・校内で…】

  • 好感度普通~好き・天使悪魔LV1・校内でコメントしにくるイベ
○○(さてと、授業はお終い!どっか寄り道して帰ろうかな?)
怪しい男「あのぅ、スミマセン……ちょっといいですか?」
○○「はい?」
怪しい男「実は私、この不景気で、リストラされてもう、1週間飲まず食わずなんですぅ……」
○○「えぇっ!?」
怪しい男「な、なにか食べる物を……」
○○「た、食べる物ですね!?食べ物、食べ物は……」
怪しい男「無ければ、代わりにこの高級ブランド腕時計を買ってくださいぃ!あぁっ、お腹すいたぁ!」
○○「と、時計ですかっ!?お金、足りるかな……えっと、お財布――」
琥一「コラコラコラ……」
○○「琥一くん!」
怪しい男「げっ……」
○○「琥一くん、今いくら持ってる?あ、食べ物でも――」
琥一「オッサン、腹減ってんのか?」
怪しい男「えぇと……」
怪しい男「よくぞ見抜いた!リストラサラリーマンとは仮の姿!実は、神だったのじゃ!優しい娘よ、そなたに幸あれ!」
○○「えぇっ!?あ、あの……」
○○「行っちゃった……」
琥一「オマエなぁ……今どき、あんなコントみてぇな詐欺に引っかかんじゃねぇよ……」
○○「詐欺!?今の人が?でも、本当にお腹がすいてるみたいだったけど……」
琥一「ハァ……オマエのお人好しは知ってるけどよ、まさか、ここまでとは……」
○○「ゴメン……気をつける……」
琥一「どうやって?」
○○「それは、その……どうしよう……」
琥一「わかったわかった……素直がオマエの取り柄だもんな?」
琥一「もういい。オマエはもう、一生そのまま行け。」
○○「そんな……」
琥一「そんな顔すんな。妙なのが寄ってきたらよ、俺が追っ払ってやる。」
琥一「だから何かあったら、まず俺に言え。……そうしろ、な?」
○○「うん。ありがとう……琥一くんはやっぱり、お兄ちゃんだね?」
琥一「おに――せめてアニキとかよ、あんだろ、別のが。」
○○「はい、アニキ!」
琥一「おう……行くぞ。」
○○「はい!」

【LV2・電話】

  • 友好以上・夜に電話がかかってくる
「あっ、琥一くんから……」
「もしもし?」
「あ?誰だオマエ?」
「誰って……○○だよ?」
「そうか……おう、ルカと間違えた。そんじゃ――」
「待って。せっかくだから、ちょっとお話しない?」
「お話だぁ?メンドクセーな、おい……」
「お話したい……」
「なんだ。ほら、話せ。」
「うん!えぇと……」

「それでね……あれ?琥一くん?」
「…………」
「琥一くん!」
「あ?あぁ、なんだ?」
「……寝てた?」
「寝てねぇ。んで、どした?」
「ゴメンね、付き合わせちゃって……もう、切るね?」
「なんかあったんだろうが、無駄話してぇ理由が。」
「琥一くん……ありがとう、大丈夫。」
「いや……まあ、べつに無きゃいいんだけどよ。」
「じゃ、もう寝ちまえ。」
「うん。」
「あぁ……もし眠れねぇようなら、遠慮しねぇで電話しろ。オマエが甘えん坊なのは、わかってんだ。」
「はい。お休みなさい。」
(琥一くん……)

【LV3・バイトのお迎え】

  • 好き以上・LV3・バイト後
(ハァ……今日はずいぶん遅くなっちゃったな……)
「あっ、琥一くん。」
「よぉ、そろそろ上がんだろ?」
「うん、そのつもり。」
「乗ってけ。送ってやる。」
「ありがとう――あれ、もしかして、帰り、待っててくれたの?」
「あ?そりゃオマエ……たまたまだろ。」
「ふぅん……」
「ほら、いいから。行くぞ。」

「危ねぇから、もっと、しっかり掴まれ!」
「はい!」
「もっとだ!」
「これでどうだ!ギュ――ッ!」
「バッ――オマエ!!」

「…………」
「琥一くん、送ってくれてありがとう!」
「オマエなぁ……時と場合によっちゃ生き死ににかかわんぞ……」
「ゴメンなさい……」
「わかってねぇんだよな?こりゃ、命がいくつあっても足んねぇな……」
「行くわ。夜風で頭冷やさねぇと……」
(琥一くん?)

【LV4・部屋デート追加台詞】

  • ときめきで確認・LV4・初めての部屋デートで追加台詞

【LV1~・修学旅行関連】

  • 好き以上・天使悪魔LV1以上・バンビ修学旅行後(他学年)or旅行中(同級生)
○○(!? 誰か先に入ってたみたい……)
琥一「おい……」
○○「琥一くん!」
琥一「声がでけぇ!」
○○「ゴメン……」
琥一「ここは無理だ、よそ行け」
○○「もっと詰めれば入れるよ?」
琥一「無理だ!」
○○「大丈夫、ちゃんと隠れられる! よいしょと……」
琥一「バカ、そうじゃねぇ――お、おい!」
○○(!!)
琥一「マズイだろ、こりゃ……」
○○(ちょっと、くっつき過ぎちゃったかも……)
○○「…………」
琥一「…………」
琥一「緊張してんのか?」
○○「だって……」
琥一「何もしやしねぇよ……安心しろ」
○○(琥一くん……)
大迫「オマエらぁ、寝てんのかぁ?
枕投げなら、先生も仲間にいれろ?」
生徒A「行ったな……よし、もういいぞっ!」
琥一「…………」
○○「ええと……上手く隠れられたね?」
琥一「これだからガキは……」


■天使悪魔限定台詞

※もっと低いレベルで変化したり、レベルによって台詞変化するものもあるかもしれません。情報求む。

LV4で変化確認したもの


デートのお誘い台詞&場所を聞く前に断る

※好き以上のみ、下記以外は通常と同じ

電話


  • 『ゴメンなさい、ダメなの……』

校内

「よぉ。○○。」
「琥一くん!なぁに?」
「オマエ、今度の日曜空いてんだろ、な?」

  • 『ゴメンなさい、ダメなの……』

「なんだよ。どうにかなんねーのか?」
「うん……ゴメンなさい……」
「わかったわかった……そんなツラすんな。怒っちゃいねぇから、な?」
(日曜、何かあったのかな?)

デートすっぽかし電話

※好感度普通~ときめきで確認、好感度による変化はたぶんナシ

○○「あれ?携帯に留守録が……」
琥一「コラ、まさかオマエ、忘れたんじゃねぇだろうな?」
琥一「ハァ……変なのについてったり、クルマに轢かれたりしてねぇだろうな?とにかく、一度連絡よこせ。」
○○「いけない!デートの約束……琥一くん、ゴメンなさい……」

バレンタイン

 ※好きと友好のみ(普通以下通常通り)

友好・好き(同じ台詞を確認)

○○「琥一くん!」
琥一「○○。どした?」
○○「ふふっ!今日は何月何日だ?」
琥一「今日?今日は2月の……おぉ。」
○○「はい、これ食べて? バレンタインのチョコレート。琥一くんにv」

バレンタインチョコへの反応

 ※好きと友好のみ(普通以下通常通り)
 ※最高評価チョコ・大失敗チョコ・義理チョコのみ限定台詞・他は通常通り

好き以上

  • 最高評価チョコ
琥一「おぉっ!?オマエ……こりゃ、奮発しすぎだろ」
○○「へへ……実はそれ、手作りです!」
琥一「マジかよ!?これをオマエが?」
琥一「ハァ~……いや、大したもんだ。俺でも食えそうだぜ」
○○「よかった!」
琥一「オマエも女らしくなったもんだ。ちょっと、照れくせぇな……よし、半分食え!」
○○(喜んでもらえたみたい!がんばって手作りにしてよかったv)

  • 大失敗チョコ

  • 義理チョコ
琥一「まあ、甘ぇもんは苦手だけどよ、こりゃあんまりじゃねぇか?」
○○「えっ?」
琥一「オマエなりに気ぃ利かせたんだな? もらっとく」
○○(あんまり喜んでもらえなかったみたい……)


友好

  • 最高評価チョコ
「へぇ……なんかよ、俺でも食えそうに見えるな。」
「ホント?よかった、がんばって作ったんだもん。」
「オマエがか?手作りか!?」
「そうだよ?琥一くんの好きなものあるでしょ?」
「おお……なるほどな?」
「やるじゃねぇか。生意気に女らしいとこ見せやがって。」
(やったぁ!すごく喜んでくれたみたいv)

  • 大失敗チョコ
「ぷっ、なんだこりゃ!?」
「うぅ、がんばったのに……」
「そうは言ってもよ、こりゃ……」
「ヒドイ!」
「わかったわかった。でもまあ、不器用なんだからよ、次はもうちっと無難なのにしとけ?」
(うう……もっと上手に作りたかったな……)

  • 義理チョコ
「オマエな……わかりやす過ぎんだろうが。」
「えっ、あの……」
「まあ、オマエらしいけどな?」
(喜んでもらえたよね?)

相手の誕生日

 (好感度苦手~ときめきのキャラでそれぞれ確認)
 (好感度による変化があるかは捜索中)

好き以上


友好

○○「琥一くん!」
琥一「声がデケェ。……なんだ?」
○○「うん。今日、琥一くんのお誕生日だよね?」
琥一「そうかもしれねぇな。」
○○「もうっv はい、プレゼント。開けてみて?」

普通



誕生日プレゼントへの反応

 ※反応は◎と×のプレゼントのみ変化
 (好感度苦手~ときめきのキャラでそれぞれ確認・好感度による変化→たぶんナシ)

琥一「オォ!」
○○「どうかな?」
琥一「どうってオマエ、よくこんなの見つけられたな、え?」
○○「ヘヘッv 気に入ってもらえた?」
琥一「おぅ、さすが、俺の妹分だ。よくわかってんな。」
○○(やったぁ!すごく喜んでもらえたみたい)

  • ×
琥一「コラ……どういう冗談だ、こりゃ?」
○○「えっと……いいかなと思って……」
琥一「……マジ、なんだな?」
琥一「これがオマエのカワイイとこでもあんだよな?もらっとくぜ?」
○○(うう……ダメだったみたい……)


LV2で確認できたもの


下校に誘われた時の選択肢と、その後の反応

※お誘い台詞は通常通り、△&こちらからの誘いは変更なし
 (好感度普通~ときめきのキャラでそれぞれ確認)
 (好感度別の反応あり→ LV4友好→LV4好きで反応の変化確認。※選択肢は同じ

好き以上

  • 『嬉しい!一緒に帰ろv』
「ああ。」
「ふふv」
「………………」
「行くぞ。」

  • 『じゃあ、一緒にお茶したいなv』

  • 『ごめんね、用事があるの……』
「じゃあしょうがねぇか。」
「本当にごめんね?」
「そんな顔すんな。怒っちゃいねぇよ。気をつけて行けよ?」
(せっかく、声をかけてくれたのに悪いことしちゃったかな……)

友好

  • 『嬉しい!一緒に帰ろv』
琥一「おう。じゃあ、ついて来い。」
○○「はいv」

  • 『じゃあ、一緒にお茶したいなv』
琥一「サテンか?まあ……たまにはな。」
○○「やったv」

  • 『ごめんね、用事があるの……』
琥一「なんだよ、タイミング悪ぃ奴だな。じゃあよ。」
○○(せっかく誘ってくれたのに悪いことしちゃった……)

下校・呼び方NG

 ※友好と好き以上のみ変化・普通以下は通常通り

好き以上

「おいおい……俺のことか?」
「だって、○○って呼んでみたかったんだもん……ダメ?」
「そんな顔してもダメだ。元に戻せ。な?」
(行っちゃった……呼び方、失敗だったみたい)

友好

○○「○○!」
○○「そうだよ。○○も?」
琥一「待て待て……オマエ今、なんつった?」
○○「○○って……ダメ?」
琥一「まあ、ダメってことも……いや、ダメだ。んな声出してもダメなもんはダメだ。」
○○(行っちゃった……この呼び方はイヤみたい)







このページの最終更新: 2015/05/12 23:30:39

コメント投稿欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
  • 【好感度・天使悪魔LV・時期・その他発生状況】 を頭につけてもらえると助かります。
コメント