※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  


■商店街

設楽「おい、あそこはやめとけよ。ろくなものがなさそうだぞ。」
紺野「まあまあ。とりあえず一通り見て行こう。」
※「その他 ショッピング系共通会話」からランダムに選択

■カラオケ

設楽「帰る。」
紺野「まぁ、そう言うなって。僕もがんばるからさ。」
○○「紺野先輩、今のすごくいい歌でしたね。」
紺野「結構昔の歌なんだ。親が好きで僕が子供の頃から、よく聞いてたんだ。」
設楽「なんかいいな、そういうの……」
紺野「設楽こそ、小さい頃から音楽に囲まれてたろ。」
設楽「それはそうだけど……そういうのとはちょっと違うんだよ。」
○○「設楽先輩、すごい!英語で歌えるなんて、かっこいいですね!」
設楽「有名な曲だ。別にすごくない。」
紺野「これで英語の成績は普通なんだから、面白いよな。」
設楽「うるさいな……お前こそ成績いいくせに、発音はイマイチだぞ。」
紺野「う……上手くいかないもんだな。」
設楽「おまえ、結構上手いな。どんどん歌え。」
○○「でも、設楽先輩と紺野先輩は?」
設楽「俺たちのことは気にするな。」
紺野「今日は君のソロコンサートってことでどう?観客は僕たち2人。」
○○「えっ?……え~!?」


■ゲームセンター

設楽「頭が痛くなってきた……」
紺野「僕も得意ってわけじゃないけど、3人なら楽しいかもよ。」
○○「車のゲームがありますよ。3人で競争しませんか?」
設楽「やらない。」
紺野「僕も、こういうのは得意じゃないから……」
設楽「よし、おまえが1人でやれ。俺たちは応援してやる。」
○○「えぇっ!?」
○○「んー、どっちに賭けよう。」
紺野「堅実にいこうよ。本命狙いでさ。」
設楽「それじゃつまんないだろ。大穴だ。」
紺野「そんな遊び方してたらすぐ終わっちゃうだろ。」
設楽「ゲームなんだから、一発狙いの方がいいに決まってるだろ。」
○○「(これでも仲がいいんだから、面白いよなぁ……)」
○○「ほら。音楽のゲームがありますよ。」
設楽「俺を見るなよ、短絡的だな。」
○○「リズム感あるし、指も早く動くし……」
紺野「そんなに期待されると、やりにくいってさ。」
設楽「そうは言ってないだろ。わかったよ、見てろ?」

■ライブハウス

設楽「さて、ご拝聴といくか。」
紺野「大人げない批評はするなよ?」
設楽「なぁ。これ、有名なバンドなのか?」
○○「うーん、まだデビューしたばかりですから……」
紺野「どうした、なにか気になるのか?」
設楽「……この連中、これから売れるぞ。」
紺野「設楽のお墨付きなら間違いなさそうだな!」

○○「わたし、このバンド、すごく好きなんです。」
設楽「ふーん、まぁ悪くないな。」
紺野「じゃあいい場所で見られて良かったな。」
○○「はい!」
設楽「CD売ってるな。買っていくか。」

紺野「意外と良かったな。あまりうるさくなかったし、いい曲だった。」
○○「ですよね。設楽先輩はどうでした?」
設楽「つまらなかったら、すぐに帰ってる。」
紺野「素直に良かったって言えばいいのに。」
設楽「……悪くはなかった。」

■ボウリング

設楽「ふん……ボウリングが上手いと、何かいいことでもあるのか?」
紺野「上手い下手よりも、楽しくやろうよ。な?」
紺野「設楽……そのボール、よく見たら子供用じゃないか。君には小さすぎるよ」
設楽「!!……ぐっ、これはハンデだ!」
○○「ハンデ?」
設楽「……ああ。おまえら、ここからが本番だからな!覚悟しろよ?」
○○「あっ、紺野先輩すごい!ストライク!」
紺野「はは、たまたま上手くいったな。」
設楽「悪かったな、ガーターで。」
紺野「悪いなんて言ってないだろ。」
設楽「ボウリングのレーンは狭すぎる。構造的欠陥だ。」
○○「えいっ!」
設楽「それじゃ、投げてるんじゃなくて、落としてるだけだろ。」
紺野「あれ……でも……」
○○「やったー!ストライク!」
設楽「理不尽だ……」

■映画館

紺野「さて、入ろうか。」
設楽「面白くなかったら、途中で寝るからな。」
--
○○「今日の映画、どうでした?」

『HEAVY METAL COBRA』
紺野「期待もしてなかったけど……やっぱりイマイチだったかな。」
設楽「悪くなかった。うん、かなり悪くなかった。」

『ホワイト・タウン』
紺野「うーん。この2時間が返ってくればいいのにな……」
設楽「まあまあだな。」

『抱擁の季節』
紺野「期待もしてなかったけど……やっぱりイマイチだったかな。」
設楽「悪くなかった。うん、かなり悪くなかった。」

『レッドトレーサー7000』
紺野「こんなものかな。だいたい予想通りだったよ。」
設楽「こんなの好きなやつ、いるのか?」

『チェルシーの悩み』
紺野「期待もしてなかったけど……やっぱりイマイチだったかな。」
設楽「まあまあだな。」

『流水物語~迷子のアザラシ~』
紺野「良い作品だったな。面白かった。」
設楽「悪くなかった。うん、かなり悪くなかった。」

『グレート・ウィザード』
紺野「こんなものかな。だいたい予想通りだったよ。」
設楽「まあまあだな。」





更新日時: 2015/05/10 02:34:24
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ