繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■臨海公園

琉夏「ま、のんびり行こっか。」
琥一「だな。」
琥一「おい、ルカ。こうして見るとよ、いいワインディングだぞ、ここ。」
琉夏「ホントだ。結構、気持ちいいかも。あ、でもここ入れたっけ?」
○○「??? なにが?」
琥一「なにって、単車だろうがよ。」
○○「!! なに言ってんの! ゼッタイダメだよ!?」
琉夏「ちょっとだけでも?」
○○「ダメ!!」
琥一「冗談だ冗談、な、ルカ?」
琉夏「そうそう。」
○○「もう……」
琉夏「あ、俺わかった。」
○○「なに?」
琉夏「レンガ道ってさ、ビミョーに足のツボ押されるじゃん。健康にいいんだ、きっと。」
○○「えぇ、本当かなぁ……」
琥一「バーカ、なわけねぇだろ。」
琉夏「じゃなんで、わざわざレンガにすんだよ?」
琥一「そりゃオマエ、ロマンチックだからじゃねぇか。」
琉夏「ゴメン、ロマンチックじゃなくて。コウはロマンチックだな?」
○○「だね?」
琥一「なんだ、文句あんのか?」
○○「見て、あそこのお爺さんとお婆さん。仲よくジョギングかな?」
琉夏「ホントだ。元気だね、また……」
○○「2人ももうちょっと健康に気をつけたら?」
琥一「ウルセー。俺らはな、太く短く生きんのよ。」
琉夏「そういうこと。それにさ、人生サイオーがアレだよ、アレ……な?」
琥一「おう、アレだな?」
○○「せめて言えるようになってから言ってよ……」

■水族館

琉夏「それじゃさ、どこから観る?」
琥一「デケェのなら何でもいい。」
○○「見て、あのサメ! やっぱり怖い顔してるね……」
琉夏「うん。コウに似てる。」
琥一「はぁ? どこがだよ。」
琉夏「眉毛無いとこ。」
琥一「バカ、魚はみんな眉毛ねーんだよ。」
琉夏「じゃ、コウは魚に似てる。」
○○「そんな! いくらなんでもーー」
琥一「待てコラ。じゃ、ルカはなぁ……アレだ、ほらイカだ。ざまぁみろ!」
○○「(……小学生?)」
○○「アザラシの赤ちゃん兄弟、名前募集だって。「ルカ」と「コウ」で応募してみようか?」
琥一「グレるぞ。」
琉夏「兄の方が。」
琥一「両方だ両方。」
○○「よし……やめよっか?」
○○「わ、岩かと思ったら、大きな魚……」
琥一「オオカミウオだってよ。……喰えんのか?」
○○「どうだろう、すごい顔してるよ?」
琉夏「スゲェ顔でもさ、アンコウは美味いじゃん。」
琥一「確かにな、アンキモはヤベェ。」
琉夏「よし。じゃあ、コウ、ほら。行っとけ。」
琥一「テメェが行け。」
○○「ふふ!」

■海

琥一「んじゃさっさと着替えてくんべ。」
琉夏「○○ちゃん、期待してる、水着ショー。」
○○「お待たせ!」
琉夏「…………」
琥一「…………」
○○「えっと……水着、変?」
琉夏「ぜんぜん。海って素晴らしい……」
琥一「おう、やっぱ海だろ……」
○○「もう……ほら、行こう?」
○○「お昼も食べたし……そろそろまた海に入る?」
琉夏「いいよ。次は潜り行こう。」
琥一「おう、あそこか、岩場の。」
琉夏「そう。久々だろ?」
○○「2人とも、潜るの得意なんだっけ?」
琥一「得意なんてもんじゃねぇよ。な?」
琉夏「今晩はサザエとトコブシ。」
琥一「ククッ。」
○○「あれ? 獲っちゃダメなんだよね?」
琥一「あ? 獲らねぇ獲らねぇ。な?」
琉夏「え? あぁ、獲らねぇ。」
○○「……本当?」
琥一「行くぞ、ルカ!」
琉夏「あいよ!」
○○「あ、待って!」
琥一「ルカ、拾ったぞ。ほら。」
琉夏「おっ……うん、いい色だ。」
○○「なになに? あっ、きれい! ガラス?」
琉夏「そう。丸くなったヤツ。」
○○「集めてるの?」
琥一「あ? いや……そういうワケでもねぇけどな。なんでだ、ルカ?」
琉夏「なんでだろ。ガキの頃からいつも、海に来ると拾うな? 帰るには埋めてくんだけど。」
琥一「クセみてぇなもんだな。」
○○「へぇ、なんかいいね、そういうの。わたしも拾っていい?」
琉夏「ああ、いいよ。」
琥一「おう。」

■冬の海

琉夏「……寒い。死ぬ。」
琥一「○○、歩くぞ。ルカが凍る、ここで。」
琉夏「海鳴りがすごい……」
琥一「あぁ……」
○○「2人とも、なんだか無口だね?」
琥一「あ? まあ、寒ぃからな? ほらルカ、叫べ。」
琉夏「なんて?」
琥一「海っつったら、あんだろ、ほら、バカヤローとかよ。」
琉夏「コウのバカヤロー!!」
琥一「そこは”海”だろーが!」
○○「見て見て、砂浜に3人の足跡がずっと続いてる……」
琥一「そりゃオマエ、2人分だったら恐ぇだろうが。」
琉夏「んじゃ、こうやって……はい、2人分。」
○○「あっ、琥一くんの足って琉夏くんより大きいんだ。」
琉夏「ほら、後ろ後ろ。オマエも入れば3人なのに1人分。」
○○「よし!」
琥一「こんなとこで行進してどうすんだ。ガキか……」
○○「風、強くなってきたね?」
琉夏「寒ぃ……」
琥一「そもそもよ、誰だ、海なんて言い出したのは。」
琉夏「寒ぃ……ホットケーキ……」
琥一「ルカがそろそろ限界だ。West Beach行くぞ。」
○○「うん! 琉夏くん、ホットケーキ作ろっか?」
琉夏「うん、ココアもね。」

■花火

琥一「いいな?無駄遣いすんじゃねぇぞ?」
琉夏「しねぇって――あ、あのお面は……」
  • 2年目
○○「あ、ほら、射的があるよ。」
琉夏「やるか?」
琥一「久々にな?」
○○「あ、もしかして、2人ともこういうの得意?」
琉夏「まあね。」
琥一「来い、ルカ。店のオヤジ泣かすぞ。」
琉夏「あいよ。」
○○「ちょ、ちょっと!……なんか物騒だよ?」
琥一「どうせ当たっても倒れやしねぇんだ。ガキの頃はいいように持ってかれたからな。」
琉夏「もうそうはいかない。当ててからどうゴネるかだ。」
琥一「交渉って言え。行くぞ?」
○○「もう! 普通にやろうよ、普通に!」
ーーー
○○「花火って、いろんな種類があるね。2人はどんなのが好き?」
琉夏「俺はね、しだれ柳みたいなやつ。ドンって咲いたあと、すぐ消えないでバラバラ落ちんのがいい。」
○○「きれいだよね!琥一くんは?」
琥一「俺はやっぱ尺玉だ。デケェのがいい。音も景気いいしな!」
○○「そっか。音もだいじだよね!」
琉夏「オマエは?」
○○「わたし? そうだなぁ……」
琥一「あのヘンなハート型みてぇなの。アレにしとけ。女はあれだ。」
○○「なにそれ!男女差別?」
琉夏「いいじゃん。カワイイよ?」
  • 3年目
○○「あ、リンゴ飴だ!」
琉夏「俺、喰う。あ、3本だと安いって。コウも喰えよ。」
琥一「いらね。」
琉夏「喰えよ!」
琥一「いらねーよ!歯がベタベタすんだよ。」
琉夏「じゃ俺が2本喰うよ。コウ、カネちょうだい。」
琥一「もう使っちまったのかよ!?」
○○「ふふ!」
ーーー
○○「わぁ……きれいだね……」
琉夏「うん、きれいだ……」
琥一「夏はこうじゃねぇとな……」
○○「高校生活最後の夏なんだね……」
琉夏「最後の夏か……」
琥一「…………」
○○(3人で、ずっとこうしていられたらいいのにな……)

■プラネタリウム

琉夏「巨大なタイムカプセルだ。ここ。」
琥一「オマエ……寝るつもりだな?」
琉夏「俺、閃いた。」
○○「なに?」
琥一「暇だから聞いてやる。」
琉夏「もしも、10光年離れた星に宇宙人が住んでて、そいつらがスゲェ望遠鏡で今、地球を見たら……」
○○「……うん。」
琉夏「10年前の地球を見てるってことだろ?」
琥一「あぁ? なんでだよ?」
○○「うん……なるね! 不思議……」
琉夏「だろ?」
琥一「だからなんでだよ!」
琉夏「パンフ、もらって来た。」
○○「ありがとう、琉夏くん。」
琥一「どした? 星に目覚めたか?」
琉夏「べつに? たださ、なんも無しで帰るってのはね。ほら、今日の記念。」
琥一「記念な……じゃあ、俺もとっとくか。」
○○「うん……3人の記念品だね。」
○○「キレイだったね……」
琉夏「そうだね。」
琥一「テメェは寝てただろーが。」
琉夏「コウもな?」
琥一「ま、寝るわな?」
琉夏「だよな?」
○○「(ハァ……居眠り兄弟め)」

■イベントホール

琉夏「○○ちゃん、隣同士で座ろう。」
琥一「席は決まってんだよ。つか、コイツ間に挟みゃいいだろ。」
ーーー
○○「今日のイベント、どうだった?」
  • KHC交響楽団
琉夏「オモロかった。来て得したな?」
琥一「なんだかわかんねぇ。メンドクセー。」
  • とんがりボーズ
琉夏「ヤベェ、俺、感動したかも……」
琥一「おい、今日のは悪かねぇぞ? なぁ?」
  • はばたきロックフェスタ
琉夏「オモロかった。来て得したな?」
琥一「なんだかわかんねぇ。メンドクセー。」
  • お笑いジャイアント
琉夏「えぇと、要するにさ。……ビミョー?」
琥一「ま、これはこれでな?」
  • シルク・ド・リューン
琉夏「オモロかった。来て得したな?」
琥一「まあ、悪かねぇか?」
  • TRAN−SPARK
琉夏「こんなもんでしょ?」
琥一「ハァ~ア……飯でも喰やよかったな?」

■ショッピングモール

琥一「で? なに見るか決まってんのか?」
琉夏「俺たちはいいんだ。どうする? ○○ちゃん。」
※「ショッピング系共通会話」からランダムに選択

更新日時: 2015/03/29 16:36:42
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ