※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■森林公園(春)

琥一「でよ、どうすんだ?」
琉夏「とりあえず……芝生広場行く?」
○○「う~ん。春の日差しがポカポカだね。」
琉夏「芝生の上で昼寝するか。コウ、ジュース買ってきて。」
琥一「テメェが行け。」
琉夏「俺、カネないもん。」
琥一「じゃ、なおさら行け!」
○○「はいはい! 買ってくるからケンカしない!」

■森林公園(花見)

琥一「盛り上がってきたな、オイ。」
琉夏「よし、宴会の始まりだ! 行こう、○○ちゃん。」
琉夏「あ、○○ちゃん。」
○○「なに?」
琥一「アタマに桜の花びらだ。」
○○「あ、ホント……風流だねぇ……」
琥一「ガラかよ?」
○○「もう! たまにはいいでしょ?」
琉夏「そうだぞ、コウ。そんなだから毛虫踏むんだよ。」
琥一「ウェ!! マジかよ!!」
琉夏「ウソ。コウ、ダセェ。」
○○「やーい!」
琥一「なんだ、コラ?」
琉夏「桜といえばさ、桜餅についてる葉っぱって食う?」
○○「食べられるんでしょ? 琉夏くん食べないの?」
琉夏「なんかしょっぱいじゃん。せっかく桜餅が甘いのにさ。」
琥一「こいつ昔っから葉っぱだけ俺に食えってよこすんだよ。」
琉夏「だってコウ好きだろ?」
琥一「好き好んで喰ってんじゃねぇよ。」
○○「ふふっ!」
琥一「サクラか……日本人の心ってのが、わかる気がするな。」
琉夏「でもコウは、アメリカかぶれだろ?」
琥一「ウルセー。かぶれちゃいねぇよ。」
○○「”しずこころなく花の散るらむ”だね……」
琉夏「…………」
琥一「…………」
琉夏「わかってんのか、コウ?」
琥一「テメェもな?」

■森林公園(夏・噴水)

■森林公園(秋)

■森林公園(冬)

琉夏「……寒い。」
琥一「○○、歩くぞ。ルカが冬眠する。」
○○「寒いと思ったら……池が凍ってる。」
琉夏「ほんとだ。コウ、氷の上に乗って。」
琥一「なんでだよ。」
琉夏「○○ちゃん、乗って。」
○○「えぇ!? 危ないよ!」
琉夏「あぁ……寒くなきゃ自分で乗るのに……」
琉夏「○○ちゃん、編み物する?」
○○「え? どうして?」
琉夏「べつに……」
琥一「しねぇのか。」
○○「だから、どうして?」
琥一「べつに……」
○○「……そう。」
琉夏「寒いな、コウ。」
琥一「あぁ、寒ぃ。」
○○「今日も寒いね。」
琥一「ま、冬だからな。」
琉夏「わかってんならさ、なんでこんなとこ来んの……」
琥一「いいじゃねぇか? 気持ちいいもんだ。」
琉夏「わかんない。意味わかんない……ホットケーキ……」
琥一「どっか入るか。そろそろルカが限界だ。」
○○「え? そうなの!?」

■温水プール

琥一「同じ泳ぐなら、断然海の方がいいんだけどな。」
琉夏「ここは年中常夏だぜ? ほら、早く入ろう!」
琉夏「コウ、流れるプール逆走するぞ!」
琥一「上等!」
○○「ダメ、他の人の迷惑だよ?」
琉夏「じゃあ、3連でスライダー滑ろう。」
琥一「それだ。」
○○「……危なくない?」
琉夏「他のヤツの迷惑じゃないよ?」
○○「わたしは!?」
琥一「いくぞ!」
○○「ちょ、ちょっと! なんか2人ともテンション高いよ!?」
○○「ねぇ、琉夏くんと琥一くんって、泳いだらどっちが速い?」
琥一「そりゃオマエ、こいつに泳ぎ教えたのは、俺だ。」
琉夏「そうそう。あの頃はコウのが速かったな。」
琥一「コラ、そんじゃ今はテメェのが速ぇみてぇじゃねぇじゃ。」
琉夏「だろ?」
琥一「はぁ?」
○○「じゃあ、競争しよう!」
琥一「なに賭けるよ?」
琉夏「ツーショットでジャグジー。」
○○「え?」
琥一「乗った。」
○○「えぇ!?」
○○「お待たせ!」
琉夏「おぉ……」
琥一「へぇ……」
○○「えっと、水着? ……似合う?」
琥一「あ? あぁ……悪かねぇぞ? ルカ、俺は前だ。」
琉夏「あいよ。じゃ、後ろ見とく。」
○○「なに?」
琉夏「なんでも? ……あ、コウ、今あそこのボウズがチラ見してた!」
琥一「あぁ? どいつだ?」
○○「(なんか、ちょっときゅうくつ……)」

■スケート

琉夏「今日は俺のターンだな。」
琥一「あぁそうかよ。ハァ……」
琥一「チッ、もうやめだ。俺はスナックコーナーに行く。」
琉夏「すねんなってコウ。」
○○「琉夏くんに教えてもらおうよ?」
琉夏「あ、それはーー」
琥一「ウルセー。滑りたくねぇんだよ、俺は。」
琉夏「禁句だったのに……」
○○「ゴメン……」
琉夏「やれやれだ。」
○○「わっ、琥一くんどいて! ぶつかる!」
琥一「わっ!? おい、危ねぇ!!」
(一瞬暗転)
○○「ありがとう、琉夏くん! 琥一くん大丈夫?」
琥一「まあな?」
琉夏「ゴメン、コウ。レディーファーストだから。次転んだら助ける。」
琥一「ウルセー。転ばねぇよ……おぉッ!?」
琉夏「あらら。ちょっと助けて来る。」
○○「(やっぱり2人は仲良し兄弟だね)」
琉夏「じゃ、ちょっと回ってくる。」
○○「わぁ……琉夏くんって、スケート、すごく上手だね?」
琥一「まあな。情けねぇけど、こればっかりは勝ち目ねぇな。」
○○「琥一くん、なんか嬉しそうだよ?」
琥一「そうか?そんなこともねぇだろ。」
○○「自慢の弟だもんね?」
琥一「バーカ、そんなんじゃねぇよ。」
琉夏「コソコソ楽しそうだな。くっつくの禁止!」
琥一「へぇへぇ。」

■博物館

琉夏「じゃ、入ろっか。」
琥一「あぁ。」
○○「ほら、よく見るといろいろあるよ?」
琉夏「そう言われても、なぁ?」
琥一「ガキの頃から、なんかっつーとここに連れて来られたからよ。」
○○「そっか、小学校の社会科見学とか?」
琉夏「まあね。もうミイラごっこしかすることない。じゃ、コウがミイラね。」
琥一「バカ、ジャンケンだそこは。な?」
○○「”な”って言われても……」
琥一「おいルカ、あれ高ぇのか?」
琉夏「あれ? あぁ、高そうだけどさ、重くて持てないって。」
○○「ん? ちょっと、なんの話!?」
琉夏「怪盗シミュレーション。」
琥一「暇だからよ。」
○○「(やっぱり2人とも退屈そうな感じ……)」
琉夏「コウ、モノマネやって。」
琥一「やんねーよ。なんでだよ?」
琉夏「暇だからさ。じゃあ、大迫ちゃんでいいや。」
琥一「はぁ? どうやんだ?」
琉夏「コラァー、コウイチー!」
琥一「オマエ、ぜんぜん似てねぇぞ?」
○○「シーッ! 静かに!」

■植物園

琥一「んじゃ入るべぇ。」
琉夏「果物の試食コーナー何があるかな……」
○○「へぇ……あの花の蜜、食用になるんだって。」
琉夏「吸うと甘いよ、きっと。」
琥一「おい。」
○○「やだ、吸わないよ!」
琥一「オマエはな。」
琉夏「えっ? 吸わないの?」
琥一「な?」
琥一「ハァ……温室ってのは、どうも蒸し暑くてよ……」
○○「琥一くん、疲れちゃった?」
琉夏「じゃあバナナやる。」
琥一「オイ、ルカ! オマエどっから持ってきた?」
琉夏「あっちの試食コーナー。」
○○「ビックリした……」
琉夏「え? なに俺……そんな?」
琉夏「白いハイビスカスだ。」
○○「あ、本当だ……」
琉夏「白いハイビスカスを持ってる子は、幸せな花嫁になる。」
○○「へぇ……いいな。」
琉夏「ほら、コウ。いいなって。」
琥一「あ?」
琉夏「ダメだな、コウは……じゃあオレがーー」
○○「え!? ダメダメ、いらないから!」

■公園通り

琥一「ハァ……ウインドウショッピングつってもよ……」
琉夏「コウ、散歩だと思えばいいよ。」
※「ショッピング系共通会話」からランダムに選択

■フリマ

琥一「……よし。まずは電化製品からだな。」
琉夏「宝探しはコウに任せた。」
※「ショッピング系共通会話」からランダムに選択


更新日時: 2015/05/06 18:20:49
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ