繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■カラオケ

琥一「……俺はギャラリーだ。わかってんな?」
琉夏「ここ来た意味ないじゃん。絶対歌わせるぞ、○○ちゃん。」
琉夏「よし、次はコウと俺でツインヴォーカルだ。」
○○「わぁ、やってやって!」
琥一「待て、おい! 知らねぇぞ、そんなの。」
琉夏「送信。もう入れちゃった。」
ーーー
琉夏「歌えよ、コウ!」
琥一「だからそもそも知らねぇんだよ!」
琉夏「じゃ、魂で歌えよ。」
琥一「意味がわかんねぇな。」
○○「もう、仲よく!」
○○「じゃあ、誰から歌おうか?」
琉夏「えぇと……送信、と。はい、コウ入れたよ。」
琥一「ハァ? なんでだよ。」
琉夏「だってほら、コウが最初だとみんな自信つくから。」
琥一「オモテ出るか?」
○○「もう、ケンカしない! じゃあ、わたし歌うね? なに入れたの?」
琉夏「魔女ッ子のやつ。」
○○「えぇ!?」
琥一「ほら、歌え!」
○○「う〜ん……琥一くんにも歌えるの、なんだろ?」
琥一「俺はいいから。ほっとけよ。」
琉夏「コウはさ、カッコつけだからダメなんだ。」
丸ある「じゃあ、3人で歌うの探そうか?」
琉夏「いいね。あ、あれは? 結婚式で歌うやつ。」
○○「あ、わかった!」
琥一「俺はわかんねぇ。」
琉夏「じゃ、もういいよ! 口パクで歌え。」
琥一「なんだそりゃ?」

■ゲームセンター

琉夏「カーチェイスしようぜ? デカイのがあるんだ。」
琥一「手加減なしだな? オマエはレースクイーンでもいいぞ、○○。」
○○「ね、クイズゲームしよ?」
琉夏「いいね。3人寄ればモンジュの知恵だ。」
琥一「そういうことだ。行くぞ。」
琉夏「コウ、モンジュって?」
琥一「そりゃオマエ、そういうフランス人だろーが。」
琉夏「ムッシュ・モンジュか。」
○○「(なんかダメっぽいな……)」
琥一「ダァッ!!」
○○「やったー! また琥一くんに勝っちゃった!」
琉夏「ダメだ。話になんない。コウ、対戦格闘弱すぎ。」
琥一「ウルセー。コマンドがどーのこーの、メンドクセーんだよ。」
○○「あ、負け惜しみだ!」
琉夏「負け惜しみだ!」
琥一「なんだとコラ? 生で格闘するかコラ?」
○○「サイテー!」
琉夏「サイテー!」
琥一「ウルセー!」
琉夏「今日はメダルゲームだ。ほら、あのデカイやつ。」
琥一「おぉ……おぉ!? デケェな、おい……」
○○「うん、面白そう!」
琉夏「あんだけデカイとさ、当たりもデカそうだろ?」
琥一「おぉ、景品交換所どこだ?」
○○「そんなのないよ。」
琉夏「ジャラジャラ出るのがいいんだ。アドレナリン、ドバーッだ。」
琥一「ドバーッか?」
○○「なんかいけないものみたいな言い方だね……」

■ライブハウス

琉夏「とりあえずステージ前、行く?」
琥一「ウルセェのだったらスピーカーから離れんべ。」
○○「今日のバンドはどうだった?」
琉夏「バンドっていうかさ、メンバーほとんど踊ってるだけじゃん。」
琥一「おう。東京じゃどうか知らねーけどよ、ここじゃあんなもんダメだ。」
○○「でも、高校生に人気らしいよ?」
琥一「ガキの流行りにゃ興味ねぇよ。」
琉夏「俺らももう歳かねぇ……」
○○「もう、高校生でしょ?」
○○「今日のライブどうだった?」
琉夏「サイコー! まだ耳がジンジンする。」
○○「ふふ、すごかったもんね?」
琥一「ギャースカ叫んでるだけだろーが、あんなもんはよ。」
琉夏「ダセェ。コウ、超ダセェ。」
琥一「ダセェのはテメェだ。」
○○「(音楽の趣味合わないんだ……)」
琥一「今日のはよ、悪かねぇぞ? な?」
○○「琥一くん、あのバンド好きだよね?」
琉夏「悪くはないけどさ、ほら、アタマがさ。」
○○「リーゼント?」
琥一「待てコラ。リーゼント上等だろうが。」
琉夏「上等でもダセェもん。」
琥一「バカ。あれはな、ポリシーなんだよ。」
○○「まあまあ!」

■ボウリング

琉夏「なあ、なに賭ける? 今日の勝負。」
琥一「俺らが賭けても何のメリットもねぇ。……どうだ? ○○。」
○○「あ〜あ……」
琥一「どした?」
○○「だって、わたしだけぜんぜん勝負にならないんだもん……」
琉夏「よし。じゃあ、ハンデ。」
○○「いいの?」
琥一「仕方ねぇ。左手で投げてやる。ルカ、オマエは?」
琉夏「そんじゃ、後ろ向きで投げる。」
○○「それはそれでなんだか屈辱的……」
琉夏「なんか嫌な流れになってきた……」
○○「琥一くんすごい! パーフェクト狙えるよ!」
琥一「騒ぐな。まぁ、見てろ。」
○○「がんばって!」
琉夏「○○ちゃん、語尾にハートマーク。」
○○「よし、琥一くんがんばってぇv」
琥一「おう! ……あ゛ぁっ!!」
琉夏「ハハハ! 未熟者め!」
○○「…………」
琥一「どうも調子が上がんねぇ。」
○○「琉夏くん、パーフェクト狙って!」
琉夏「狙う。愛の名の元に。」
琥一「なんだそりゃ……」
○○「がんばって!」
琥一「おいおい、ここで脱ぐなって!」
琉夏「え? あ、ヤベ、あぁッ!!」
琥一「バーカ、エロルカ!」
○○「…………」

■映画館

琉夏「前評判はいいよね、この映画。」
琥一「大抵はナンバーワンヒットっつーからな?」

○○「今日の映画、どうだった?」

※各自映画の好み毎の反応が返ってくる

琉夏「」
琥一「」
琉夏「いいんじゃない? アリでしょ。」
琥一「おう、悪かねぇぞ? な?」
琉夏「」
琥一「」
  • ×
琉夏「」
琥一「オチが見えねぇんだよ、オチが」
  • ××
琉夏「」
琥一「」

■商店街

琥一「……で? どこ見んだよ。」
琉夏「ショッピングは女の子が主役だ。どうする? ○○ちゃん。」
※「ショッピング系共通会話」からランダムに選択


更新日時: 2015/05/06 19:26:23
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ