繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■臨海公園・煉瓦道

「・・・・・・・・・」
「(選択肢)退屈しちゃった?」
「いや、俺じゃなくてよ・・・・・・オマエが、退屈してるんじゃねぇかと」
「わたし?どうして?」
「あぁ・・・・・・ほら、俺は、あんまり話が上手くねぇだろ。」
「ちっとも、退屈なんてしないよ。」
「おう、そうか。」
「どうしたの?」
「いや・・・・・・そうか。」

■臨海公園・遊覧船

「へぇ・・・・・・ずいぶん、沖まで出んだな。」
「(選択肢)船酔いしたかも・・・」
「我慢、できそうか?」
「うん、多分・・・」
「しょうがねぇな。」
「ごめん・・・・・・」
「ちょっと、そこ座ってろ。早く戻れねぇもんか、頼んでくる。」
「え?そんなの無理だよ。」
「頼んでみなきゃわかんねぇだろ。待ってろ。」
「うん、ありがとう・・・・・・」

■臨海公園・波止場

「相変わらず、カップルだらけだな・・・・・・」
「(選択肢)人のこと言えないでしょ?」
「!!」
「・・・・・・コウくん?」
「つまりあれか?はたから見りゃ、俺たちもってことか?」
「うん、そうかなと思って。」
「・・・かも知れねぇ。なぁ・・・・・・迷惑か?」
「ううん?」
「そうか。・・・・・・割とよ、いい場所かもしれねぇな、ここは。」
「そっか・・・・・・良かった。」
「ったく・・・」

■水族館

「おいおい、デケェ水槽だな・・・」
「(選択肢)割れたらどうしよう・・・」
「割れやしねぇから、心配すんな。」
「でも、もし割れたら?」
「そんときゃ、オマエ、プールにでも来た構えで、泳ぎゃいいんだよ。」
「溺れちゃうかもよ?」
「溺れさせやしねぇよ。俺がいんだからよ。」
「そっか、コウくんと一緒なら、安心だね?」
「お、おぉ・・・ まあ、そういうことだ。」

■水族館・イルカショー

「楽しそうな面してやがんな・・・」
「(選択肢)コウくんは怖い顔だね?」
「・・・・・・イルカってのは、いつも笑ってるような面してやがるけど、本当んとこはどうだと思う?」
「本当のところ?そうだな・・・・・・」
「なんだか俺には、時々泣き笑いみてぇに思える。
 あんなに泳げんだ、広い海で、好き勝手に泳ぎてぇだろうに。」
「やっぱり、そうなのかな・・・・・・」
「つまんねぇこと言った。せっかく楽しんでんのにな?よし、なんか食いに行くか!」
「(コウくん・・・)」

■水族館・巨大水槽

「オマエ、海潜ったことあるか?」
「(選択肢)そういうのは、ちょっと・・・・・・」
「なんだよ、潜んねぇのか?せっかくこんなところに住んでんだ。もったいねぇだろ。」
「でも、やっぱりちょっと怖いよ。」
「怖かねぇよ。ちょっと練習すりゃ、すぐ出来るようになる。」
「じゃあ、いつか教えて?」
「おぉ、任せろ。ルカにも俺が教えてやったんだ。」
「そっか、頼れるお兄ちゃんだね?」
「あぁ?まあ・・・・・・ガキの頃はな?」
「(コウくん、照れてる)」

■海

「なんかよ、チャラチャラした女だけの客が多いな・・・・・・東京から来てんのか?」
「(選択肢)かっこいい男子だっているよ」
「なんだそりゃ、妬いてんのか?」
「べつに?」
「おい・・・・・・ つまんねぇことでへそ曲げんな。」
「うん・・・」
「よし。ところでよ・・・・・・
 さっき言ってたカッコいいっての、どいつだ?オマエにちょっかい出したりしてねぇだろうな?」
「(コウくん、結構ヤキモチ妬き?)」

■海・青の洞窟

「しかし、誰もいねぇな……やっぱりあれだな? こんなとこに来んのは――」
「(選択肢)アツアツのカップルだから?」
「だからって、オマエ……誰のことだよ?」
「それは、コウくんとわたし?」
「はぁ? なんで来んだよ? そのアツアツの、アレだとよ」
「それは、ロマンチックだからでしょ?」
「ロマンチックねぇ? よく見りゃ、青いだけのほら穴だぞ?」
「もう、夢が無いなぁ……」
「なもん、ガキの頃どっかに忘れてきた」
「またそんな……ねぇ、それどんな夢?」
「さあな。それももう、忘れた方がいいんだろうけどな」
(……コウくん?)

■冬の海

「なぁ・・・・・・この町に戻ってきて、良かったか?」
「(選択肢)桜井兄弟に振り回されてるけど」
「そっか・・・・・・まあ、そうだろうな。」
「どうかした?」
「俺らがいなきゃ、オマエも、まともな高校生活を送れたんじゃねぇかって、よ。」
「ごめん、そんなつもりじゃ・・・」
「ハァ・・・・・・やめだ!ガラじゃねぇ。ほら、帰ろうぜ?」
「(コウくん、悲しそうな顔してた・・・・・・)」

■花火

「なぁ、オマエと二人で花火観んの、これで何度目だ?」
「(選択肢)三年生だから三度目だよ」
「三年だとどうして三度になる?」
「どうしてって、だって・・・」
「三年だからじゃねぇ、毎年来たからだ。」
「うん・・・・・・そうだね。コウくん、今日はいつもと違うね?」
「ウルセー。俺だって、たまには考えることもあんだよ。 なぁ・・・・・・」
「なに?」
「何度目か忘れるくらい、また見に来ような?」
「(コウくん・・・・・・)」

■フードコート

「チッ、ずいぶん並んでやがんな・・・・・・」
「(選択肢)一緒に並べばすぐだよv」
「オマエな・・・・・・みっともねぇだろうが?」
「そうかな?カップルの人達はけっこう、そうしてるよ?」
「カップルはな?そこ座ってろ。で、なに食うんだ?」
「・・・・・・・・・」
「なんだよ、おい。」
「一緒に並べばすぐなのに・・・・・・」
「・・・ほら、来い。並ぶぞ?」

■プラネタリウム

「昼間に星見ンのも、悪かねぇな。」
「(選択肢)流れ星にお祈りしてみたの」
「オマエな・・・・・・ありゃ、CGかなんかだぞ?」
「でも、しないよりはした方がいいかなって。」
「バカ、カンケーあるか。」
「・・・・・・・・・」
「悪ぃ。笑うことはねぇな?願い事だもんな。」
「そうだよ。」
「あぁ、だから悪かった。願い事、言ってみろ。俺に叶えられることなら、やってやるから。」
「(嬉しいけど、それはちょっとね・・・)」


更新日時: 2011/01/08 23:02:59
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ