※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


親友友情→愛情 変化イベント

○○「玉緒先輩、それじゃ……」
紺野「○○さん」
○○「はい?」
紺野「これ以上は君を騙すことになる。だから……」
○○「えっ……」
紺野「……いや、こんなことを言っても君が困るだけだな。ごめん、返るよ。それじゃ……」
○○(玉緒先輩、辛そうな顔してた……)


親友愛情状態 追加デート

  • 男の人って
○○「男の人の考えること、よくわかりません」
紺野「わからなくちゃいけないのかな」
○○「わかったほうが、スッキリするかも?」
紺野「想像くらいはするだろ? 多分こんなこと考えてるだろうなって」
○○「それは、一応……」
紺野「本当のことを知ったら、君は戸惑う羽目になるかもしれない。知らないままのほうがいい場合もあると思うよ」
○○(どうなんだろう……)

  • 異性の好みについて
○○「男の人の好みってわかりにくいです」
紺野「好みなんて、妄想みたいなものだと思うよ。案外あやふやじゃないかな」
○○「でも、理想があるなら、それに近付きたいなって」
紺野「彼に譲れない理想があるなら最初からそういう人を選ぶべきなんだ。君がわざわざ変わる必要なんてないよ」
○○「……玉緒先輩、怒ってます?」
紺野「ご、ごめん。そんなつもりは……」
紺野「いや、腹は立ててる。八つ当たりなんかしてる情けない自分に……」
○○(玉緒先輩……)

  • ドキドキする時って
○○「玉緒先輩はどんな時にドキドキしますか?」
紺野「君と一緒じゃないかな」
○○「例えば……」
紺野「………………」
○○「……玉緒先輩?」
紺野「……いや、なんでもない。やっぱり僕じゃ無理みたいだ」
○○「ふふ、今ちょっとだけドキッとしました」
紺野「僕はちょっとどころじゃない。……はぁ」
○○「?」

  • 女の子らしさについて
○○「わたし、もっと女の子らしくしたほうがいいんでしょうか」
紺野「必要ないだろ。君は君だからいいんだ」
○○「えっ?」
紺野「あっ、いや! 別に君が女の子らしくないとかそういう意味じゃ……」
紺野「……その、女の子らしいとからしくないとかで君の魅力は測れないというか……」
紺野「ああ、何を言ってるんだ僕は……」
○○(頭抱えちゃった……)

  • 片思いについて
○○「片思いから早く抜け出したいです……」
紺野「……そしたらもう、君とはこうして話せなくなるのかな」
○○「そんな! 玉緒先輩とはこれからもずっと……」
紺野「うん、そうなんだろうな。僕ならできると思うよ。こんな風に、今まで通り。それだから僕は駄目なんだ……」
○○「玉緒先輩……」

  • 恋してる?
○○「玉緒先輩は恋してます?」
紺野「えっ?」
○○「恋、してますか?」
紺野「ああ、いや、うん、僕は……」
○○「?」
紺野「……駄目だな。ただ笑って、首を振るだけでいいのに。この気持ちにだけは嘘をつきたくないんだ」
○○「玉緒先輩……」

  • キスについて
○○「玉緒先輩はキスってどう思います?」
紺野「されたの?」
○○「そ、そうじゃなくて」
紺野「なんだ……。………………」
○○「玉緒先輩?」
紺野「今、いきなり現実を突きつけられた気分だ。心のどこかでまだ大丈夫、なんて思ってたんだ。女々しいな、僕は」
○○「玉緒先輩……」

  • スキンシップについて
○○「スキンシップってされるとうれしいものですか?」
紺野「僕の答えを聞いても意味ないんじゃない?」
○○「男の人はみんな、どう思ってるのかなって」
紺野「……僕は、辛いかな」
○○「えっ、辛い?」
紺野「あまりに自然に触れられると、そのたびに僕は違うんだと思い知らされる気がして。うれしいのに、辛い。……複雑だな」
○○(玉緒先輩……)

  • 男女の友情って
○○「男女の友情ってあると思います?」
紺野「ある」
○○「そ、即答ですね」
紺野「出会った異性みんなに恋なんてしないだろ? 恋愛対象と決めた相手以外は、みんな友達だ」
○○「そうなのかな……」
紺野「君は違うのか? 意中の人以外に、また特別な誰かを作る?」
○○「………………」
紺野「……ごめん。そういう話じゃないよね。君はそんなつもりで話したんじゃない。わかってる。でも……残酷だな」
○○(ごめんなさい……)



更新日時: 2011/04/22 18:58:42
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ