追加デート 通常


  • 好きなテレビ番組
○○「よく見るテレビ番組ってありますか?」
紺野「いつもだいたい同じかな。月曜日はグルメ番組、火曜日はクイズ番組……」
○○「夕食時の番組ですね」
紺野「そう。家族がつけた番組をそのまま見てることが多いから」
紺野「テレビはたいて、一日中つきっぱなしだな」
○○「紺野先輩、実はテレビっ子だったりして」
紺野「うーん、どうだろう。テレビがなくちゃ駄目ってわけじゃないけど……」
紺野「どうしても見たい番組があるときは、録画しちゃうんだ。邪魔されずに見られるから」
○○(もしかして、チャンネル権ないのかな……)

  • 好きな食べ物
○○「好き嫌いってありますか?」
紺野「好き嫌い? そうだな……どれってわけじゃないけど」
○○「?」
紺野「果物が料理に混ざっていると、どうも嫌だな」
○○「それは、例えば……」
紺野「酢豚に入っているパイナップルとか、メロンを生ハムで巻いてあったりとか……」
○○「ああ、なるほど……」
紺野「別々に食べればいいと思うよ。どうしてあんなことを……意味がわからない」
○○(悩んじゃった……)

  • 好きなスポーツ
○○「紺野先輩は、好きなスポーツってありますか?」
紺野「好きなのはとくにないけど、嫌いなスポーツはあるよ。ドッジボール」
○○「ドッジボール! なつかしいですね」
紺野「小学生の頃はみんなやってたろ。僕はわりと上手だったんだ」
○○「それなのに、どうして嫌いなんですか?」
紺野「ドッジボールが強い条件、知ってる?」
○○「えーと、強いボールを投げられて、受け取れることでしょうか?」
紺野「それもあるけど、一度もボールに触れずにいても勝てるんだ」
○○「なるほど……」
紺野「僕はなぜか逃げ上手でさ。小学生の頃は体が小さかったから、当たりにくかったのかな。でも、逃げれば逃げるほど最後は僕一人になって、最終的に集中攻撃だ」
紺野「いつも最初に当たってしまおうと思うんだけど、できなくて。あれは恐怖の時間だったな……」
○○(……ちょっと気持ち、わかるかも)

  • 好きな音楽
○○「紺野先輩はどんな音楽を聴くんですか?」
紺野「いつも聴いてるのはクラシック音楽かな」
○○「すごい、本格的ですね」
紺野「詳しいわけじゃないんだ。僕の場合、音楽は何かに集中したいときのBGMだから」
紺野「家にいると、いろんな生活音が耳にはいるだろ? 人の足音とか、話し声とか、外を通る車の音とか」
紺野「途中で余計な音が入るより、耳元で音楽が流れてる方が集中できるんだよ」
○○「じゃあ、いろんなクラシック音楽のCDを持ってるとか」
紺野「ううん。いつも同じのを聴いてる」
○○「飽きたりしないんですか?」
紺野「飽きるくらいがちょうどいいんだ。そういえば中学受験のときからずっと同じCDだな……」
○○「ええっ?」
紺野「もうほとんど、環境音だよ」
○○(……音楽鑑賞とは言わないかも)

  • 趣味について
○○「紺野先輩は何か趣味ってありますか?」
紺野「ありきたりだけど、読書かな」
○○「へぇ。最近だと、どんな本を読んだんですか?」
紺野「昨日読み終えたのは、今ベストセラーの恋愛小説」
○○「恋愛小説!」
紺野「へ、変かな。家にあったから……。そうだ、ちょっと前にシリーズもののミステリーに手をつけ始めたんだ」
○○「どうでした?」
紺野「うーん……いまいち、かな。トリックは面白いんだけど、主人公に共感できなくて。もう10巻以上出てるんだ。3巻まで読んだけど、読破はいつになるやら……」
○○「いまいちなのに全部読むんですか?」
紺野「出てるだけ全部買っちゃったんだ。シリーズものだから。途中でやめるのって悔しいだろ? 途中から面白くなるかもしれないし」
○○(……紺野先輩らしい)

  • 学校のことについて
○○「紺野先輩はどんな中学生だったんですか?」
紺野「……そうだな、今とそんなに変わらないよ。多分」
○○「じゃあ、中学でも生徒会長」
紺野「うん」
○○「やっぱり」
紺野「推薦だったんだ」
○○「すごい」
紺野「すごくないよ。立候補者が一人もいなかったし。今だってそうだ。自分から立候補したわけじゃない。ただみんなやりたがらないだけなんだ。だから……」
○○「……紺野先輩?」
紺野「あっ、ごめん。褒めてくれたのに、変なこと言っちゃって……」
○○「いえ……」
紺野「……うん、そうだな。もうすっかり生徒会長が板に付いたよ。中学の頃からずいぶん変わったんじゃないかな」
○○(さっきはそんなに変わらないって言ってたのに……)

  • 将来の夢について
○○「紺野先輩には将来の夢ってあります?」
紺野「……内閣総理大臣」
○○「へぇ!」
紺野「……あっ! ち、違うんだ! これはその、小学生のときにそんなテーマで作文を書いたことがあって……はぁ、変なこと口走っちゃったな」
○○「今は違うんですか?」
紺野「さすがにそれはないよ。子供がパイロットとかサッカー選手とかいうのと同じだ。あの頃の僕は何を考えてたんだろう。ある意味怖いもの知らずだったんだなぁ」
○○「でも、紺野先輩ならなれるかも」
紺野「はは、そういってくれるのはうれしいけどね。生徒会長だけであれなのに、国の代表になんか誰が……いや、僕なんてとても……」
○○(……いろいろ大変みたい)

  • 異性の好み
○○「紺野先輩はどんなタイプの女性が好きですか?」
紺野「こうじゃなきゃっていうのはないかな。どの人にもいい部分があると思うし」
○○「例えば……?」
紺野「うーん、そうだな、例えば……、…………」
紺野「……具体的な例を出すのは難しいな。言葉では表現しにくいというか……いいなって思うことがないわけじゃないんだけど。でも、嫌いなタイプも思いつかないしなぁ」
○○(……考えたことないのかも?)

  • 恋愛について
○○「紺野先輩はどんな恋愛がしたいですか?」
紺野「自由な恋愛、かな」
○○「自由……」
紺野「うん、お互いをできるだけ束縛しないってこと」
○○「うーん、難しそう……」
紺野「そうだな。相手を知ろうと思うほど深く干渉してしまうし。知れば知るほど相手の考えにとらわれてしまう」
○○「はい……」
紺野「振り回されちゃ駄目なんだ。自分をしっかり持って、相手の事も考えて……。……なんて、そんなの理想論だよ。それができるなら僕だってとっくに……」
○○(……紺野先輩?)

告白未遂イベント

※「恋愛について」を聞いた次の回のデート後に起きる会話イベント
紺野「気持ちを言葉にするって難しいなぁ……」
○○「え?」
紺野「この前、どんな恋愛がしたいかって聞いただろ? あれは自分の言葉じゃなかったように思う」
○○「自分の言葉……」
紺野「自由な恋愛とか、相手を束縛したくないとか、それらしいことを言ったけど……あれは建て前みたいなものだ。僕の本当の気持ちじゃない」
○○「それじゃ、紺野先輩の本当の気持ちって?」
紺野「うん、それを表現するのが難しいと思って沙。こうして一緒にいられるだけで満足なんだ。これをどう言葉にすればいいのか、わからないよ」
○○「紺野先輩、その人のこと本当に好きなんですね」
紺野「えっ?」
○○「あ、違ったらすみません。好きな人がいるみたいに言うから……」
紺野「……いや、間違ってないよ。………………。言葉にするだけじゃなくて伝えるのも難しいものだな。はぁ……」
○○(紺野先輩……?)




更新日時: 2011/04/22 18:21:23
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ